通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソウルイーター (25)(完) (ガンガンコミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【返金保証】非常にきれいな状態です。除菌クリーニング後、中身が見えない防水厚手ビニールパックにて発送致します。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪【商品の不備などございましたら、送料含め代金全額を速やかに返金させて頂きます】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ソウルイーター (25)(完) (ガンガンコミックス) コミック – 2013/12/12

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソウルイーター (25)(完) (ガンガンコミックス)
  • +
  • ソウルイーター(24) (ガンガンコミックス)
  • +
  • ソウルイーター(23) (ガンガンコミックス)
総額: ¥1,420
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

堂々完結!!!

VS鬼神最終決戦。魂の最終楽章。ラストソウルイーター!


登録情報

  • コミック: 236ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2013/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757541635
  • ISBN-13: 978-4757541634
  • 発売日: 2013/12/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2013/12/12
形式: コミック
 鬼神との最終決戦。マカたちが力を全解放しても及ばぬ相手なので、外野からも援護射撃飛ばして
総力戦。最後の決め手になったのは“彼”の決意ですが。マカの黒血フォーム、フィギュア欲しいな。
失われた物もあるけれど、一応は大団円。ものすごく久しぶりにピアノ弾きたいと思いました。

 というわけで10年に渡るファンタジックバトルアクション、これにて幕です。
ここに至るまでの終盤がややテンポ悪かった感もありますが、ソウル抜きのマカ一人で決着つけて
しまったアニメ版のラスト(あれももう4年以上前か)が実に釈然としなかったのでようやくスッキリ
しました。
最後の最後に「1巻と同じこと」をしている演出が面白い。見直すとずいぶん絵が変わったものです。

「ノット!」の方はまだ続いているので、これからもたまにマカたちが顔を見せてくれることでしょう。
こちらもアニメ化が楽しみです。
2 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ソウルイーターを最後まで読んで思ったのは、この漫画の主人公はマカやソウルではなく、クロナなんではないか?ということ。

マカは序盤はまだしも、巻を追うごとに狂暴でヒステリックな性格が少年漫画には異質に思えてしまって、他のキャラクターとも歯車が合わなくって、それが昇華されるのは任務に成功する時などの共通の敵を滅ぼす過程にあるように思う。
それがこの作品の主題であるから、マカは確かに主人公と言えるのかも知れないのだけど、私は異を唱えたい。

クロナはマカと対極にありながら、似通った性格を有していると思う。
クロナとマカを分かつのは、資質とそれぞれの魂に影響を与える人物の相違にあるのではないだろうか。
マカにソウルや仲間たちが大勢いるのに対して、クロナにはメデューサしかいない。
クロナは一時は死武専でマカたちと和やかに関わっていたけれど、それはしかしメデューサのある種のベクトル操作によるものであるし、彼が黒血を流すのも母親であるメデューサ様のためという思いが通底している。

やがて、クロナは悲痛な母親殺しをするが、唯一の繋がりをたちきってしまった、とクロナは言う。メデューサは自身がクロナに殺される際に黒血が完成した、と言う。
これは一体なんだろうか?
悪友的な役割であっ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
大久保先生の世界観を最後まで楽しむことができてよかったと思える最終巻でした。
個人的にはテンポよく話が進んで、綺麗にまとまって終わっていたと感じました。
あともう一巻分ぐらい、キャラクター達の後日談を見たいなと思わせる感じ。
ノットのほうのアニメをたのしみにしています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
24巻の時点で「あと2冊くらいで完結するのかな?」と思っていたので、
発売予定表に25巻(完)というのを見つけて驚きました。
鬼神を倒して後日談も入れてあと1冊で収まるのか・・・

不安が的中というか、最終巻にしてはだいぶアッサリしていると
感じてしまいました。
バトルをダラダラ引っ張られるのは嫌ですが、クロナの心理描写や
後日談などはもう少しページをさいてもよかったのでは?と思いました。

とはいえ、楽しみにしていた作品がきれいに終わってくれたのは
非常に嬉しいです。
まだノットが連載中なのでそちらも楽しみにしています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
とても面白い漫画だったと思います。この作品は私が小学校のころから読ませてもらっていました。大好きなソウルイーターがこれで終わってしまうのは少し寂しいですが、しっかりときれいに終わってくれてとてもうれしいです。
まだノットが連載中なのでそちらもがんばってほしいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 律紀 投稿日 2015/12/31
形式: コミック
ソウルイーター自体は大好きで、これからも読み直していきたい漫画のひとつです。ですが、あまりにもクロナが救われなさすぎます…。正直1番好きなキャラでした。私はコミックス派なので、最終巻の表紙でクロナが目立ってて、これはもしかすると…?と期待していました。でも読んでみたらクロナにとっては残酷な結末が待っていました…。かわいくて、強くて優しかったクロナ。メデューサを殺してしまったのも、感情を封印してまでメデューサの為に戦ったのに、自分だけ「母親」の面を見せつけてきたメデューサにどう対応していいか分からなかったんだよね…。だからクロナは急に自分の感情が爆発してしまった。マカを本当に大切に思っていた友達思いのクロナ。最後は救われてほしかったよ。結局男の子か女の子か分からなかったけど、そんなのどうでもいい。ただクロナが救われなかった現実だけがあって…私は涙が止まりませんでした。作者の方は絵も上手いし尊敬しています。でも、ただ不幸にする為だけにクロナというキャラを生み出したのか?この作者の方はブラック★スターがお気に入りだったようですが、同じようにクロナというキャラをもっと大切にしてほしかったと思ってしまうのは私だけでしょうか…。何度も勇気をくれた漫画だっただけに、すごく残念です。クロナの笑顔が忘れられません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告