ゼロ・グラビティ [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: 如月堂 大阪店
カートに入れる
¥ 2,050
通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
カートに入れる
¥ 2,450
通常配送無料 詳細
発売元: インフィールド
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゼロ・グラビティ [Blu-ray]

5つ星のうち 3.7 416件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,180 (46%)
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,020より 中古品の出品:8¥ 886より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でゼロ・グラビティ(字幕版)を今すぐ観る ¥ 100 より

ブルーレイ2枚3090円
人気ブルーレイタイトルが 2枚3,090円
この商品は 「ブルーレイ2枚で3,090円」 キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらの リンク をご参照ください。 対象商品の一覧はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ゼロ・グラビティ [Blu-ray]
  • +
  • インターステラー [Blu-ray]
  • +
  • オデッセイ [Blu-ray]
総額: ¥4,173
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: サンドラ・ブロック, ジョージ・クルーニー
  • 監督: アルフォンソ・キュアロン
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日 2014/12/03
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 416件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00NIOVQ08
  • JAN: 4548967132816
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,525位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

〈第86回アカデミー賞 最多7部門受賞! 〉
革命的映像! 極限のサバイバル! 全身を貫く感動! 究極のスペース・サスペンス・エンターテイメント!
自宅で体験する、最もリアルな宇宙。

宇宙の 暗闇を 生き抜け
極限の宇宙空間で、衝撃と感動の90分!

地球から60万メートル上空。
スペースシャトルでのミッション遂行中、突発的事故により、
無重力空間(ゼロ・グラビティ)に放り投げ出されたふたりの宇宙飛行士。
ふたりをつなぐのはたった1本のロープ。残った酸素はあと僅か!
真っ暗な宇宙空間の究極的な状況の中、
果たしてふたりは無事、地球に生還することができるのか…!

【映像特典】約182分
〈フォーカス・ポイント〉
映像に潜む物語
試行錯誤の果てに
無限なる世界を描く
宇宙の色彩
無重力の世界を体現
映画の中の宇宙技術
サンドラとジョージ:スペース・ランデブ
ファイナル・アニメーション~ビジョンの実現へ向けて~
無音の中で

〈撮影の舞台裏〉
感動を構築する
国際宇宙ステーション(ISS)での火災
再誕を奏でる
音の可能性を探って
帰還へ向けて

・キュメンタリー:スペースデブリの脅威
ナレーター エド・ハリス

・アニンガ:地球との交信
ホナス・キュアロンによるイントロダクション付き

・出品映画祭 (スチール画)

※掲載のパッケージデザインは変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

突発的事故により無重力空間に投げ出された宇宙飛行士の極限状況を描いたスペースサスペンス。ライアン博士と宇宙飛行士・マットはシャトルでミッションを遂行していたが…。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
観ていたら一緒に呼吸が苦しくなる映画でした。
映画の登場人物になりきってしまい、自分が宇宙空間を漂っている気がしてくる。
それだけ画に迫力があり、説得力があり、とてもリアルに感じました。
長回しのシーンが多用されていて、それがリアリティに拍車をかけていたように思います。

宇宙空間の恐ろしさを思い知らされました。
一見究極の自由のように見える無重力空間の圧倒的孤独感。
ノイズの一切ない無音も、死を連想させられてめちゃくちゃ恐ろしいです。

僕は自分が死んだ後のことは割りとどうでもいいと思っていたのですが、
たとえ死体になったとしても、宇宙空間を漂うのだけは嫌だと心底ゾっとしました。
死んだらそこら辺に放っぽってもらってていいので、地球のどこかで朽ちていきたいと切実に思いました。

自由と孤独の表裏一体性がすごく上手く表現されていたように思います。
重さがあるということ、ノイズがあるということ、自分以外のものがあるということ。
この煩わしさを無くそうとしたら人間は絶対に孤独になってしまう。
生きるということはやっぱり不自由であるということだと考えさせられました。
こんなにも不自由であるということに安堵感を覚える映画は
...続きを読む ›
コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JULY 投稿日 2017/2/9
形式: Blu-ray Amazonで購入
IMAX3D版を何度も何度も観ました。
正直これはIMAXのために生まれた映画であって、お茶の間のTVで観ても(それが何インチあっても)イマイチなんじゃないかとは思うのですが、やっぱりその映像美と未だかつて観たことのなかったドキドキの展開、キャストの迫真の演技はどれも素晴らしくて、TVで観ても涙がこぼれます。
唯一不満なのは邦題に謎の「ゼロ」がついているところ。
ちゃんと映画を観れば、この「ゼロ」がいかにトンチンカンな付け足しであるか解るはずですが、客引きのために解りやすいかと思ってつけちゃったんでしょうか……酷いセンスです。
でもまあ、「ゼログラ」って略称も嫌いじゃないから赦す!(上から目線)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
映像がいかにリアルなのかはもはや言うまでもありません。
ストーリーは単純なのに、危機がいたるところに設定されていてハリウッドならではの興奮が楽しめます。

また、それをどうやって撮影したのかまで解る特典映像もすごく楽しめました。
「あんなところをCGにしたの!? ぜんぜん気づかなかった><!」という驚きまであります。

ただ他の人も指摘していますが、どうして原題どおりに「グラビティー(地球引力)」にしなかったのか?
監督さんは作品に色々暗喩を含ませるのが好きらしいのがインタビュー映像からもうかがえるんですが、
おそらくタイトルの「地球引力」にも、ヒロインの運命や、大地に足を付けて生きていく意志、そして重要なテーマである「再生」までをこめて、
あえて「グラビティ」にしたはずです。

それなのに、安易に「ゼロ」なんかを頭に付けたら全てが否定され、この作品のテーマが喪われることに、
どうして日本の会社は気づかなかったのか。
「宇宙空間だから無重力だよね♪」みたいな、単純思考でつけたとしか思えません><!

所詮、作品の内容よりも商売でやってるだけなんだなと、残念に思います。
10 コメント 230人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
この映画の予告を見た時、地球から少し離れた宇宙空間でひたすら話が進む面白くない映画かなーって程度にしか思っていませんでした。
そんな事は全くなく、この映画は誰も気付かない所で誰にも気付かれないように死んでいくかもしれないという恐怖、宇宙空間という何もないという恐怖をとても上手に表現しています。しかも、その恐怖をただ表現するだけでなく、サンドラブロック、ジョージクルーニーといった素晴らしいキャスト陣でヒューマンドラマ要素を取り入れながら作り込んでいます。
予告編だけを見るとただの宇宙空間でのアクシデント映画くらいにしか見えませんが、SF、ヒューマン好きにはオススメできる映画です。宇宙モノ特有の難しい要素は一切ないので女性の方にもオススメできる一本です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー