中古品
¥ 288
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に少々のシール痕あり。小口に少々の汚れあり。●Amazon専用在庫●注文確定日から1~2営業日以内に発送(日曜日は定休日)●プチプチ又はフィルム袋にて防水梱包。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゼロから教えて!信用取引―これからはじめるネットトレーダーのための 1日で90万円ゲットも夢じゃない! 単行本 – 2004/12

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 287
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

普通の株の取引と何が違うの?元手30万円から始められるって本当?追証ってどう怖いの?いつ発生するの?カラ売りってどういうしくみなの?など、基本的なしくみから、上手な利益の出し方まで、信用取引ビギナーの知りたいことを、図とイラストでわかりやすく解説。

抜粋

1日90万円ゲット!毎日が給料日!
 それは、るこちゃんが、信用取引を始めて2ヶ月目のことでした。 当時は株価が100円台や、それ以下の「低位株」が元気のいい時期でした。信用取引のスーパー初心者だったるこちゃんは、資金150万円を元手に、そういった低位株を1度に2万株とか3万株という単位で取引していました。
 そんなある日、信用取引で買った株が翌日に上昇し、それによって得た利益として60万円、信用取引の「おまけ」(これから勉強しましょう)で30万円、合計90万円の利益を「1泊2日」で稼いだことがあります。いきなり「信用取引のオイシイところ」を経験してしまったのです。
 おまけにその月は、信用取引で株を買って翌日に利益を確定する度に、最低でも8万、多くて20万円近く稼ぐ日々が続きました。

    「信用取引はなんて素晴らしい世界なんだろう!」 毎日増えていく総資産額に、るこちゃんは1人酔いしれていました。だって、信用取引を始めて最初の1ヶ月に、たった2回の取引で、以前勤めていた会社の月給の1.5倍を稼いでしまい、2ヶ月目にはなんと190万円も利益が出たので、そう思ったのも無理はありません。
 これだけ聞けば、るこちゃんのことを天才トレーダーと思う人もいるでしょう。でも本当のところ、この時はまだ「怖さを知らなかっただけ」なのです。
 実はその直後、3ヶ月目に入って、天国から地獄に、信用取引の怖さをこれでもかというほど味わうことになるとは・・・ 。

恐怖の「追証」発生!信用取引はこれが怖い!
 信用取引は怖い! こんなイメージがある原因は「追証(おいしょう)」のせいだといっても過言ではないでしょう。
 るこちゃんも、信用取引を始めて3ヶ月目でいきなり、この追証の恐ろしさを体験しました。追証のしくみは後で説明しますが、簡単に言うと「信用取引で大損している証し」です。でもって、証券会社から「お金を入金しなさい」と催促される、恐怖のイベントなのです。
 通常の株の取引なら、自分の持っている銘柄の株価が下がってしまい、紙屑同然になってしまうことはあっても(企業の倒産などで、本当に紙屑になってしまっても)、だからといって追加でお金を入金しなさいなどとは言われません。でも、信用取引ではこういうことが起こるのです。

 「あんな思いをしたのに、よく今でも信用取引を続けているな~」と正直自分でも不思議に思うことがあります。平気で続けることができているのは、当時はなかった「信用取引の注意書き(マニュアル)」を自分の中に作る事ができたからです。
 今から信用取引を始めようかな、と考えている皆さんは、安心してください。この本を通して、初歩的なルールと「やってはいけないこと」「避けるべきこと」「失敗したケース」をお教えしますので、それらを忘れずに、無理な取引さえしなければ、皆さんは「追証知らずの信用取引トレーダー」になれるでしょう!

信用取引って難しくないの?
 ところで、信用取引って、普通の株の売買と違ってとても複雑なしくみになっていて、機関投資家みたいな特別な人たちが使う投資手法だというイメージがありますね。そんな、とっつきにくいイメージの信用取引ですが、実際はそれほど難しいことではありません。 信用取引とは、簡単に言うと「個人の信用を元にお金を借りたり、株券を借りたりして取引をする」ことなのです。お金や株を借りて取引するので、普通の株の売買にはないルールや規制が多く、コストの種類もたくさんあります。だから「信用取引は難しい」と決め付けてしまう個人投資家が多いのもうなずけます。
 しかし、基本は普通の株の売買と一緒です。安いときに買って、高く売る、あるいは、高いときに売って、安くなったら買い戻す、あとは信用取引独特の用語やルールに一通り目を通して、「そんな決まりがあったなんて、まったく聞いたことが無い」という状態さえ無くせば、難しい事はありません。
 また信用取引口座の開設には「電話審査」というものがあるので、これを大きな壁と感じる方も多いと思いますが、今や証券会社によってはこの電話審査が無いところや、オンラインの画面上で審査が済んでしまう証券会社もあります。以前のように、信用取引口座開設を希望する顧客の総資産額や投資経験、性別にこだわる証券会社も減りました。
 
