ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [D... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 盤面良好。ハガキ・チラシ等は付属致しません。中古商品になりますので、ケース、ジャケット等の経年による若干の状態劣化等はご了承下さい。一部店舗併売商品がございますので、売り切れの際はご返金いたします。 175100
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [DVD]

5つ星のうち 3.8 140件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,296
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 369 (28%)
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 908より 中古品の出品:4¥ 600より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオゼロ・ダーク・サーティ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [DVD]
  • +
  • ローン・サバイバー DVD
  • +
  • アメリカン・スナイパー [DVD]
総額: ¥3,354
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェシカ・チャステイン, ジェイソン・クラーク, ジョエル・エドガートン, ジェニファー・イーリー, マーク・ストロング
  • 監督: キャスリン・ビグロー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2014/06/03
  • 時間: 158 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 140件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00JHTVFKO
  • JAN: 4907953061149
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,916位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

第85回アカデミー賞 作品賞ほか主要5部門ノミネート!!(音響編集賞受賞)
ビンラディン暗殺の真実に迫る衝撃の実話がスペシャル・プライスで登場!!

2013年最大の衝撃作に世界が熱狂!
アカデミー賞主要5部門ノミネート、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞ほか各国映画祭を席巻!!
★第85回アカデミー賞主要5部門ノミネート★作品賞/主演女優賞/脚本賞/編集賞/音響編集賞(受賞)
★第70回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞<ドラマ部門>受賞★

第82回アカデミー賞作品賞ほか6部門受賞『ハート・ロッカー』の監督×脚本家が、封印された真実を初めて白日の元に晒す!
ネイビーシールズ・チーム6、通称「DEVGRU(デブグル)」が実行したビンラディン襲撃作戦。
その秘密のベールに包まれた襲撃の夜を忠実に再現!
ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だった――
若きエリートCIA情報分析官マヤを演じ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞したのは、
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でアカデミー賞にノミネートされ、『ツリー・オブ・ライフ』でも高く評価されたジェシカ・チャスティン。
「真実」を最高のエンターテインメントに昇華させた、ハリウッドが誇るキャスト!

【ストーリー】
史上最も過酷な作戦に投入された、20代の女性マヤ。
ビンラディン搜索に全てを捧げた彼女の、想像を絶する想いとは―。
華奢で青白く澄んだ瞳が印象的な20代半ばの女性、マヤ。とてもCIA分析官には見えないが、
情報収集と分析に天才的な感覚を持ち、ビンラディン捜索に巨額の予算をつぎ込みながら、
一向に手掛かりをつかめない捜索チームに抜擢された。だが捜査は困難を極め、その間にも世界中で、
アルカイダのテロにより多くの血が流されていた。ある日、仕事への情熱で結ばれていた同僚が、
自爆テロに巻き込まれて死んでしまう。その時、マヤの中の何かが一線を超える。もはや使命ではなく狂気をはらんだ執念で、
ターゲットの居場所を絞り込んでいくマヤ。ついにマヤは隠れ家を発見するのだが、彼女が断言する確率100%に同意する者はいない。
果たして、上層部及び国家が下した決断とは?

【スタッフ】
監督:キャスリン・ビグロー、脚本:マーク・ボール
【キャスト】
ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング

【特典映像】
◆オリジナル予告編
◆キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督が9.11テロの首謀者・ビンラディン暗殺の真実を描いたサスペンス。若きCIA分析官・マヤはビンラディン捜索チームに抜擢される。同僚を自爆テロで失った彼女は執念でターゲットに迫るが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ふと、記憶にあるタイトルであったので再生してしまった。
覚悟なく見始めてしまったことに、途中で後悔する。
虐待のシーンは見ていて辛いものがある。
自国に誇りがあるアメリカの人から見れば当たり前、仕方ないと感じてしまうのかもしれないが、日本人であるゆえどこか他人事のように捉えていたのだろうか、虐待や暴力のシーンは何があっても情報は吐かせたいという心情は認識できたが共感は出来ず、虐待する側、される側にも一生なりたくないと思った。
どのようにしてターゲットを捉えたのか、地味に、コツコツ、地道にやる内容なので派手さはないが、やはり全体的に気持ちが苦しくなる映画であった。

ただ、見終わってからレビュー内容を見ると、なるほどと思うことがあり、一歩ひいて映画を見ることが出来ればあまり苦しくならずに見られたのかなとも思う。

見終わると、疲れて虚無感に襲われたので、それを承知の上で見ると良いとおもわれる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
事実かどうかはともかくCIAの捜査方法など雰囲気が分かりました。
爽快感はあまりないですが、見て良かったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
本作ではCIAがテロリストであるビンラディン氏の居場所を突き止め、殺害するまでの過程を淡々と描いています。
この淡々と、という雰囲気が作品全体を覆っており、視聴者に余計な感情を引き起こさないような演出を感じます。
拷問シーンや殺害シーン、人が激昂するシーンなど映画の中で盛り上がるべきポイントにおいても、演出はひどくあっさりと終わってしまいます。
むろん盛り上げるほどアメリカ賛美や反戦などの政治色が濃くなってしまうという懸念があるのですが、それにしても最後にビンラディン氏が殺害され作戦が終了したあと、主人公マヤの呆然とした表情が、決定的な空白を演出しています。
視聴者に考える余地を与え、またストーリーがわかっていても再確認できる良い作品だと思います。しかし盛り上がりに欠けます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
映画の時間が長いです。

ビンラディンがいなくなった理由がこういうことなのか、とよくわかります。

テロリストを倒す正義って案外無茶しているんだなぁ
CIAってこういうことをやっているんだなぁって思うと、日本と随分と違う気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mark* トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/13
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
テロリストを作り出したのは米国自身なのではないか,イスラム教を迫害し続けたのはキリスト教なのではないか,などと言うのは一時止めて,純粋に映画として評価したい。

Wikipedia は「『ゼロ・ダーク・サーティ』(Zero Dark Thirty)は、ウサーマ・ビン・ラーディンの捕獲・殺害ミッションに挑む特殊部隊を描いた2012年のアメリカ合衆国のアクション・サスペンス映画。」としているが,
この映画は主に,CIAの女性分析官マヤの執念を描いた映画。 その分析の結果として,襲撃作戦のGOが出て,特殊部隊のミッションが描かれる。ミッション遂行時の非常にローキーな絵作りも素晴らしい。

この映画のように2時間半を越して緊縛感を保ち続ける,脚本,監督,役者の力量は凄い。 キャスティングもぴたりと決まり,この長さなのに無駄なシーンは無いように見える。
主演のジェシカ・チャスティンはもともと華奢な女性なんだと思うが,この役のために更に頰がこけるくらいにダイエットしているように見える。

この殺害ミッションの立役者である分析官が誰だったのかは,情報が公開される2061年までは確認できないらしいが,実際にこんな 異常な程の執念と分析力を持った分析官がいなければ,ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害作戦は成立しなかったので
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
もちろん映画の内容がそのまま真実とは思わないが、ビンラディンとアルカイダの中枢を破壊したことは9.11の惨事を思えばよく理解できる。イラクで核兵器が見つからず、フセインを捕らえたブッシュ政権よりはずっとまともな成果だと思う。ただイスラム原理主義と欧米の根深い対立と戦争は、どちらの言い分が正義かは別にして、未だに続く非道な無差別テロで犠牲になる無関係な一般市民と悪魔的な指導者に洗脳されている若い加害者たちを思うと、この悪循環に満ちた事態が、一日も早く収束する事を強く念願するばかりだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー