中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソフトウェアの匠 単行本 – 2004/10/9

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ソフトウェアの匠
 プログラム言語、オブジェクト指向、キーボード、ソフトウエア特許など、各分野の第一線で活躍する専門家たちが、コンピュータ技術の歴史とその設計思想を語る。「Happy Hacking Keyboard」開発者の八幡勇一氏は、同時打鍵数や接点方式へのこだわりを披露。中央大学の今野浩教授は「特許取得費の増大が、本来の研究開発予算を圧迫している」と指摘する。話題は幅広く、「技術オタク」と初心者の両方が興味を持てる内容になっている。


(日経コンピュータ 2004/11/15 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

プログラミング言語からソフトウェア特許まで、日本の第一人者が技術の核心を解き明かす。


登録情報

  • 単行本: 263ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2004/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822206653
  • ISBN-13: 978-4822206659
  • 発売日: 2004/10/9
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,428,682位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ただただし VINE メンバー 投稿日 2005/4/19
形式: 単行本
こんなタイトルの本を作るなら「本の匠」に登場願いたいところだが、そうはいかなかったようだ。コンテンツは悪くないのに、本の作りがどうしようもない。
なんと言ってもタイトルが悪い。「ソフトウェアの匠」という語から連想するのは、ずばり「ハッカー」だろう。オープンソースや特許の話から「匠」というイメージは抱けない。キーボードの話は「ハードウェアの匠」ではないか。
それから紙質。こんなに厚くて質の悪い紙を使ったら、厚くてめくりづらい本ができるのはあたりまえじゃないか。ページを繰るたびにげんなりするようじゃ、どんなに内容がよくてもダメだよ。アスキーの256倍シリーズより安っぽいのにこの値段は高すぎる。
中ほどでシステムやらアーキテクチャを語っている二人は、巻末で対談もしているが、書いてることと言ってることが違うと思った。対談では「土俵を変えて勝負しないと」とか言っていながら、書いてることは現在の主要技術の全面肯定もいいところで、これじゃ「普通のやつらの上を行」くのは無理だよな。BIOS、キーボード、検索の話は面白かったし、特許の話も知らないことがかなりあった。ほら、内容は(少なくとも半分くらいは)良いのだが。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2004/11/23
形式: 単行本
11のテーマについて、それぞれの分野で活躍する一線のエンジニアから見たソフトウェアの最前線を概観する。雑誌連載記事のピックアップなのでやや統一感に欠けるきらいはあるが、全体には大変読み応えがある。
まつもと氏のプログラミング言語論、高林氏の検索技術論、津留氏のBIOS開発論、八幡氏のキーボード論(ソフトウェアじゃないが)は、論文というよりも技術エッセイであり、大変読みやすく、またおもしろい。
中でも、オブジェクト指向の草分け、羽生田栄一氏の4本の論文は出色。ソフトウェアの概念化は古くて新しいテーマだが、これを、オブジェクト、デザインパタン、開発プロセス、ビジネスモデリングの4つの観点にわけ、その最新の知見を論じている。
オブジェクト指向論に著しい特徴は、いわゆるソフトウェア工学の範疇を完全に超えて、言語学はもちろんのこと、認知心理学、社会学、民族学の領域にまで足を踏み入れている点である。ソフトウェア、特にシステムは人間や社会と離れて存在しない得ないものであるから、人間や社会に関するこれら文系の学問、知識との接点がきちんと語られるようになったことは、むしろ当然の帰結といえるだろう。とはいえ、このスタンスでソフトウェアを論じることができる人はまだまだ少ない。羽生田氏には今後もがんばってほしいと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日経バイトの記事を元にした本で、
ソフトの世界では名の知れた8人が、
オブジェクト指向とか、オープンソースとか、
特定のネタに関して、それぞれ解説する、
という趣向になっています。
ソフトウェア技術を網羅的に総覧するというより、
それぞれの著者が得意の分野のお話をする、という感じで、
内容的にも、初心者向け解説というより、
とりあえず導入部分を紹介しておくから、後は自分で調べてね、
という感じなので、ちょっと、読む人を選びそうな気がします。
個人的には、キーボードのお話や、特許のお話など、
ソフトウェアの本には、あまり見かけないものが含まれていた点と、
オブジェクト指向をめぐる技術動向が読めた点で、
良かったと思っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告