信用取引を始めやすい環境が整いつつある
 今では信じられない話ですが、ちょっと前までは信用取引を始めるのに「女性はダメ」とか「資産が3,000万円以上必要」「65歳以上は不可」などといった、その人の資質以前の問題で「信用取引口座の開設を断られる」のが普通でした。信用取引の世界はまさしく、「一部の投資家だけの、閉ざされた世界」だったのです。
 それが最近では、個人投資家が信用取引口座を開くための条件がやさしくなりました。その理由としては、証券会社、とりわけネット証券会社が顧客獲得のために、手数料の低価格化競争をしている中で、それに合わせて「信用取引開始のための敷居」を低くする必要があったのです。
 また顧客の方も、信用取引に対する見方が変わってきました。ここ10年以上の相場低迷で、「上昇局面でしか利益をあげることができない普通株取引」に限界を感じ始めていることが、個人投資家が信用取引を始めるようになった大きな要因になっているのです。

株価下落でも儲ける事ができるって本当?
 信用取引の魅力の1つは「下降相場でも利益を出す事ができる」という事です。これは信用取引独特の「信用売り(カラ売り)」という手法を使うからこそできるワザなのです!
 信用取引というと、なんとなく自分のお金の何倍もの金額の取引をして「一か八かの売買をする」というイメージが先行しがちですね。でも普通の株取引が、株価の上昇局面だけしか利益を上げられないのに対し、信用取引では「下落局面でも利益を上げることができる」ということが理解していただけたら、信用取引が「怖いだけではない」「使い勝手がある手法」と考える事ができるのではないでしょうか?

信用取引を始める人が、実際に増えている!
 そうは言っても自分の周りには信用取引なんかやっている人はいないみたいだし、やっぱり危険な、特殊な取引じゃないの? とお思いの方にお聞きしましょう。今現在、いったいどのくらいの割合で個人投資家の間に信用取引が普及していると思いますか?
「個人投資家売買代金に占める信用取引比率」を見ると、4年前は約27%だったのが、最近では45%近くに増えています。また、個人信用取引でトップシェアを誇る松井証券では、株式約定代金全体の7割以上が信用取引で占められています。個人投資家の売買代金の半分近くが信用取引だなんて、意外に多いと思いませんか?

みんなでウサギ投資家になろう!
「より多くのチャンスをつかめる投資家」になりたい。でも、大きな損失を抱えて市場から逃げ出すようなことにはなりたくない。毎年、各ネット証券会社で信用取引口座を作る人は増え続けていますが、その中でも「失敗しない・失敗をうまく避けられる」投資家を目指したいものですね。
 信用取引は、扱い方によっては武器にも凶器にもなります。多くの失敗から学んだおかげで、今ではるこちゃん自身が信用取引を「凶器にする」ことはなくなりました。これが「武器」になれば、大げさな話ではなくて、本当に「毎日が給料日」になります。
 もっとも、なにも無理して信用取引などしなくても、普通株の売買でも十分な利益を上げることは可能です。でも、多くの資金を元に売買することができない個人投資家にとっては、また「上げ相場」でしか利益を出せない普通株取引だけでは、資産が増えるスピードも「のろまなカメ」的です。
 それを、大金を持ち合わせていなくても「うさぎのスピード」で利益アップできるのが、信用取引なのです!
 信用取引を知ってしまったるこちゃんは、もう「カメさん投資」に戻るつもりはありません。みなさんもこれからは信用取引を「武器」にして、手早く利益をあげてしまう「うさぎ投資家」に変身してください!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: かんき出版 (2004/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4761262222
  • ISBN-13: 978-4761262228
  • 発売日: 2004/12
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 141,198位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
サブタイトルの『1日で90万円ゲットも夢じゃない!』はちょっと大袈裟ですが、これから信用取引を始めたいと思っている方にはとても解り易く書かれていると思います。

