通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソクラテスはネットの「無料」に抗議する (日経プレ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ソクラテスはネットの「無料」に抗議する (日経プレミアシリーズ) 新書 – 2013/2/16

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2013/2/16
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソクラテスはネットの「無料」に抗議する (日経プレミアシリーズ)
  • +
  • 格差社会で金持ちこそが滅びる (講談社+α新書)
  • +
  • 売り方は類人猿が知っている(日経プレミアシリーズ)
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 45pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現代の「フリー」サービスを見たら、ソクラテスは「新手の詐欺だ! 」と怒り出す? 古代ギリシャから何の変化もないビジネスの本質とは何か、マーケティングや認知心理学など多彩な知見で解明する面白すぎる読み物。

内容(「BOOK」データベースより)

書き言葉が知性を衰えさせる、「フリー」が贈与の法則を破壊する…。古代ギリシアの哲人なら、ネット社会・ビジネスをどう見るのか。広汎な知見から、現代人が抱える歪みや危うさを考える知的読み物。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2013/2/16)
  • ISBN-10: 4532261864
  • ISBN-13: 978-4532261863
  • 発売日: 2013/2/16
  • 梱包サイズ: 16.8 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 651,765位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

本書は、ソクラテスという古代の哲学者と現代インターネット世界の”フリー”サービスという、一見関係のなさそうなものを結びつけようとする。しかしながら、昨今の新書に多いケースだが、主題はどんどん拡散していくわりに、確固たる主張に収斂していかない。そのため、本書で紹介される一つ一つのエピソードやトピックは、人に話したくなるものが多いが、ひとつの本としてみたときに、なにが言いたかったのかがよくわからない物足りなさが残る。たとえば、1−2章は現代インターネット空間にみられる諸現象をソクラテスの論を切り口に批判していくが、3,4,5章とすすむにつれソクラテス色は薄まっていき、インターネットとソクラテスの関連性は忘れられてしまう。そして”6章 人間はデジタル社会に、デジタル社会は人間に適応できるか”では、さらに、この異質な2つの関連性が、ますますみえなくなっていく。結論はなんだったのだろう。また、イアンアンダーソンが”フリー”で、大量のページを費やして主張したインターネット上のフリー現象を、わずか二十数ページで、論じて済ませ、しかも題名にも取り上げられている「無料」と「ソクラテス」との関連性説明と掘り下げも不十分でないというのでは、トピックつまみ食いか、便乗商法かといった、そしりを免れないであろう。
それはさておき、本書で紹介される贈与という概念は、日頃難しい交渉を行うビジネスマンにと
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者の本の題名は 意外な言葉を組み合わせる。
だいたい ソクラテスが 抗議するかどうかがよくわからないが、
抗議しそうな状況を 仮説的に想定する。
ソクラテスはいう『書き言葉は若者の知性を衰えさす』と。
ソクラテスの時代には『記憶力』が 重要であり、忘れることを 恐れていたという。
ソクラテス(BC469-399)の時代は 話し言葉を書き言葉に変わる時代だった。
ソクラテスは 文書を残さなかった。
ソクラテスは 書き言葉を残さないことを信条にしていたようだ。
それを プラトンが 書き言葉にした。プラトンの知性は 衰えていたに違いない。
メール中毒やインターネット依存症は、なぜ起こるのだろうか?
『無料でものが売り買いされることはなかった。
そういった交換は売買ではなく、贈与と呼ばれたものです。
贈り物の交換とものの交換との間には、長い間、明らかな境界線がありました。
ネットの登場により、その境界線が消えつつあります。』
この本は 本来 交換されるべきものが、有料 と無料によって 区別される。
無料は 贈与という形態と本当の無料 ということが起こる。
それを 経済の視点から見ると どうなるのか?
『受け取る義務があれ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 木村尚義 VINE メンバー 投稿日 2014/11/18
Amazonで購入
ソクラテス口述を後の世に読めるのはプラトンの功績による。
ただし、プラトンが自分の考えをソクラテスの言葉として書いたのは永遠の謎。

ギリシャ時代には無料で何かを与えてはいけないこと。
ソクラテスは、無料で若者に対して哲学を教授したことで不信を買い、さらに人を小馬鹿にした問答を好むために有罪となり毒ニンジンを飲んで自殺刑となった。

現在のブログのあり方や無料のサービス溢れる中で、ソクラテスのあり方は現在のわれわれの行き方に問いかけているよう。

面白い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ルディー和子は歴史学者である」、「ルディー和子は文化人類学者である」、「ルディー和子はマーケティング学者である」・・・

以上の中で狭義でまたは公式に正しいのは最後のマーケティング学者であるが、
私の頭の中(広義)ではすべて正しい。この本を読めばそれがよくおわかりになるかもしれない。
タイトルにある古代ギリシャのソクラテスやプラトンから始まり、贈与の法則、マウリ族のハウ、確証バイアス、・・・
該博な知識に裏付けられた絢爛たる知的世界が展開する。
「文字が人間の頭を悪くする」というのは私の意見とは多少異なるが
本書は読まずにおくことにはリスクが大きすぎる本である。というと大げさだが、
知的好奇心を刺激する本なので読んで損はない。また参考引用文献リストが貴重である。
どのような書(洋書横文字が多い。)が著者の該博な知識のもととなっているのかがわかる。
ちなみに著者の前著『売り方は類人猿が知っている』のカバーデザインは高貴な内容に合っておらず酷かったが、
今回のカバーデザインは美しく、内容に即した深みのある知的な装幀となっている。
現代のビジネスについて思索をめぐらせたい人のみならず、歴史好きな人や文化人類学好きな人まで
誰が読んでも面白いのではなかろうかと実感している。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告