ソナチネ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,454
通常配送無料 詳細
発売元: ◆My net life◆安心、安全にお届けします!
カートに入れる
¥ 4,454
通常配送無料 詳細
発売元: 復古堂
カートに入れる
¥ 4,454
通常配送無料 詳細
発売元: ドリーム エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソナチネ [DVD]

5つ星のうち 4.5 114件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,454 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、土筆堂【コンビニ支払、代引き、可能です】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 3,755より 中古品の出品:2¥ 2,399より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ソナチネ [DVD]
  • +
  • HANA-BI [DVD]
  • +
  • その男、凶暴につき [DVD]
総額: ¥11,397
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 国舞亜矢, 渡辺哲, 勝村政信, 寺島進
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/10/26
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 114件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UMP1G6
  • JAN: 4934569630858
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,739位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

沖縄行きを命令されたヤクザたちの、何もすることのない日々と突如ふりかかる暴力のコントラストが衝撃的な
第4回監督作品。



◎内容◎
村川は、ヤクザ稼業に嫌気が差している北嶋組幹部。そんな男が、親分の依頼で中松組の助っ人として、沖縄に飛んだ。
村川を待っていたのは、敵対する阿南組の襲撃。
――連れの子分が2人殺られた。「ドンパチでやばいとは聞いていたが、話が違い過ぎる……」。

また2人、凶弾に倒れた。抜けるような青い空と海、照り付ける太陽の下で殺戮は続く。「ハメられた! 」逃げ場を失った
村川は、ただひたすら〈死〉に向かって突き進むのだった。


◎スタッフ◎
監督・脚本・編集:北野 武/音楽監督:久石 譲/撮影:柳島克己/美術:佐々木 修/録音:堀内戦治/監督補:天間敏広
記録:中田秀子/製作担当:小宮慎二/助監督:北浜雅弘/企画協力:オフィス北野/製作協力:ライトヴィジョン・ライト
ヴィジョンエンタテイメント/配給:松竹

◎キャスト◎
ビートたけし/国舞亜矢/渡辺 哲/勝村政信/寺島 進/大杉 漣/逗子とんぼ/矢島健一/南方英二 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

独自の映像センスと暴力描写で北野 武の名を世界に知らしめた監督第4作。ヤクザ稼業に嫌気が差している北嶋組幹部の村川は、親分の依頼で助っ人として沖縄へ飛ぶことに。村川の到着を機に抗争は激化し、舎弟たちはひとりまたひとりと殺されていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
「その男、凶暴につき」「3-4×10月」「あの夏、いちばん静かな海」「ソナチネ」「キッズリターン」「HANA-BI」までの北野武監督作品は本当にすごかった!徹底して静かな緊張を湛えながらリアルに繰り広げられる暴力シーンを始めとする独特の映像美“キタノブルー”!!この「ソナチネ」は「HANA-BI」を凌いで北野映画の最高傑作!!北野監督が追求し続ける “純化された暴力” の1つの到達点を導いており、北野映画の集大成といっても過言ではないと思います!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS Amazonで購入
殺戮の限りをつくす物語なのに、深作組とは、展開が相容れないけど、
人間味溢れているところが、北野組のもつ魅力である。
洋物では、決して作れない独特の味が古今東西で支持される要因では。
ハード一辺倒でないけれど、和物でなければ出すことの出来ない雰囲気。
これからも、ずっと飽きずに観ていける一作です。さすがタケチャン。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ヤクザ社会を描いた作品ですが、典型的なヤクザ映画ではありません。あくまで表層的なだけです。
暴力描写と沖縄民謡などの催しのシーンでよく見るが、じっと見詰めて静謐な表情をする主人公の村川(ビートたけし)、作中にも出てくるが、ヤクザ稼業に嫌気が出ているためとも思ったが、もっと深い諦念を表しているといったら、穿った見方のしすぎかもしれないが、たぶんそうだろう。そして、有名なキタノ・ブルーの海などが表現されている。それ以外でも町中だったり、クラブ(飲み屋)など色々あるが、海以外でもキタノ・ブルーは表れている。
話は飛ぶが、道は大きな意味を帯びている。村川とヒロインの幸(国舞亜矢)と一緒に青い車を走らせ。特に問題ない車道のはずが、道を踏み外す。
終局に村川が自殺するのは、道を踏み外したあたりだと、私は思う。何を言いたいのかというと、「道」が「人生」と置き換わっているということです。
道の他にも、全般に渡って死や暴力、虚無感、虚脱感などが溢れている一方で、海の砂浜でも遊戯や、ジョークなどの混合さは絶妙で、この配合さが、この映画の凄いところだと思う。

私事を書かせていただけば、拙い自己の映画歴で三本の中に入る映画です。とりあえず、観てみてください。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
文句なしの傑作なので、傑作たる評価よりもなぜそう思うのかが大事です。
自身が特に感じたのはこの2つでした。

沖縄の美しい絵を撮るにも、凄惨な場面を撮るにも、色彩的に1枚絵のように
印象的なカットが時折、時折繰り返し現れます。
これはDVDのジャケットからそうなのですが、コントラストが訴えてくるものがある
美しい色彩感覚が、まさに映画作品として秀逸です。

そして「遠近感」。生と死、たわいなき日常と死と折り合う場面、愉楽と暴力・死という
激しい対称の中を場面は揺り動きながら、
観る観客の心を揺らしながらも、意図的にあまり近寄らない遠目からの絵にしてみたり
かと思えばグッと被写体に迫ってみたりで、その遠近感に凄みを感じさせるところがあります。

そんな仕掛けの中で、幾つかのはにかんだ笑顔1つにやけに奥深さを感じてしまいます。
それまで「ビートたけし」と思っていたビッグネームを、「北野武監督」といとも簡単に
自分の記憶の中の名前を変えさせられた映画。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
縁起でもない話ですが、将来、北野 武さんが逝ったあと最も評価されることになる作品の一本でしょう。

彼の繊細な精神性が、最も顕在化している作品だと思います。見事な構成になっており、この映画を見終わって第一に感じたことは、これ以外の表現・演出方法は無いのではということでした。

私が図らずも涙してしまった場面は、多くの男達が次々と死んでいった後、この映画に登場する唯一の女性と言える国舞亜矢さんが、これから逝ってしまう主人公との無言の別れのシーンで、伝えたい言葉の代わりにマシンガンを海に向かってぶっ放すシーンでした。

北野 映画では女性を、敢えて、そこに存在する無生物の置物ように無表情に描きますが、その女性が生物であることを表出する美しい瞬間がこの映画にはあります。

北野 武が内包する優しさ・哀しさ(刹那性)・・・・・を “その女性の中に” 感じました。

この映画は、確かに、あのバイク事故が普通の事故では無かったということを暗喩しているのかもしれません。私の生きている残り少ない時間、あと数本、観客の入らない作品でよいですから、本心を描いた作品を観たいものです。TVドラマで間に合うような映画はほかの監督に任せて欲しいものです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す