私は信用取引を始めたいと思いましたが、周囲に株をやっている人がいなく『返済売り』『現引き』『現渡し』など、信用取引ならではの意味があまりよく解らずなかなか手が出せずにいましたが、この本を読んで理解して信用取引を始めました。

私のように初心者で信用取引を始めたいけど躊躇している方にはとてもオススメだと思います。

この本を読んで信用取引を始めました。

また、信用取引の際の注意事項なども解り易く書かれています。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙を一見すると、「信用取引とは何か?」の説明がくどくど続き、肝心のことはあっさりしか書いてないような印象を受けますが、そんなことはありません。ゼロから書いてありますが、信用取引をするに際しての必要な事柄はほぼ網羅されてあります。

信用取引を始めようとする人には最適な本だと思います。

難点を言えば、信用取引残高については触れてありますが、3つのデータ(日証金残高、三市場残高、個別信用残高)がどういうものでどういう違いがあるのかに関しては書かれてありません。チャートの説明を省いてでもこれらについて触れてあれば良かったのですが・・・

よって、★4つとしました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現物株をちょこちょこ取引するくらいの若葉マークのわたしだが、最近話題の「信用取引」がどういうものなのかちょっと調べてみる気になった。
本屋で表紙のイラストにひかれて購入したこの本、多くの図表やキャラクターるこちゃんとまなぶ君に導かれ、さらりと読み切ることができた。
非常にわかりやすく、信用取引について一通りの知識を得ることができたが、それよりも特に感じたのは著者の誠実さ。
「絶対儲かりますよ」的な煽るような文章はまったくなく、きちんと基本を押さえ学びながら少しずつ進んでいきましょうという感じの真面目さに好感が持てた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
イラストのるこちゃん、かわいいです。「ゼロから教えて!」とタイトルについているように挿絵も多くて初心者にもわかりやすいように解説してあります。自分で信用取引をやっているだけに説得力はありますね。他の本は追証の怖さとかは書いてありませんからね。ただ、この本は続編は作れるのでしょうか?全部書き過ぎたような感じもありますね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今回の、「ゼロから教えて!信用取引 これからはじめるネットトレーダーのための」は全くの初心者が信用取引を開始する際に必要な知識を分かりやすい文面で丁寧に紹介していただいてると思います。信用取引の注意点・長所・短所、避けたい点などが良く解説されているという感じを受けました。株式の信用取引をお考えの方は一読の価値ありです。
とにかく、評論家が机上の空論で書いた本ではなく、実際の女性トレーダーがおかしてきた失敗談も踏まえての書籍で親近感を持てるものでした
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ゼロから教えて」の名前にふさわしいかなりわかりやすい一冊。
しかも字がつらつらと並べてあるのではなく、間に挿絵を挟みとっつきやすいように工夫してある。
実際こういう時にこうしろといった具体的なテクニックはほとんど無いが、最初の勉強のための一冊としてかなり良いのではないか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/26
形式: 単行本
最近初心者向けの信用取引の本が随分出版されたように感じる。今までも「やさしい」という謳い文句の本はあったけれど、本屋でページをめくってすぐに買うのを止めた。機械的に「しくみ」が説明してあるだけで、分かりやすいかも疑問だったからだ。でも、これはちょっとスタンスが今までの本とは違うみたいで、どうりで実際に信用取引をやっている女性投資家が書いているだけあって、初心者の気持ちが分かる書き方だ。実践には物足りないが、これからやろうかどうしようか?という人には一番とっつきやすい気がする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
特に初心者の方は、真っ先に読むことを推奨します。

チャートについても詳しく触れていて、今まで読んだ信用取引本の中で
最も分かりやすかった。
サンプルを交えながら、ひとつひとつ懇切丁寧に書かれてあり、具体的
にどうすれば、うまく取引できるのかイメージしやすい内容だった。

私もこの本がきっかけで信用取引をスタート。

まさに、躊躇している人にとっては、背中を押してくれるレア本!

(本で書かれている注意事項も必見です)。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー