中古品
¥194
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ▲ 外観:少々使用感、スレ・薄汚れ・薄ヤケ少々
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ソフトウェア職人気質―人を育て、システム開発を成功へと導くための重要キーワード (Professional Computing Series) (日本語) 単行本 – 2002/3/1

5つ星のうち3.6 21個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2002/3/1
¥194
¥194
お届け日: 11月28日 - 29日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ソフトウェア職人気質 人を育て、システム開発を成功へと導くための重要キーワード
 スペースシャトルの設計とワープロ・ソフトの開発は違う。当たり前のように思うかもしれないが,これらを一緒くたに扱ってきたのが従来のソフトウエア工学だった,と著者は喝破する。代わって著者はソフトウエア職人気質という“思想”を提示し,生産性向上のための新たなシステムと人材育成手法を示唆する。

 従来のソフトウエア工学は,ソフトウエアを「工業生産物」としてとらえてきた。その開発は「工場内の流れ作業」であり,「いくらでも代替可能な開発者が定量的に投下できる」と見なしていた。重んじられるのは開発者よりも管理者であり,経験や熟練よりも資格の有無であった。

 宇宙開発や軍事開発など,国家的な巨大プロジェクトでは,従来のソフトウエア工学の手法は有効だった。そもそも,巨大プロジェクトにおける必要性からソフトウエア工学が誕生したのであるから,当然といえば当然である。

 しかし,その手法が商用ソフトウエアに適用されると様相が一変してしまう。

 人員は膨らみ,コストがかさむ。その一方で,ソフトウエアには「クール」な機能が次々と付け加えられていく。機能が飽和状態となり,明らかに使いにくいものであっても,悪いのはそれを使いこなせない「間抜けなユーザー(lusers)」ということにされてしまう。開発に人員が過剰に投下されながらも,保守はないがしろにされるため,ますますこんがらがったソフトウエアが出来上がっていく―著者は従来のソフトウエア工学の問題点をこのように描く。

 こうした現状を踏まえて,ソフトウエア工学そのものの変革を唱えているのが本書である。

 まず,従来のソフトウエア工学的なメタファから「職人気質」というメタファに切り替えよ,と筆者は主張する。顔の見えないソフトウエア開発者より,自分の「作品」に責任を持つソフトウエア職人を重んじたほうが,結果として生産性の向上につながると説く。後継者育成という観点においても,「職人的な徒弟制度の方が,従来の学校や資格制度よりも有効」と指摘する。

 職人気質や徒弟制度と言うと,いかにも前時代的な考え方に聞こえる。「工芸品を作るのには適しているのかもしれないが,近代的な生産物を作るのにはあまりにアナクロな発想だ」。だれもがまずそう考えるだろう。

 しかし,そのとき我々は「ソフトウエアとは工業生産物である」という観念に知らず知らずのうちにとらわれてしまっているのではないか。そうした意味で著者の主張は新鮮だ。

 著者は職人気質のメリットとして,「自分で考え,個人あるいは少人数グループで理解可能な“作品”を作り出すから,ユーザーとの乖離かいりがないこと」や,「ソフトウエアにクレジットを入れることによって,仕事に対して責任が持てるようになること」などを挙げる。

 後継者育成についても,「アプレンティス(弟子)」,「ジャーニーマン(一般職人)」,「熟練職人」といった徒弟制度のメタファを提示して言及している。このメタファからは,ソフトウエア工学が長年見捨てようとしてきた熟練の「技」を再発見できる。


(日経コンピュータ 2002/06/03 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「MARC」データベースより)

ソフトウェア工学という考え方が生まれた背景を分析し、こういった工学的手法が現代のアプリケーション開発に成功をもたらしにくい理由を明解に述べる。職人気質をキーワードに人を育て、システム開発を成功に導く方法を解説。

登録情報

  • 発売日 : 2002/3/1
  • 単行本 : 183ページ
  • ISBN-10 : 4894714418
  • ISBN-13 : 978-4894714410
  • 出版社 : ピアソンエデュケーション (2002/3/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 21個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
21 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年5月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2008年7月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2003年4月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2002年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年7月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年10月27日に日本でレビュー済み
2006年7月10日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告