Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ソフトウェアデザイン 2019年2月号 雑誌 – 2019/1/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌
¥ 2,100 ¥ 1,740
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

【第1特集】
Java・Ruby・Python・Go・C
“速い”コードの書き方
明日からできるパフォーマンスチューニング

プログラムの高速化で大事なことは、
「言語の特徴を押さえること」と「計測すること」の2点です。

その言語の内部構造や処理方法――どのようなデータ構造を利用しているのか、
どのように並列化を実現しているのか、オブジェクトやメモリをどう扱っているのか――
を理解したうえで、計測を行いながらコードを直していくのが定石です。

本特集ではJava・Ruby・Python・Go言語・C言語の5つのプログラミング言語を取り上げ、
それぞれの言語の特性を踏まえたパフォーマンスチューニングを試みます。


【第2特集】
SREって、なにをやればいいの?
先駆者に訊く、誰がための信頼性

書籍『Site Reliability Engineering』のIntroductionには、
この言葉が冒頭に書かれています。
Hope is not a strategy.

本を読んだだけでは改善はされません。
とはいえ、もともとGoogle社内で考えられたもの。
そっくりそのまま導入できるわけでもありません。
何から取り組んだら良いのかわからない……
そんなときには、先駆者から学びましょう。

本特集で、自社サイトの信頼性を高めるシステム運用が何かを考え、
行動を起こすためのヒントを見つけてください。


登録情報

  • 雑誌: 184ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2019/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07LD27F9Q
  • 発売日: 2019/1/18
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18 x 1.1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう