通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付属。●Amazon専用在庫●注文確定日から1~2営業日以内に発送(日曜日は定休日)●プチプチ又はフィルム袋にて防水梱包。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと 単行本(ソフトカバー) – 2009/10/5

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 496

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと
  • +
  • プログラマが知るべき97のこと
  • +
  • プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 186pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビジネスとプログラム両方の知識と経験が求められるソフトウェアアーキテクト。本書は世界中で活躍するソフトウェアアーキテクトによる97本のエッセイを収録した書籍です。プロジェクトにおいてもっとも重要な事柄とは何か、顧客やチーム、またコーディングやスケジュールなどについて、経験豊かなアーキテクトが自らの体験を踏まえて解説します。ソフトウェアアーキテクトを勇気づけ、新たな気づきをもたらす一冊です。日本語版では、伊藤直也、江島健太郎、小野和俊、榊原彰、鈴木雄介、萩本順三、萩原正義、牧野友紀による11本の書下ろしを収録。

内容(「BOOK」データベースより)

ビジネスとプログラム両方の知識と経験が求められるソフトウェアアーキテクト。本書は世界中で活躍するソフトウェアアーキテクトによる97本のエッセイを収録した書籍です。プロジェクトにおいてもっとも重要な事柄とは何か、顧客やチーム、またコーディングやスケジュールなどについて、経験豊かなアーキテクトが自らの体験を踏まえて解説します。ソフトウェアアーキテクトを勇気づけ、新たな気づきをもたらす一冊です。日本語版では、伊藤直也、江島健太郎、小野和俊、榊原彰、鈴木雄介、萩本順三、萩原正義、牧野友紀による11本の書き下ろしを収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 246ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2009/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873114292
  • ISBN-13: 978-4873114293
  • 発売日: 2009/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,721位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本では97人のソフトウェアアーキテクトのエッセーが載ってます。注意してもらいたいのが監修者まえがきにもあるように「最初に言わなくてはならないことがあります。残念ながら、この本を読んでも、あなたの目の前の問題が解決されることはありません」(p.5)とあり、この本から即効性のある成果は得ることをそもそも期待しない方がよいと思います。それは、副題が 「Colelctive Wisdom from the Experts」となっていることからも分かるかと思います。※ WISDOMはIT的に言えば、data→information→inteligence→knowledge→wisdom と要はかなり高い次元のものを指しています。私自身がこの本から得た上澄み(wisdom)は、絶対解ではなく最適解を出すことの大切さとか設計上でのトレードオフの重要性とかそういうとこかな〜、と思います。

2012年1月9日現在、amazon.com英語版(オリジナル)のレビュー数が27、和訳された当書のレビュー数が3と圧倒的に少ないのは、何を意味しているのだろうか?と少し考えみました。1) IT業界で開発職として従事している人はエンジニアというよりテクニシャンで、読んで即効性がない(スキルが身につかない)書物を避けている。 2) 日本のようにITゼネコンか職業IT開発職という選択肢がな
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
具体的な事例というよりは、ソフトウェアアーキテクトとしての心構えや、考え方、行動規範などの指針が色々と示されています。
ソフトウェアアーキテクトはもちろん、ソフトウェアのアーキテクトがなんたるかを理解したいハードウェアエンジニアの方にも読んで欲しい内容だと思います。特に、ソフトウェア部門のマネジメントをしなければならなくなったハードウェア出身マネージャの方に、一読を勧めたいです。(内容もコラムみたいな感じですし、技術的に高度な内容が書かれているわけではありません)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 makotof 投稿日 2012/1/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
ある方は下流を含めた技術力はもちろん、必要といい、ある人はそんなものはあまり必要なくて政治力・交渉力が必要だという。
だから、ダメな本、というのではなく、著名人のアーキテクト像が聞けて良かったです。
この辺の差というのは、ビジネスサイドのITに対する理解力の差から生じるんではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 国外のソフトウェア・アーキテクトによる97のエッセーに、日本人ソフトウェア・アーキテクトによる11のエッセーを加えた本です。エッセー集なので、すぐに役立つような技術的な話は書かれていません。また、多くの人々が思い思いのことを書いているので、全体を貫く一つの思想があるような本でもありません。

 色々な人たちによるさまざまなエッセーを読んでいると、ソフトウェア・アーキテクトとはどういう役割の人で、日々どのようなことを行い、何を考えているのか、そういったことが全体を通してほんわかと浮かび上がってきます。

 ソフトウェア・アーキテクトとはどういった職種なのかを理解するにはよいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著名なソフトウェアアーキテクトが、
ソフトウェアアーキテクトなら知るべきと思っていることを、
97+11ほど書いた本です。

著名な人が知るべきと一押ししている内容を集めたものですから、
たいへん奥深くさまざまなことが書いてあります。

大勢の人が書いていますので、
全体に一貫した流れがあるわけではありません。
技術的なことから組織内の立ち回りについてまで内容は様々。
中には矛盾しているのではないかと思われることも書いてあります。

矛盾はしていなくても、いろいろなことが書いてありますから、
ある読者にとってみればその通りと思うこともそれは違うんじゃないかと思うことも書いてある。

しかしそれでいいのです。
一貫したマニュアルに沿ってやっていけばうまくいく、
などということがないからこそソフトウェアアーキテクトの仕事は難しい。
だからこそやりがいがあります。

同じシリーズに、
「プログラマーが知るべき97のこと」と、
「プロジェクト・マネージャが知るべき97のこと」がありますが、
その中でも一層内容は多彩なのではないでしょうか。

...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック