¥ 562
通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫) 文庫 – 1964

5つ星のうち 4.5 46件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 219
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 518 ¥ 139

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)
  • +
  • 方法序説 (岩波文庫)
総額: ¥1,080
ポイントの合計: 27pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

自己の所信を力強く表明する法廷のソクラテスを描いた『ソクラテスの弁明』.死刑の宣告を受けた後,国法を守って平静に死を迎えようとするソクラテスと,脱獄を勧める老友クリトンとの獄中の対話『クリトン』.ともにプラトン初期の作であるが,芸術的にも完璧に近い筆致をもって師ソクラテスの偉大な姿を我々に伝えている. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

自己の所信を力強く表明する法廷のソクラテスを描いた「ソクラテスの弁明」、不正な死刑の宣告を受けた後、国法を守って平静に死を迎えようとするソクラテスと、脱獄を勧める老友クリトンとの対話よりなる「クリトン」。ともにプラトン(前427‐347年)初期の作であるが、芸術的にも完璧に近い筆致をもって師ソクラテスの偉大な姿を我々に伝えている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 135ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1964)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003360117
  • ISBN-13: 978-4003360118
  • 発売日: 1964
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,291位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
たまたま読んでおもしろかったのでメモ代わりに分析しておく。

■『ソクラテスの弁明』

内容は、ソクラテスが若者をたぶらかしたことによって刑に処せられることに対する、ソクラテス自身の弁明である。
構成やロジックなどがかなり興味深い。

ソクラテスは自身に対する旧来ありがちな批判と、糾弾される原因となった具体的な批判にわけて、反論を展開する。

まず、ソクラテスは自身に対する若者をたぶらかしているという事実を明確に否定する。
そして、ではなぜ自分が無実の罪で糾弾されるまでに他人に憎まれるに至ったかということについて、「自分には智恵があるから」だというのである。
その根拠として神の啓示(デルフォイの神託)をあげ、神託の正しさを証明するために自身がおこなった検証を紹介する。それは1.政治家2.詩人3.手工者とそれぞれ議論をし、結果として「何も知らないことを知っている(無知の知)」という点において、自分が彼らよりも智恵があるという確信をもったということである。
そしてそうした試問を重ねた結果としてプライドが傷つけられた人々が、自分を憎むに至ったというのである。

次に、自分を糾弾したメレトスに対して、主に3つの点で具体的にその矛盾を証明してみせる。
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書でプラトンは、ソクラテスの偉大性を書きたかったのかと思いますが、私は次のように理解しました。「ソクラテスの弁明」においては、まずは自分は無知であることを認識しよう。そして、自分が正しいと思い、それが人のためだと確信することは人にしてあげよう。自分自身の健康、蓄財、名声、栄誉ばかりにかまけるのではなく、知恵をつけ、徳を求め、世のため人のために行動しよう、と。そして「クリトン」では、人は単に生きるのではなく、善く生きることが大切だ。それは美しく生きることと、正しく生きることと同じである。従って、たとえ受ける罰や仕打ちが正しくなくとも、それに対して理にかなわない不正で返してはならない、と。どちらかというと、道徳的、倫理的なメッセージに富んだ作品で、まるでソクラテスが時代を超えて、今の我々にも話しかけているようでした。「クリトン」で書かれている国家観に関しては、当時のアテナイの社会慣習をふまえていることを考慮すると、参考に留めるべきだと思いますが、それを抜きにしても西洋哲学の古典として一読をお勧めします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「ソクラテスの弁明」は、ソクラテスが数々の疑惑によって告発されたが、ソクラテス自身がその疑惑ひとつひとつを裁判において「虚偽や誤解に基づくものである」として弁明していくという内容である。智慧があるゆえに有名になり支持者が増えすぎたので、結果的にその力を恐れた者の策略といえるのだが、法廷においてそのソクラテスの智慧の豊かさと人間性が見事に披露されている。よって告発者の彼を貶めたい意図とは逆に、いっそう彼の魅力をひきたて舞台を用意してしまったともいえる。

その強靭な意志に基づいて発せられる言葉と姿勢に多分に惹きつけられる。そして有名な「無知の知」という言葉のルーツがわかる。ソクラテス自身は一番の賢人として神に選ばれたというが、その理由が自らを「無知の知」であることを悟っているからだと考える。神に選ばれながらのその謙虚さはなかなかこころにくい。また、例え有罪となって死刑になっても死を恐れない理由として彼の死生観が披露されているが、そこも見所ではないだろうか。そして、告発した者、それに対して意見を述べる弁論者、それを見守る裁判官に聴衆。ここに古代ギリシャのアテネに端を発するデモクラシーが縮図として見て取れるのである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
青年を堕落させる悪しき人物として裁判にかけられたソクラテス。本書ではその裁判でのソクラテスの弁明が記述されます。デルフォイでの神託にて、ソクラテス以上の賢者はいないと言われるが、それが何故なのかと自ら問うと、どうやら賢者として名高い人たちは、知らないことを恰も知っている風に装うが、自分は何も知りはしないが、知っているとも思っていないからであった。 以降ソクラテスはこの心構えを青年であろうと老人であろうと無報酬に説いてまわる。メレトスは間違った理由で裁判を引き起こしたが、実際はソクラテスに師事を受けた者たちは、ソクラテスを応援する為に席に出たのであった。しかしながら、僅かながらの差で、ソクラテスの死刑が決まってしまう。それに対してソクラテスは、死を恐れるが為に不正をしないという信念の下、自然と結果を受け入れる・・・。

本書では、ソクラテスの執拗なまでに真理を突き詰め正義を求める徳の高さに感動しました。自らの信念の下に正しいことを言い放ち、社会的に公認されている政治家の虚偽性を暴いていく姿には共感しました。高校の時の世界史の知識だけで、ソクラテスは青年を堕落させた人物だと勝手に思い込んでいましたが、それは裁判を起こす側の公な理由付けでしかなく、事実は真逆であったということが、本書にて明らかにされ、これこそ哲学書の原書を読む醍醐味だと得した気分です。現実にも、実際に
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック