中古品:
¥ 1
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 品番ACBF-10448です。ディスク盤面に微少のキズがありますが、概ね良好なコンディションです。再生に問題はありません。(見落としにはご容赦ください) コメントと違うコンデイションの場合は返金、返品対応いたしまします。◆通常48時間以内発送。※アマゾンコンディションガイドラインに準じております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソウ3 DTSエディション [DVD]

5つ星のうち 3.1 133件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオソウ3 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トビン・ベル, ショウニー・スミス, アンガス・マクファデン, バハー・スーメク, ディナ・メイヤー
  • 監督: ダーレン・リン・バウズマン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2007/03/16
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 133件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000LRZHYG
  • JAN: 4988126204488
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,181位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   『ソウ 1』には、血まみれの蛆虫から美しい絹のかばんを作り出すような、低予算の映画に見られる用意工夫や隠された意図が感じられたが、『ソウ 3』は肉体と観衆をさらに怯えさせる新しい手法だけを追求した、中身のない流血映画のフランチャイズ作品になってしまっている。映画の冒頭で『ソウ 2』の事件が解決してすぐに、狂人キラー、ジグソウを追跡する探偵は悪者たちのサディスティックゲームの標的になってしまう(酸入りのビーカーの下に置かれた鍵を手に入れないと逃亡不可能)。病気がどんどん進行し、死に迫られるジグソウ(トビン・ベル)は、今回もショウニー・スミスが演じる助手に看病されている。彼は延命処置を受けるために医者(バハール・ヌーメキ)を脅迫する一方で、深い恨みを持つ男(アンガス・マクファデン)に復讐の無益さを思い知らせる拷問を行う。映画はこの2つの話が同時に進行していく形だ。『ソウ』1作目のクリエイター、ジェームズ・ワンとリー・ワンネルが脚本を担当。前作の出来事に触れながら、続編へのつながりも準備するというシリーズ神話をしっかりと受け継いではいるが、もし次作も同じように一貫性がなく無意味な内容だったら、あまり見る気にはなれない。(Robert Horton, Amazon.com)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大ヒットソリッドシチュエーションスリラーの第3弾。息子を亡くしたジェフは、目覚めると食肉工場の地下室にいた。そこで鎖に繋がれた3人の男女を目撃する。新たな“ゲーム”の中、過去の謎がひとつずつ解き明かされる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
良くなかったところから。
SAWシリーズでのゲームは、死の直前に追い込まれた被験者が「生の価値」に気が付き、それに代償をもってすがることで被験者が更生するという流れで構成されていたと思います。ゆえに、生の扉を開けるルールに対してわだかまりがあると死ぬという分かりやすさを持っていました。今回もそのような流れのシーンはありましたが、結局はどうあがいても死ぬルートしかなかったり、死の恐怖を受ける人間と生きる道を開く人間が別人(主にジェフ)で分かりにくかったりで、シンプルではない。結果、ストーリーがいまいちぼやけているんじゃないかと、何度か見ていて思いました。

残酷表現はグレードアップしています。ただ、結構お上品。血と肉と骨と皮がぐちゃっとしているだけで(いや、それだけでも十分グロいんですけど)、見るに堪えないとか血の味を感じるとか、そういう人間性を否定した感じのグロさが少なめというか。この辺りは、限界突破してない人には「どっちだってグロすぎて見てられない」と思われるので、どうでもいいです。

良かった点
3作を通して見ていると、「あー、あのシーンってそーなってたのねー」となる内容が出てきて前の作品を確認するきっかけになりました。良くも悪くもシリーズなんだなと感じるところでした。
ストーリーがぼやけていると書きましたが
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
シリーズ3作目にして主犯格の男の末路が描かれます。
最後まで裏切られ続けた悲しい男は、誰も救うこともなく、誰も救われることなく終焉を迎えました。
さりとて、ここまで育った怪物は死後も多大な影響力を持ち続け、ジグソウの惨劇は続くのです。

しかし、3作目ともなるとマンネリ回避のためか、表現が過激になってます。
この辺りはちょっとゲンナリする要素ではあるのですが、ジグソウらしくないゲームが展開されて
違和感を覚えるのもまたよし。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
 SAWシリーズ3作目ということで、1,2を理解した人ならば楽しめることでしょう。
 ゲームマスターの役割を受け継いだアマンダの思想を正すために畢生のゲームを作成したジグソウ。彼は、ゲームによって人間が生を実感し、正しい姿になることを望んでいたわけですが、弟子のアマンダにその思いは届かず、ゲームクリアを果たしたリンを殺害してしまいます。アマンダによってリンが殺される場面に遭遇したジェフも、ゲーム内で何度も復讐対象を赦してきたはずなのに、「リンの復讐」という新たな目的のもと、アマンダとジグソウを殺害してしまいます。本当に人間は変わることができるのでしょうか。アマンダの言うように、人間は変わることなどないのかもしれません。
 ジグソウの後継者がいなくなったのですが、今後どのように続けていくのか期待です。ストーリーは良かったのですが、うっかりで人が死ぬパターンは個人的に好きではないので星4つを付けました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/12/28
形式: Blu-ray
低予算の作品ながら斬新な内容で世間をあっといわせたシリーズの第三弾。ジグソウが仕掛けた残酷
なげームをさせるのは相変わらずという感じなのだが、今回はちょっと趣が変わっていて被害者が謎を
解いて突破口を見つけるというパターンではない。

彼の息子を死に追いやった3人を処刑すべきか、それとも拒否するかにのみ焦点を当てたような感じ。
処刑描写も残酷極まりないものでちょっと正視できないくらいパワーアップしている感じなのだ。また、
一方でヒューマンドラマも展開されているところも見逃せない。とにかく今回はかなり驚かされた作品。
(その残酷度に)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
正しく裁かれなかった者への復讐というのは、よくありがちなテーマです。
ただ残念なことに、この作品に関しては登場人物に誰ひとりとして感情移入できないのです。
今までジグソウには明確なルールがあり
ゲームの参加者の選考にもルールがあった。しかし今回の参加者は、交通事故の目撃者でありながら臆病になり証言できなかった者。事故の加害者を裁いた者。
事故を起こし幼い命を奪った者。
抗うつ剤を飲みながらも必死に働く者。
息子を失い悲しみにくれる者。

もちろん事故の加害者も意図的に
事故を起こした訳ではなく、
判事も裏取引などで刑を軽くしたりしていません。
誰ひとりとして極悪人では無いのです。
だからこそジグソウは救いの道を残していたのだとは思いますが、あそこまで惨い殺され方をするには…。

そして、一番理解できなかったのは
アマンダの感情です。
終始何かと葛藤しています。
アマンダの中でどんな感情が動いていたのか、きっとこれが、この物語の核となる部分なんでしょうが
これを理解するのは諦めました…。
二度三度観たい作品では無いですし。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ベビーようひん 新生児