¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する 単行本 – 2017/2/28

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,260

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する
  • +
  • サイバー戦争論:ナショナルセキュリティの現在
  • +
  • 闇ウェブ (文春新書)
総額: ¥5,162
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今年、アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。昨年の選挙戦に大きな影響を与えたのが民主党全国委員会などがハッキングされメールが流出した事件です。民主党内の混乱、不和が露わになり、トランプ氏有利に働きました。このハッキングを行ったのはロシアだと考えられています。自らに近いトランプ氏に利するよう、メールを流出させたのです。インターネットが普及し、サイバー空間が「仮想空間」から「現実」へと変わった現在、ハッキングなどのサイバー攻撃は国の運命すら左右することができます。
また、こうした情報戦だけでなく、ウィルスなどを通じて原子力発電所、電車、石油パイプライン、ダムなどのインフラを物理的に破壊するサイバー攻撃も可能です。2009年、アメリカとイスラエルはイランの核燃料施設を「スタックスネット」と呼ばれるマルウェアを通じて破壊しました。インフラを狙ったサイバー攻撃、「見えない戦争」は世界各地で既に行われています。今や、戦争をするのに爆撃機を飛ばす必要はありません。
サイバー攻撃はいかにして進化してきたのか? 本書ではサイバー空間が初めて国家間の争いの舞台になった1986年の「カッコーズ・エッグ」、ロシア、中国がアメリカを攻撃した90年代の「ムーンライト・メイズ」や「タイタン・レイン」 、エドワード・スノーデンによって暴露されたNSA(米国家安全保障局)による世界規模の監視網、不気味な動きを見せる北朝鮮やイラクなど、サイバー攻撃の歴史を紐解きながら今、世界で何が起こっているのかを解説します。ある専門家は、今のサイバー空間は第一次世界大戦前のヨーロッパを彷彿とさせると言っています。これらの動きは日本に住むわれわれにとっても他人事ではありません。日本もすでにサイバー戦争に巻き込まれているのです。来たるべき大きな混乱の時代を生き抜くために必読の一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

トランプ大統領を誕生させたのはロシアだった!?アメリカはマルウェアでイラン核燃料施設を攻撃し、中国は米メディアから情報を盗み出す。「見えない戦争」はすでに始まっている!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905219
  • ISBN-13: 978-4163905211
  • 発売日: 2017/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,297位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本書を読むと、東欧諸国や中国などの共産圏が作成したセキュリティソリューションを導入することが意味することを理解することができることでしょう。残念ながら台湾は日本の同盟国ではありません。本書にでてくる敵国が作成した盾は盾にあらず槍であるということです。

私が楽天で中古品として購入したノートパソコン(Panasonic)は中国語の新聞にくるまれて配送され、嫌な予感がしたため調べたところ、不正なプログラムがサービスとして組み込まれておりました。気が付かずに利用している人も多いのでしょうね。

現在は、すでにサイバー戦争中。年内にも物理的な破壊を伴う第三次世界大戦が勃発する可能性も高くなってきています。日本の報道体制に危機感を覚えます。BBCやCNNも偏重があります。世界唯一の中立的な報道を行う、アルジャジーラ英語版をYouTubeにて無料で見ることができるので、正しい知識を求めた本書の読者さんにはお勧めします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/4
形式: 単行本
2009年にイランのナタンズにある核燃料施設で遠心分離機を制御不能にしたスタックスネットは、イランの核開発を遅延させる為に米国とイスラエルが開発したサイバー攻撃といわれている(両国はこれを認めていない)。それ以前から米国、ロシア、中国などを主体とするサイバー戦争は既に始まっていたが、スタックスネットはその威力をまざまざと見せつけ、戦争の概念を変えてしまった。

サイバー戦争の世界では、一般的に中国や北朝鮮、ロシアが攻撃者側と見られがちであるが、米国が最も強力な攻撃力を持ち、米国のサイバー戦略の中核に位置するのがNSAである。サイバー戦争の武器となり得るものが「ゼロデイ」と呼ばれるデジタルの脆弱性で、それはサイバー武器商人の間で取引もされており、NSAは中国を攻撃するためだけに2000を超えるゼロデイ脆弱性を確保しているともいわれる。

米国大統領選ではトランプ候補を勝たせる為に、ロシアは民主党にサイバー攻撃をしかけ、クリントン候補に不利となるメール情報を流出されたと云われる。専守防衛の日本では感じ難い「見えない戦争」の脅威を感じさせてくれる一冊である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
スタックスネットを書いたKim Zetter氏の「Countdown to Zero Day」の和訳版がなかなか出版されない為、
英語版を読もうかと思っていたところ、本書が出版されたため早速読んでみた。

スタックスネットについての内容はそれほど多くはないが、
実際の関係者の取材を行い臨場感のある内容で面白い。
過去のサイバー攻撃の歴史から「第三の勢力」北朝鮮やイランの動向等最近のサイバーセキュリティの話題を
知識のない方でも読みやすいように難しい言葉は少なめで書かれている。

私も一企業のインフラセキュリティを担当している。
サイバーセキュリティは「目に見えない」為なかなか一般の人には伝わりにくいが、
そのことを本書では「あとがき」に”荒療治”として「オリバー」と「スノーデン」のやり取りを書いていて、
そのやり取りが非常にわかりやすく面白くまた参考になった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告