アークザラッド 精霊の黄昏(通常版) がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 MAXステージ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスク、ケース、説明書のセットです検品済みではありますが中古品ですので使用感、ヤケ、色あせ、キズ、シール剥がれ等が御座います。また、名前が記載されている物もございます。ご了承下さい。起動する分には問題御座いません。ご注文確認後、丁寧かつ迅速にゆうメールにて発送いたします!もし、商品ご到着後に問題が御座いましたら、評価の前にお手数では御座いますがご連絡をお願い致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,480
通常配送無料 詳細
発売元: ASO.PLANNING
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アークザラッド 精霊の黄昏(通常版)

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.3 56件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 2,450 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,814 (61%)
ポイント: 25pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Hjc shopが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • アークザラッド 精霊の黄昏(通常版)
  • +
  • Arc The Lad GENERATION
総額: ¥3,350
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00006D2DH
  • 商品重量: 150 g
  • 発売日: 2003/3/20
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 18,124位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   1995年の発売以来、圧倒的な人気を誇る音と光のRPG「アークザラッド」シリーズが完全3D化。PlayStation2版『アークザラッド 精霊の黄昏(通常版)』は、そのハード特性を生かしてグラフィック、サウンドともに格段の進化をとげている。

   主人公は、人間のカーグと、魔族ドゥラゴ族の長を父に持つダーク。プレイヤーはこの2人の視点でゲームを進めていく。敵対する立場のカーグとダーク、そして物語のカギを握る少女リリア。複雑にからんだふたつの物語は、いったいどんな結末を迎えるのか…。

   シリーズ共通の戦闘システム「フィールドバトルシステム」も3D空間となったことで、敵や仲間との位置関係、感情度を示すパラメータ「テンション」が勝利を左右する。従来にも増して戦略性が求められる、やりごたえのある作品である。(田中あきら)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

このゲームは、普通のゲームなら単に悪役とされる魔族を、もう一つの主人公として扱っています。ストーリー上では人間と魔族を対等に扱っていますが、むしろスタッフは魔族サイドの方に肩入れしているんじゃないかと思えるくらい、魔族サイドのストーリーは面白い。
しかし、この魔族側をメインとして描いた点こそが、この作品を非常に面白いゲームにしています。人間の栄光よりも魔族の悲哀。この悲哀が、非常に感情移入しやすくしています。
そして魔族という異形の存在を主人公達としたことによって、世界観やBGMは非常にカッコイイものとなっています。特に魔族編のフィールドや戦闘時で流れる音楽は、最高にカッコイイ。ダークで退廃的な中にも、ヒロイックな力強さがある名曲です。
そして魔族は種族ごとに外見や文化が大きく異なるため、冒険が楽しいです。次はどんな街で、どんな魔族に出会えるのか、新しい場所へ行くのが楽しみでした。RPGの醍醐味って、未知の世界を冒険するワクワク感だと思うので。

後、べべドアが大好き。キモ可愛いデザインといい、仕草といい、凄くセンスが良い。
仲間になった時は、嬉しかった。闇属性だからラスボス戦では使い勝手が悪いことはわかっていましたが、最後まで使い続けました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
戦闘面において、精霊石の消費と敵との強制エンカウントがイライラすると言っている方が多くいますが、私は特に不満に感じませんでした。
まず戦闘が楽しかったので、何度エンカウントしても苦にはなりませんでした笑
レベルを上げれば、みんな必ず戦力となってくれるのが、良かったです。2のリーザやシャンテなどはもともとポテンシャルが決まっているようで、どうやっても強くならなかったので‥'д` ;
また、精霊石に困った印象もとくにありませんでした。もともと魔法を乱発するような戦い方をしていなかったからかもしれませんが‥。

ストーリーがとても良いです。
私はプレイしていて何度も泣きました。
主人公が二人いて、魔族ルート人間ルート交互に展開し、次第に繋がりが深くなっていくというのが面白かったです。次ねか魔族ルートはどんな展開になるのかな〜♪とわくわくしながらプレイしていました。それぞれの各話の展開も上手くまとめられていたと思います。
割とさくさく進められます。

私は全作プレイしており全作とも大好きですが、確かにファンからすれば意見が別れる作品かもしれません。
戦闘システムやストーリーなど大きく変わったので。

vitaで出ていないかなぁと調べましたが出ていませんでした。2や3はPSPでもプレイできるので、精霊の黄昏も携帯ゲーム機で気軽にプレイできたら嬉しいのに‥と思っています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直、失望しました。
今までのシリーズの長所がすべて抹消され、短所ばかりが目立つ作品です。
ストーリーはおもしろいのですが、戦闘が激しくツマラナイ。
敵を倒してもその瞬間、アイテムや金、精霊石を得ることができなく、
敵が落としたアイテムや金を、落としたその場に移動して、
わざわざ「拾う」というコマンドを実行しなければいけません。
しかも「拾う」を実行すると移動ができないという不便さ。
今までのシリーズは「背後を取る」という戦略がありましたが、
今作は「アイテムを拾えて敵を攻撃できる場所を探す」という、
ワケのわからない戦略となってしまいました。
また、精霊石=MPも買うか拾わなきゃしないといけないため、
魔法や特殊能力が乱発できません。乱発すると、まず金欠になります。
前作まではレベル上げでも結構戦闘が楽しめたのに、
今作はその精霊石システムのおかげで「レベル上げ=MP温存」が成り立ち、
通常攻撃だらけの戦闘で激しく単調になります。
また魔法や特技自体、範囲が狭くこれといって使えるものがあまりないです。
2にあった「特技並べ替え」はないし、×ボタンで行動終了もできない。
振動機能はイベントのみ。
攻撃アク
...続きを読む ›
2 コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分もアークザラッドすべてのシリーズをプレイしました。
アークザラッドシリーズの良さはストーリーの継続性にあると思います。
一つ一つの作品それぞれが独立したものではなくきちんと続いていてプレイしていて懐かしさも感じます。
しかも今回はPS2なのでグラフィックも綺麗だし従来のfanの方もこれからプレイしてみようと考えている方もどちらも楽しめる作品だと思います。
これからもアーク作品が続いていくことを願っています!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー