通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゼロの使い魔 7銀の降臨祭 (MF文庫J) 文庫 – 2006/2/21

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 306

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゼロの使い魔 7銀の降臨祭 (MF文庫J)
  • +
  • ゼロの使い魔 8望郷の小夜曲 (MF文庫J)
  • +
  • ゼロの使い魔 6贖罪の炎赤石 (MF文庫J)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

才人がある日突然『召還』されてしまった異世界ハルケギニア。使い魔として、ご主人様のルイズとともに参戦したアルビオンとの戦いは、ひとまず連合軍―ルイズたちが勝利を収める。すっかり戦勝ムードでアルビオンとの決戦に備える連合軍だが、才人は先日の戦闘のことを引きずって元気がない。ルイズは才人を励まそうと、ちょっぴり大胆な振る舞いもしてみるが、才人は上の空。ルイズは拗ねてしまい、そんな彼女に才人は「俺ふられた!」と思いこみ、またも関係はこじれてしまう。そこへ、超美少年のロマリアの神官が現れる。ルイズは才人への反発から神官に思わせぶりな態度をとりはじめ…。異世界使い魔ファンタジー、波乱の第7弾。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヤマグチ/ノボル
1972年2月、茨城県生まれ。『カナリア~この想いを歌にのせて』(角川スニーカー文庫)でデビュー。ゲームシナリオライターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 262ページ
  • 出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー (2006/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040683080
  • ISBN-13: 978-4040683089
  • 発売日: 2006/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 177,115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
前回に引き続き戦況報告的な文章が多いです。

しかも前半サイトが酒飲んでばかりでグデグデすぎるのはちょっと残念。

だがそれを帳消しにしてもなお星5にさせるのは、やはりラストのサイトが凄かったから。

ルイズへの純粋な気持ち。それを守るために戦うサイトの英雄っぷりの描写は神掛かってます。

一見今までと同じに見えますが、全然違います。カッコ良さの格が。

これを読みきると猛烈に次を読みたくなるので、前もって8巻を買っておくことを薦めます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ルイズと共に従軍することとなった才人。異世界人であり、貴族であるルイズと平和な日本で育った才人では、従軍しているとはいえ、戦争に対する気持ちはまるで違っていた。名誉を重んじ、名誉のためなら死をも厭わぬ覚悟を口にするルイズと、そんなルイズに違和感を覚える才人。先の作戦で自分たちを守って、仲間が死んでいくという現実に直面した才人は深く、落ち込む。「これは戦争なんだから」才人を励まそうとルイズが口にする言葉にも才人は違和感を覚える。虚無の使い手であるルイズを手駒としてしか見ない軍上層部にも反感を抱く才人と、軍功を挙げようとするルイズの気持ちはまたまた大きくすれ違っていき...

ルイズを人を駒としてしかみない戦争。そんな扱いに違和感を覚える才人は、それが、ルイズが自分を見る見方ではないかと恐れいていることに気づきます。才人を異性として意識しながら、それを表に出せないルイズは、他の女の子にふらふらする才人に怒りを覚え、冷たくしますが、才人は、ルイズが自分を道具としてしか見ていないのではないかと深く傷つきます。そして、そんな二人のそばで才人にアタックを続けるシエスタと自分の復讐のためだけに、多くの人を、大切な友を戦場においやった王女アンリエッタ。だれもが自分の気持ちに一生懸命で、そして、自分の行動に責任を取らされることになります。今回のラストは、才人が頑張ります。すごいです。そして、読んだ人は、すぐに続きを読みたくなってしまうでしょう。7巻読む人は、8巻もご一緒に!!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
下僕生活7巻目の才人くんの異世界ツンデレ冒険活劇。

この巻のテーマは「勇気」だ、と筆者は書かれています。

舞台は戦争も戦争、大軍の最前線&殿軍あたりが舞台です。

ファンタジー小説で戦争というと、大抵が陰惨極まりないものですが、

この小説でもやはり悲惨な戦争が描かれます。まあ、陰惨というほどではないですが。

さて、戦争で勇気と言えばなんでしょうか?

大きく分けては「戦う勇気」か「戦わない勇気」か「第3の道を探す勇気」という結論が用意されがちです。

しかしそれらは、気楽な第3者から見た勇気であるように私には思えます。

戦争は大きく、個人は小さい。巻き込まれたら自分の判断で動く状況なんてほとんどありゃしません。軍司令官レベルでさえそうなのです。いわんや一般人。何をやっても右往左往の域をでるものではありません。誰も彼もいっぱいいっぱいです。

この物語の中でも皆いっぱいいっぱいです。いっぱいいっぱいの状況で追い詰められ、生命の危機に瀕したら誰しも冷静な自分ではいられません。思っても見なかった醜い自分が姿をあらわすかもしれません。

そんな状況下で才人が持っていた勇気、それは「追
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヤマグチ氏のゼロの使い魔もついに7作目。
今回は長く続いた戦争も終わりをみせ、才人とルイズのお互い素直になれない純な関係の進展も気になるところ。
でも一番は…。

読んでください。才人の勇気を。
誰の為でなく、ルイズの為に戦う才人がとてつもなくかっこいいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 youth 投稿日 2006/2/27
形式: 文庫
アルビオンに降り立ったルイズと才人。才人は竜騎士隊の戦死で落ち込む、それを慰めようと少し大胆な行動に出るルイズ。しかし、才人はつれない態度。頭に来たルイズは美形の神官に気がある振りを。それを見てフラれた、と思う才人。
非常にややこしくなった(汗)二人の関係。二人の間には世界が違うことによる大きな隔たりが。死は名誉だというルイズ、死んだら何もならないと言う才人。戦争の道具になりたくない才人は、それでも愛しいルイズのために戦います。
ラストはいろいろと伏線を残して次巻へと続きます。謎の少女の正体が気になる!本当の黒幕も。最後の詩も何らかの意味がありそうです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー