Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,210

¥ 302の割引 (20%)

ポイント : 121pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[堀江 貴文]のゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
Kindle App Ad

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく Kindle版

5つ星のうち 4.3 545件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,210

商品の説明

内容紹介

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。
失敗しても、またゼロに戻るだけだ。
決してマイナスにはならない。
だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?
ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

【本書の主な目次】
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 910 KB
  • 紙の本の長さ: 252 ページ
  • ページ番号ソース ISBN: 4478025800
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2013/10/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00G9KDQQU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 545件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 361位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
うん、
「生きる」本質なんじゃないかなって思います。
現代社会で生きることの本質を突いてる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本作の前に多動力を読み共感する部分が多かったので、続けてゼロも読んでみた。

金満主義で高慢無礼な胡散臭い奴。
これがゼロを読む前のホリエモンの印象。
与沢翼氏と同じカテゴリに入れていました。

しかし本書と多動力によって、ただの食わず嫌いだった事がわかりました。
与沢某とは生息域が全く違う。

まずホリエモンが、ITネットワークの力で世の中の役に立ちたいからライブドア(オンザエッヂ)を始めたとの動機がそもそも意外だった。

東大卒の意識高い無礼なインテリ。ヒール(悪役)としては充分なキャラ設定のホリエモンが金儲けの為にライブドアを始めたと思ったいたけど、世のため人の為とのピュアな動機だった。
これが嘘じゃないことは、参院選に出馬した事実が裏付けになる。

しかも本書のテーマである「ゼロに1を足して行く」を地で行く様な、10万人近くと握手するドブ板選挙活動を行っている。

ライブドアの前身となるオン・ザ・エッヂを起業した際も、地道な営業を行いつつ自らが技術者として身を粉にして現場仕事をこなし、ライブドアに発展させたことからも、実は僕のイメージと違って、地道な努力家だったことが分かる。

懲役を経て殊勝にな
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「堀江貴文(ホリエモン)って、どんな人生を送ってきて、どんな考え方をする人なの?」という疑問をもっている人におすすめ。前半は自伝的な内容が多く、後半は自己啓発的なアドバイスの比重が高い。

ホリエモンほどファンが多く、同時にアンチも多い人は少ない。「金の亡者」、「野心的な企業家」、「前科者」など、様々なラベルが、まるで神社のシール(千社札)みたいに貼られている人なのだ。だが本書を読むと、単純なラベルで片付けられない多面的な人間であることが分かる(考えてみれば、誰だってそうなのだが)。

ホリエモンは、成功もしたが、たくさんの辛酸も舐めた。子どもの頃は、教養とは無縁の家で育ち、親は幼いホリエモンを理解してあげようとしなかった(P43-51)。そんな家庭から逃げ出したい一心で、必死で東大を目指した(P74)。大学生になりたての頃はあまりにもシャイで女子と全く口をきけず、クラスの女子が「一緒に帰ろうよ」と言ってくれたのに「無理、無理、無理!」と首を振りながら無言で立ち去ってしまうほどだった(P90)。のちに彼はヒッチハイクを積み重ねることで、見知らぬ人に声をかけることができるようになった(P99)。離婚し、妻子の去った後の家の絶望的な静けさに耐えられず、自堕落な生活を続けた時期もあった(P173)。刑務所では高齢受刑者の下の世話をしたり(P21)、
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おわりに(本書234頁)では、堀江氏は次のように語る。「ここまで読んでくださった方なら『ホリエモン』が突然変異的に現れたモンスターなどではなく、むしろどこにでもいる、普通のさえない田舎者だったことがわかってもらえたのではないかと思う」
ものすごくシンプルな考え方で、ものすごくシンプルに生きてこられた方なんだと感じました。他の著書もいくつか出版時期関係なく、タイトルだけを見て読みましたが、本書が一番ストレートに言いたいことが伝わってきました。

難しいことをこねくりまわさず、商業的でもなく、門外漢が偉そうに語るでもなく、あくまで自分のテリトリーのことを、自分のという人間のことを丁寧に読者に伝えようとする、自叙伝的な著作です。
コンピューターにはまっていた学生時代の記述はジョブズの伝記を想起させました。しかしそこまで重くなく、軽快さすらある。きっと世の中、天才と呼ばれる人たちは「努力を楽しめる」という点において共通なのかもしれません。
天才はいない。
つべこべ言わずやってみる。
働いてみる。
挑戦してみる。

世の中には回り道なんてものはないのかもしれません。進んだ道が自分の道。失敗なんて進んだ先から見れば、大した失敗にはならないのでしょう。
目の前がすっと明るくなりました。
大きな一歩ではないけれど、確かな一歩が踏み出せそうです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover