¥ 145,683 + 関東への配送料無料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: カメラの大林 (土・日・祝日も発送しております。)

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 148,900
+ 関東への配送料無料
発売元: J-pre SHOP
カートに入れる
¥ 151,532
+ 関東への配送料無料
発売元: 秋葉原アウトレットプラザ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 145,683
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、カメラの大林 (土・日・祝日も発送しております。) が販売、発送します。
新品の出品:14¥ 130,330より 中古品の出品:1¥ 139,800より
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 決定的な瞬間をものにする“4Dフォーカス”システム
  • 光学式5軸ボディ内手ブレ補正
  • タッチパネルにより高いフォーカス操作を可能

SONY レンズラインアップのご紹介
広角から望遠まで豊富な純正レンズラインアップをご紹介。利用シーンにあわせたお気に入りの1本が見つかるはず。 今すぐチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



よく一緒に購入されている商品

  • ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500
  • +
  • Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター SONY α6500/α6300/α6000/α5100用 フラストレーションフリーパッケージ(FFP) KLP-SA6500FFP
  • +
  • 【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)
総額: ¥149,347
選択された商品をまとめて購入


商品の情報

詳細情報
画面サイズ3 インチ
可動式液晶いいえ
ファインダー付きいいえ
  
登録情報
梱包サイズ16.8 x 15.1 x 13.1 cm ; 408 g
発送重量821 g
メーカー型番ILCE-6500
ASINB01MG8FE20
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2016/11/2
おすすめ度 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電&カメラ - 15,680位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

●●●●●●ボディのみ●●●●●●決定的な瞬間をものにする“4Dフォーカス”システム●光学式5軸ボディ内手ブレ補正●タッチパネルにより高いフォーカス操作を可能●決定的な瞬間をものにする“4Dフォーカス”システム世界最多(*1)425点(*2)の像面位相差AFセンサーを画面のほぼ全域に高密度で配置。●さらに、世界最速(*3)0.05秒のAFスピードを実現した「ファストハイブリッドAF」を搭載。●「高密度AF追従テクノロジー」により動体追従性能も大幅に向上。●複雑な動きをする被写体も、高精度で粘り強く捉え続けます。●*1デジタル一眼カメラとして。●2016年10月広報発表時点。●ソニー調べ*2対応レンズのみ*3APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。●CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、プリAFオフ時、ファインダー使用時。●EPZ16-50mmF3.5-5.6OSS装着時。●2016年10月広報発表時点。●ソニー調べ●光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構をAPS-Cセンサー搭載のEマウントカメラ用に新開発。●α6300同等のボディサイズ(*1)を維持...


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

α6000ユーザーです。
α6500を買い増しでの購入になりました。
APS-CのEマウントレンズ資産がそこそこあったので、α7シリーズは考えず、α6000は手放しても二束三文になりそうなので、ミラーレスは二台体制になりました。
この他にEOS6Dを使っています。
個人的に手ぶれ補正はどうでも良く、水準器が欲しかったのとグリップ形状やボディの質感向上がポイントでした。
6300でも良かったのですが、クリップの形が6500でかなり改善されたので6500に決めました。

使い勝手は6000より数段上です。
ファインダーの見えが星さえ見えるレベルで、MFでのピント合わせが6Dより合わせやすく、真っ暗なところでも、画面内に少しでも明るい部分があればAFが効きます。

バッテリーの消耗も6000より幾分改善されているようです。これは想定外でした。

また同じレンズでも6500はよりリアルな描写になりました。これはセンサーはもとより、画像エンジンの世代交代が進んだからなのでしょう。

まだまだ良いところがたくさんありそうで、これから使っていくのが楽しみなカメラに出会うことができました。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
NEX-6との比較を中心に記載します。

【外観・デザイン】
・NEX-6のサイズ、重量は:120*67*43mm、345g(電池、SDカードを含む)
・α6500のサイズ、重量:120*67*53mm、453g(電池、SDカードを含む)
 α6500には5軸手振れ補正の内臓などにより、本体が10mm厚く、110g重く
 なっております。

・NEX-6も金属外装による高剛性で高級感がありましたが、α6500では、チタン外装
 のため、更に剛性が高く、より高級感がある外観の質感になっております。

【ホールド感】
・NEX-6もグリップにより、重さの割にはホールドし易いというものでした。
 α6500ではグリップが前面への張り出しが大きくなり、ミラーレスにしては
 グリップが大きくなりました。
 その結果、手の大きめの私でも、強く握れるようになり、NEX-6より110g重く
 なっているにも関わらず、非常にグリップし易くなりました。
 更に剛性が高くしっかりしているため、重めの標準ズームSEL1670Z(308g)を
 付けて保持した時にも安心感があります。

【操作性】
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「α6500」には新しくボディ内手ブレ補正が搭載されているにもかかわらず、
ボディ内手ブレ補正が非搭載の「α6300」とほぼ同じサイズを実現しており、
マグネシウム合金製の小型なボディはキープされています。
総重量は49gだけ増えました。
グリップ部が厚くなったことでよりしっかりホールドすることが可能になりました。
純正のボディジャケットに小指がしっかりかかり手に吸い付きます。
シャッターボタン横のカスタムボタン「C1」の位置が変更されて、
「C1」に加えて「C2」ボタンも追加されています。
背面右下の「C3」と合わせて、カスタムボタンは合計で2つから3つに増えました。
モードダイヤルとコントロールダイヤルのローレット部分が
変更されて操作感質感が向上しています。
背面ボタンの印字は刻印に変更されて高品質なデザインになりました。
シャッター後幕の走行完了前にブレーキ機構を追加して
メカ構造の工夫を行うことで、低振動でブレを低減し、
シャッター音の静音化も実現しています。
シャッターボタンは少し大きくなりました。
チルト液晶を可動した状態ではアイセンサーが無効になり
ファインダーには切り替わらなくなっています。
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Rv4YrHappiness トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/27
フラグシップ(本体&レンズ)同士ではフルサイズが解像、ダイナミックレンジ共に圧倒しますが、このaps-cフラグシップの画質は2年落ちフルサイズ&キットレンズ を凌駕します。(価格も凌駕していますが、、、) 技術革新により、人力で運搬、撮影できるサイズの筐体に対し、aps-c程度のセンサーサイズが得られる利点が多くなった為だと思います。

まずは、ボディ内手ぶれ補正です。 このα6500は本体サイズをほとんど変えず、α7iiを一段上回る手ぶれ補正を搭載しています。 センサーサイズが小さいことによるボディ内のゆとり、またセンサーに対して相対的に大きいイメージサークル(レンズを通って光が届く範囲)により、4隅まで画質を保持したまま手ぶれ補正を使うことができます。

センサーの進化も大きいです。フルサイズはセンサー面積が2倍程度あり、本体サイズはあまり変わりませんが光学系の体積(=重量)は4倍になります。 本品、積層裏面照射型ではありませんが、DxOMarkにも掲載がありますが、色再現、同iso時のダイナミックレンジ等α7iiと比較してもひけをとりません。旧世代のセンサーに巨大な光学系を積んでも、高感度時の画質含め得られるメリットはあまり多くないということです。

それから、動画撮影です。 4Kフォーマットを編集、再生できるデバイ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。sony a6500ソニー sony

関連商品を探す