数量:1
¥ 6,800 + 関東への配送料無料
残り3点 ご注文はお早めに 販売元: リユースサービス 【値下げキャンペーン中!48時間内発送!】
+ ¥ 340 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 フルムーン
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆店舗併売につき売切れの場合ご容赦ください、即返金します☆説明書付です、中古品のため使用感があります。新品同様ではありません☆ディスクは研磨クリーニング後に発送いたしますがキズが残る場合があります☆「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます☆お客様のご都合による返品はご遠慮しております☆エアパッキン包装にて丁寧迅速に発送させていただきます☆日祝日は発送できません☆
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,400
通常配送無料 詳細
発売元: アスパラガス
カートに入れる
¥ 8,480
通常配送無料 詳細
発売元: よろず家
カートに入れる
¥ 9,300
通常配送無料 詳細
発売元: はい、よろこんで♪♪(365日毎日発送)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

グランツーリスモ4

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.7 289件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,884
価格: ¥ 6,800
OFF: ¥ 1,084 (14%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、リユースサービス 【値下げキャンペーン中!48時間内発送!】 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • パッケージ少し皺あります。

【予約受付開始】11/15 発売 グランツーリスモSPORT
シリーズ最新作『グランツーリスモSPORT』予約受付開始。PS4で11/15発売。リミテッドエディション、Amazon限定特典付も。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • グランツーリスモ4
  • +
  • PlayStation 2専用メモリーカード(8MB)
総額: ¥11,000
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00008RJZY
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2004/12/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 289件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 1,309位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

   (c) Sony Computer Entertainment Inc. All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.

   【作品概要】
   レースをRPGのように楽しむ‘Bスペック=ディレクターモード’を搭載

   1997年のグランツーリスモの登場によってレースゲームの歴史は変わりました。今年、グランツーリスモ4はふたたびレースゲームの世界に革命を起こします。ドライブしたあと、同じだけの時間をかけて、そのリプレイを楽しむ。それが、グランツーリスモが切り開いた特徴的なプレイスタイルでした。それならばリプレイ視点だけで楽しむグランツーリスモを作ったら・・・という発想から作られたのが‘Bスペック=ディレクターモード’です。

   いわば、「レースRPG」ともいえる「自分ではドライブしないグランツーリスモ」の登場です。Bスペック=ディレクターモードは、レース開始時点から、いわゆるリプレイ視点=TV中継視点でゲームが進行します。『GT4』では、従来の自ら運転するドライバーモードを‘Aスペック’と呼び、自らはドライブせず、レースチーム監督として指示を出すディレクターモードを‘Bスペック’と呼びます。
    Bスペック=ディレクターモードは、‘プレイ=自分で運転’が当たり前であったレースゲームに新たな体験を提供します。このモードでは‘プレイ=指示出し’となり、プレイヤーはレースチームの監督かのごとく、自車のドライバー(AI)に指示を出してレースを闘うことができます。このモードは独立したモードでなく、用意されているすべてのレースで選択することが可能です。プレイヤーによっては自らが運転することは一度もなく、GTモードレースをクリアすることも可能です。これまで上手に運転できなかったプレイヤーでも、入念にセッティングを決めたクルマを走らせ、レースにおける駆け引きの妙や爽快感、楽しさを満喫できる全く新しいレースゲームのスタイル、それがBスペック=ディレクターモードです。

   【Bスペック=ディレクターモードの特徴】
   プレイ画面
   TV中継視点(リプレイ視点)複数個各車オンボードカメラ視点、レース状況モニター画面の、3種類の画面を駆使しつつレース状況を把握します。

   レースモニター画面
   レース中の各車のラップタイムやセクター通過タイム、タイム差、ピットインの周回数などを総合的に把握できるモニター画面です。

   セッティング
   プレイヤーがドライブする状態よりも、はるかにセッティングの重要度が増します。事前テスト等で最適なパーツセッティング、タイヤ等を選び、レース全周回に渡った戦略を練る必要があります。

   走行ペースコマンド
   Easy~Hardまでの5段階で、ドライバーに走行ペースを指定します。タイヤをいたわった安全走行から、タイヤを酷使しミスの危険性もあるハイペースまでドライバーに走行ペースを指示できます。

   オーバーテイク・コマンド
   設定された走行ペース重視の走りから、前走車を積極的にオーバーテイクするモードへと切り替わります。

   ピットイン・コマンド
   タイヤ交換や給油のためのピットインを指示します。

   ピットメニュー
   前後のタイヤチョイス、給油量を決定します。

Amazonより

   ドライブゲームの中で最も人気のある作品といえる「グランツーリスモ」シリーズ。「リアルドライビングの魅力」、「(走行の)リプレイによって車を楽しむ」という大きな2つの方向性を軸として進化し続ける作品の第4作目だ。

   本作の魅力はなんといっても、その、データベース的な膨大な量の車種の収録数。80の自動車メーカーより、1986年から2004年までの500台以上の車種が収録されている。

   また、世界中の自動車メーカーが開発に利用している、ニュルブルクリンクサーキットなど、約50のコースも魅力のひとつ。膨大な時間を費やした取材を行うことでリアル過ぎるほどのドライビングを楽しめるようになっている。

