¥ 1,318
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソフトウェアデザイン 2018年 02 月号 [雑... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソフトウェアデザイン 2018年 02 月号 [雑誌] 雑誌 – 2018/1/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2018/1/18
¥ 1,318
¥ 1,318 ¥ 780

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

  • 【古本ストア】 コミック や大人買いしたいセット本、バックナンバーも豊富な雑誌など 古本ストアのページへ。

  • 【大人買いでイッキ読み!】 コミックセット、絵本セット、文庫セットほか、充実の品揃え。 セット本ページへ。


よく一緒に購入されている商品

  • ソフトウェアデザイン 2018年 02 月号 [雑誌]
  • +
  • Interface(インターフェース) 2018年 03 月号
  • +
  • 日経ソフトウエア 2018年 3 月号
総額: ¥3,948
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

【第1特集】「使う」から「使える」ようになるデータ分析の定番
そのPythonライブラリ、どうして必要なんですか?

Pythonはデータ分析や機械学習のライブラリが充実しています。
たくさんのWeb記事や書籍を教材に学んでいる方も多いでしょう。
しかし、そのライブラリ、言われるがままに入れているだけではないですか?
開発環境の整理はできていますか?
本特集で、ライブラリの管理のしくみを知り、自分でライブラリを作って構造を理解することで、
開発環境を自身で整理できるようになりましょう。
また、pandasとMatplotlibの基本を実践し、
データ分析のライブラリを使えるようになるための第一歩を踏み出しましょう。


【第2特集】さまざまなLinuxディストリでスタンダードに
systemd実践入門

メモリ上に常駐し、バックグラウンドで機能を提供するプログラムをデーモンと言いますが、
systemdはコンピュータ起動時に最初に動作し、そのほかのすべてのデーモンを起動・管理するデーモンです。
かつては、SysVinitなどの起動システムがその役割を担っていましたが、
いまやRHEL、Debian、Ubuntuなど主要なディストリビューションはみんなsystemdを採用しています。
Linuxでシステムを運用するうえで、systemdの利用は避けて通れない状況です。
この機に、systemdの知識を総ざらいしましょう。
systemdの理解があいまいでなんとなく使っているのなら、正しい機能や使い方を知るチャンスです。


【一般記事】
入門Prometheus 2.0
ネットワーク・サーバ監視の新定番

クラウド・オンプレミスに限らず、監視ツールはシステムの運用で必須のものです。
コマンドベースやスクリプトを使用して特定のメトリクスを監視することに限界があるのは自明です。
これまでエンジニアの絶え間ない努力でさまざまな監視ツールが作られてきました。
そうした中、視覚化・柔軟な監視が可能・拡張性などの点からPrometheusが注目を浴びています。


【一般記事】
[短期連載]ARKitとUnityで作るiPhone ARアプリ集中特講
(2)ARゲームの開発開始

AppleはiPhoneやiPadでのAR体験をユーザにもたらそうとしています。
最新のiOS 11でリリースされた「ARKit」はそのARアプリケーションを開発するためのフレームワークです。
この短期連載では、AR空間や物理エンジンの使い方を理解し、シンプルなARゲームを完成させることを目的とします。
今回からARゲームの開発に踏み込んでいきます。第2回は、アニメーションする3Dキャラクタを表示しましょう。


登録情報

  • 雑誌: 184ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2018/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B077RH5HTM
  • 発売日: 2018/1/18
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう