中古品:
¥ 1,600
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: B6判 ケース付 保存普通/発行年(1993)品切れの場合は即座に返金処理を行います
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソナチネ [DVD]

5つ星のうち 4.5 114件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 1,598より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 1999/05/25
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 114件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005EDS0
  • JAN: 4934569601384
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,106位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   組長から沖縄の中松組への加勢を頼まれ、村川(ビートたけし)は片桐(大杉漣)とケン(寺島進)を引き連れて現地へ赴いた。しかし、東京から助っ人が来たということで、かえって抗争相手の組を刺激することになってしまい、抗争はますます激化。かろうじて生き延びた村川らには、今度は殺し屋が送り込まれていく……。
   ビートたけし=北野武がヤクザ同士の抗争から己の死生観を濃厚に描出していく監督第4作。ただし、この後彼は交通事故で実際に死生をさまよう経験をし、今観直すとその後に彼が監督した作品群とはその色合いが異なるような感触も受けてならない。1993年度キネマ旬報ベスト・テン第4位。なお本作はイギリスで大反響を呼び、ヨーロッパで北野映画ブームを生むことになり“世界のキタノ”誕生のきっかけともなった。(的田也寸志)

レビュー

監督・脚本・編集・出演: 北野武
撮影: 柳島克己
音楽: 久石譲
出演: 国舞亜矢/渡辺哲/勝村政信/寺島進/大杉漣/逗子とんぼ/矢島健一/南方英二
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
文句なしの傑作なので、傑作たる評価よりもなぜそう思うのかが大事です。
自身が特に感じたのはこの2つでした。

沖縄の美しい絵を撮るにも、凄惨な場面を撮るにも、色彩的に1枚絵のように
印象的なカットが時折、時折繰り返し現れます。
これはDVDのジャケットからそうなのですが、コントラストが訴えてくるものがある
美しい色彩感覚が、まさに映画作品として秀逸です。

そして「遠近感」。生と死、たわいなき日常と死と折り合う場面、愉楽と暴力・死という
激しい対称の中を場面は揺り動きながら、
観る観客の心を揺らしながらも、意図的にあまり近寄らない遠目からの絵にしてみたり
かと思えばグッと被写体に迫ってみたりで、その遠近感に凄みを感じさせるところがあります。

そんな仕掛けの中で、幾つかのはにかんだ笑顔1つにやけに奥深さを感じてしまいます。
それまで「ビートたけし」と思っていたビッグネームを、「北野武監督」といとも簡単に
自分の記憶の中の名前を変えさせられた映画。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 重metal 投稿日 2005/9/2
形式: DVD
「日本映画の」などという注釈は必要ない。これは映画界の傑作である。美しい沖縄の地で、子供っぽい遊びに興じる主人公たちと、彼らが関わる執拗な暴力。登場人物が徹底的に死に対して受動的で、時折見せる笑みも、それが持続しないことは明らかだ。これほどのバイオレンスを描きながら、同時に少しも興奮を誘わず、むしろ虚無感を植えつけるような映画を、他に知らない。北野武が巨匠と呼ばれる理由の90%は、この映画を作ったことによると思う。
1 コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
静的な空気、そして突如として起こる圧倒的なバイオレンス、青を基調をした美しい画面、久石譲の音楽・・・
いわゆる北野武の監督としての作家性、魅力が存分に出ている名作だ。

北野武好きの友人と話すと多くがこの作品を武のベストとして挙げる人が多いのも面白い。
僕もこの作品の空気感、そして諦めにも近い主人公の死への客観的な視点、そして張りつめた空気が大好きだ。

特に沖縄での銃のシーン、紙相撲からの相撲シーン、花火のシーンは音楽も相まってどれも素晴らしい名シーンになっていると思うし、やはりバイオレンス描写だけでない不思議な魅力が詰まった作品だと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
出来の悪いやんちゃな息子のような「3-4×10月」も捨て難いけど、やはり「ソナチネ」が最高傑作です。
この作品を見ると、その後の「HANABI」などは原液を薄めてわかりやすくした翻訳作品のような気がしてきます。
評論家筋に人気が高いということに、スノッブ的なものを感じて反感を持っている人もいるかもしれませんが、この作品のナイフの切れ味のようなヒリヒリ感は唯一無比です。
この作品を公開当時のガラガラの劇場で見てしまった者にとって、その時感じたヒリヒリ感は、体に染み付いて一生拭い去ることが出来ません。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
がら空きの劇場でこれを見た時、エンドロールが終わってしばらく席を立てなかったことを憶えている。ラストのあの風に揺れるひまわりの花に、死後の世界を垣間見たような気持ちになったからだ。そして同時に思ったのは、「こんな映画をモノにして、たけしはこれからどうなってしまうのだろう・・・」という危惧だった。で、案の定、例のバイク事故・・・さもありなんと頷いたものだ。はっきり言ってこの映画、死に魅入られた者にしか撮れない種類のものだと思う。これ以後の北野作品は、知名度こそ得たものの、私には絞り粕のようにしか映らない。ソナチネこそが北野監督一生に一度の作品だったと断言できる。だからこの映画、繊細な方や鬱気味の方は心して見られたほうが良い。安楽死の毒薬を注射されるような、正真正銘の恐ろしい映画だから。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひであきさん トップ1000レビュアー 投稿日 2012/6/16
形式: DVD
レンタルで見たんですよ。昔。

何回か借りて、しばらーく時が経過したんですが、
突然、唐突に映画のワンシーンが脳裏に浮かんで、
で、無性に見たくなるんです。

それが時々不定期に訪れる。
不思議ですねぇ。

映画の中を流れる独特の乾いた空気と、厭世観とユーモアとスパイシーな暴力。
のどが渇くと水が飲みたくなるように、心が乾くとこの映画を見たくなるのかも知れません。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す