   グランツーリスモシリーズのプロデューサーである山内一典氏がいわく、「モータースポーツのテーマパーク」が本作のコンセプト。いちユーザーの目から見ても、本当に遊びがいのある作品であることは間違いない。(上原三造)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/6
確かにリアルだし、タイムアタックなどで走りこむには十二分に楽しいのだが、レースとなると話にならない。
ライバルカー達は、プレイヤーがどこにいてどんな状況だろうとお構いなしに自分たちの走行ラインをトレースしているだけ。
しかもプレイヤーと他車の接触ではプレイヤーの方が大きく弾かれ易いため、サイドバイサイドの状態でコーナーにインから進入すると、プレイヤーなど気にもせずインに寄せてくる敵車に押し出されてスピンなどといったことが日常茶飯事である。
イン側をブロックしながらブレーキングしていても問答無用で突っ込んでくる(当然、プレイヤーはオーバースピードでコースアウト)し、全くレースの駆け引きというものがない。
CPU陣とプレイヤーがそれぞれ勝手にタイムアタックしているだけである。
挙動などもリアルで走りこみがいはあるが、接近戦や手に汗握るようなバトル、駆け引きなどは到底望めない。
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今作より、フェアプレイを目指す一環としてペナルティ制度が追加された。
簡単に言えば、一定速度以上での他車への追突や壁などへの衝突の際に5秒間の速度制限や強制ピットインなどが行われるものだ。
しかしこの制度、私は少し不満がある。
まず、他車への追突だが、これは50km/h位でも、接触すればペナルティになる。
レースというものは、コーナーでの争いでは、ぶつかりあうのは普通だ。
全日本GT選手権やDTMではカウルが取れるほどぶつけあうものだ。
なのに少しの接触でもすぐペナルティが課せられ、不利になるのは不満だ。
おまけにこの制度、CPUである他車には適用されていないように見える。
次に壁などへの衝突だが、これも少しおかしい。
おそらく前作にあった壁走りなどの特殊な走法を禁止するためだろう。
しかし、同じくコーナーの競り合いで他車にはじかれアウト側の壁にぶつかることもある。
それでもペナルティが課せられ、ただでさえ距離を空けられたところに速度制限を強いられるのは、屈辱である。
どうせなら、もっとしっかりとしたペナルティ制度を確立し、導入してほしかった。
これでは普段からフェアプレイをしている人は可哀想だ。
その他はとてもいいのだが、この制度のせいで興ざめというか、落胆をしたのは私だけだろうか。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ネット対応したと書いている方がいらっしゃいますが、GT4でのネット対応は見送られたと正式に発表されています。
お間違いのないように…
コメント 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
久しぶりにやってみたら本当に面白かったです。
車は新しいのでは21世紀初頭、古いのでは戦後あたりが並んでるところでしょうか。
BGMもいいのばかりで、初代GTのBGMも使用されているのでGTファンはよほどピンと来ると思います。
1ラップ走行のライセンスでは、前の車が気になって走行に集中できなかったことがありました。(追い越したくても追い越せないしぶつかったらその場で失格)
PS2のレースゲームではこれが一番面白かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
下記の方も書いていますが今作は何故か面白くありませんでした。
最初ゲームスタートして、中古車買って(まだ大掛かりなチューンアップができない)レースに出る。その頃が一番面白かったです。
レースに勝ち続けると賞金+プレゼントカーが貰えてそのお金でチューンアップすると、途端につまらなくなりました。その理由は自車がぶっちぎりで勝てるためです。前作ではこちらも自車を改造すると、敵車もそれに合わせて強くなった気がします。余裕でレースに勝てるため、プレイが面倒になってしまいました。
そうなると今度はB−スペックモード(車の運転をCOMに任せる。)になります。そうするともう24時間耐久レースはもちろんの事、普通のレースでもCOM任せモードに自分がなっちゃいました。
総括するとこのゲームは基本的に「カーシミュレーション」ですが、やはり自分が車を運転してレースを楽しむものだと思います。
しかしそのレースを楽しめないのです。「こんなはずでは・・・・・」
と言うのが今作の感想です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
好きな車に乗れる夢のようなゲーム。挙動もリアルで、楽しい。
GTフォースで操作(運転)しているだけで、楽しい。
でも、1週間であきました。理由は3つ。
①上級レースをするには、中級や初級レースのやりたくないトラックレ
ースや軽自動車レースをしないと先に進めない自由度の低さ(乗りたくない車を買ってチューンしないといけない)。「好きな車を乗り続て、チューンする」ということがしにくい。
②レースの相手にバラツキがある。勝てる相手とそうでない相手の落差が激しい。自分の馬力やチューンのレベルに合わせたレース参加者を選ぶ機能がほしかった。某ラリー車がMR2(AW11)にストレートで抜かれるのは、正直、腹が立った。金をかけてチューンしまくれということでしょうか・・・。社会人は、時間がありません・・・。
③ライセンスが面倒。項目をストレートでクリアできても、最低一時間がかかる。次回からは、あるサーキットで規定タイムをクリアしたら、ライセンスが手に入るというシステムを導入してほしい。1~4まで、ライセンスシステムが変わっていないのは、正直、驚いた。しかも、ライセンスを取らないと出れるレースも限られるのも、ストレスがたまる。
 
 この3つは、個人の感性だと思います。
 車好きにはたまらないゲームなのは確かです。買って損はないと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー