ソニー SONY 広角ズームレンズ E 10-18... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 72,157
+ 関東への配送料無料
発売元: ディーライズ
カートに入れる
¥ 72,279
+ 関東への配送料無料
発売元: カメラの大林 (土・日・祝日も発送しております。)
カートに入れる
¥ 72,279
+ 関東への配送料無料
発売元: カメラのキタムラネットショップ (日曜は正午注文確認分を出荷)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソニー SONY 広角ズームレンズ E 10-18mm F4 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1018

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 102,600
価格: ¥ 72,279 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 30,321 (30%)
ポイント: 669pt  (1%)  詳細はこちら
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:17¥ 72,157より 中古品の出品:7¥ 61,000より

SONY レンズラインアップのご紹介
広角から望遠まで豊富な純正レンズラインアップをご紹介。利用シーンにあわせたお気に入りの1本が見つかるはず。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ソニー SONY 広角ズームレンズ E 10-18mm F4 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1018
  • +
  • Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 62mm レンズ保護用 252628
総額: ¥74,929
ポイントの合計: 669pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ズーム倍率 (光学)1.8 倍
焦点距離 (広角側)10 mm
焦点距離 (望遠側)18 mm
F値 (広角側)4 f_stop
F値 (望遠側)4 f_stop
レンズタイプズーム
種類広角
フィルター径62mm
レンズ構成8群10枚
レンズマウントソニーE
手ブレ補正あり
モータータイプDCモーター
  
登録情報
商品パッケージの寸法15.2 x 11.7 x 11.7 cm ; 227 g
発送重量431 g
メーカー型番SEL1018
ASINB009Z3PBZC
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2012/10/31
おすすめ度 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 35,455位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
保証: メーカー保証:1年

保証書: 同梱

返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

超広角領域の15mmから広角27mm相当(*)までをカバーするEマウント専用の超広角ズームレンズです。非球面レンズ3枚とスーパーEDガラスを用いた光学系により、15mm(*)という超広角で発生する諸収差を良好に補正し、コントラストの高い描写を実現。全画角を開放F値4で使用できるので、ダイナミックな風景や夕景などの光量が不足しがちなシーンも速いシャッタースピードで撮影可能。さらに光学式手ブレ補正機能も内蔵。円形絞りによる美しいぼけも魅力です。


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

α7Sで使っています。
(1) APS-Cレンズとして
α7Sは初期設定のままこのレンズを装着すると、自動的にAPS-Cレンズと認識してくれて、10-18mm(フルサイズ換算15-27mm)レンズとして使うことができます。この場合、センサーの全部ではなく、APS-Cサイズに合わせた2768×1560pixelしか使われませんので、約430万画素と、今時のデジカメとしては少々寂しい解像度になります。FHDの動画撮影にはこれで全く支障ありませんが、印刷用のスチル撮影用途には厳しいと思います。

(2)フルサイズ・レンズとして
α7SのAPS-C自動認識機能をOFFにして装着すると、フルサイズ・レンズとして認識されます。こうすればセンサーの性能をフルに利用できますが、10-12mm域はケラレが生じますので、おおむね14-18mmという少し狭いズーム域しか使えなくなります。それでも、フルサイズで18mm以上の広角というのは捨てがたく、星景や夜景撮影には、α7Sの持ち前の高感度性能と相まって重宝しています。
従来は、E16mm F2.8+ワイドコンバーターをフルサイズ18mm相当として使っていましたが、このレンズに換えてからは画角が多少広くなったうえに周辺部の流れも激減し、シャープな画像が得られるようになりました。これほどの広角レンズでフィルターを使えるというのもありがたい。重量も軽く、価格の割に高級感には欠けますが、使いやすいレンズです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Don@tello 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/12/7
F4通しで10mmからの画角。
圧倒的です。
35mm換算15mmというのはαマウントのレンズでもフィルターが付けれれるものが存在しない、NEXならではという非常に稀なレンズだと思います。

ソニー ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1も大変素晴らしいアイディアのコンバーターなのですが、フィルターがつけられない構造なのでスチルはともかくムービーでは少々勝手が悪く、仕方が無いのでLA-EA2をかまして
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同じAPSなのに一眼系に比べて非常に軽量、コンパクトに作られていて、それでいて描写に妥協してない所が非常に魅力です。NEXの魅力を十分に堪能できるレンズではないでしょうか
。価格的には安くは無いですが、その分以上の価値はあると感じました。
太陽を入れて撮ってもフレア、ゴーストの発生が少なく、安心して超広角の世界をを楽しめます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
NEX-7+16mm+ウルトラワイドコンバーターがあるので、「広角レンズ、ましてやズームレンズなんていらない。」と思っていましたが、商品レビュー等を拝見していると買いたくなりました。(思わず買っちゃった。)
ファインダーを覗くと、思わず「おー」と言っちゃうくらい10mmの画角は面白い。値段も下がってきたので、購入しやすくなってきたのではないでしょうか。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
文句なく120点満点!
超オススメ。

面白い絵が撮れ、作りが良くて、
(比較的)コンパクト。
旅行は、ほぼこれ一本。

欲を言えば、
あと気持ち小さいのが欲しい。
または、気持ち20mmちょっとまであるか、
F値を明るくして欲しい。
でも今のでも十分!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ikaru 投稿日 2013/10/5
Amazonで購入
NEX-VG30に使用していますがズームは手動になります。通常でもズーミングしながらの撮影は少ないので問題はないです。それよりも圧倒的なワイド画角は新鮮です。風景などではカメラを水平にすると地平線が直線になりより自然で雄大な感じで撮れます。只、ワイド端での撮影で人物を撮るときは左右の端に入っている人が極端に横伸びしますので不自然さを覚えるかもしれません。
 このレンズには手ぶれ補正が内蔵されていますがアクティブ手振れ補正機能は効かずスタンダード補正のみとなります。
又、動画撮影時には特にワイド端で四隅の光量落ちは補正されないようで室内などの暗目で絞り開放の条件では少し目立つ様です。
尚、18mm 端では光量落ちは目立ちません。ここぞというときにのみ10mm端を使う事が良いかと思います。このレンズと関係ないかもしれませんがNEX-VG30での撮影で使用するとワイドレンズの為、空や窓など明るい被写体に影響を受け露出が暗くなりがち(AX2000等と比べると)です。自動での逆光補正をONだけでは補正しきれずAEシフトで半絞りほど明るく設定しています。動画撮影ではレンズの特徴をうまく使いこなすことが評価のポイントかと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー