通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゼロからわかるキリスト教 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆帯あり。◆ページは良好な状態です。◆カバーなどの外観は中古品のため多少の使用感や擦れ、細かな傷等がございますが良好です。◆アルコール消毒後に迅速な発送をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゼロからわかるキリスト教 単行本 – 2016/10/31

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 823

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゼロからわかるキリスト教
  • +
  • 大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書)
  • +
  • 世界観 (小学館新書)
総額: ¥2,980
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

神の居場所を知っていますか? 全日本人の弱点・キリスト教の核心を早わかり! 弱者必衰の新自由主義、打つ手なしの格差社会、過激さを増す民族運動――現代の難問の根底にはすべて宗教がある。「宗教は民衆のアヘンである」と喝破したマルクスの著作を通じて現代の仕組みを見通す、専門知識ゼロからわかるキリスト教神学の超入門書にして白眉。世界宗教の有りようを学び、21世紀と正しく付き合うために!

内容(「BOOK」データベースより)

生きているのが苦しい…。そんな世界にしたのは誰だ?世界と戦い、人生に迷えるビジネスパーソンに贈る福音書。「宗教は民衆のアヘンである」と喝破したマルクスを超えて、現代の仕組みを見通す実用的神学案内。生き抜くヒントに満ちた希望の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 203ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/10/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104752118
  • ISBN-13: 978-4104752119
  • 発売日: 2016/10/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

投稿者 服部弘一郎 トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/9
形式: 単行本 Amazonで購入
 作家の佐藤優による新潮講座「一からわかる宗教・第一期」(2015年1月〜3月)を単行本化したもの。1844年に発表されたカール・マルクスの論文「ヘーゲル法哲学批判序説」を読みながら、伝統的なキリスト教神学と、現代のプロテスタント神学、そして現代社会の関係性を論じるというユニークな企画だ。

 著者によれば、プロテスタントの神学は18世紀末に大きな転換を迎えたのだと言います。それは神の居場所を「天」から「人間の心の中」だとしたこと。しかし20世紀になると神は再び人間の外側にある存在と考えられるようになり、人間にとっての「外部性」を意味するようになったらしい。

 表紙帯には「世界宗教の超入門書にして白眉!」などと書かれているのだが、これはキリスト教を体系的に論じたものではないし、現代のキリスト教神学について整理しながら論じているわけではない。そうした事柄については、著者の「神学の思考」など他書を読んでくれということなのかもしれない。

 この本の特徴はマルクスの論文をガイド線にしながら、縦横無尽に著者の考えるキリスト教や現代社会の実相を語っていくことだ。それはほとんど雑談に近いが、きわめて知的な雑談だ。この雑談を楽しめるだけの予備知識が、読者には求められている。

 キリスト教徒ではない一般受講者向けの
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
(題名につられて購入したが表題は誇張)
マルクスの資本論からの切り口での視点が興味深かった。知識ゼロの門外漢には理解が及ばないと
思われる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 佐藤優氏のキリスト教講座をまとめた1冊。講義テキストは、「宗教は民衆のアヘンである」で有名な、マルクスの「ヘーゲル法哲学批判序説」。
 佐藤氏は、<マルクスが喝破したように、いつだって資本はあくまで貪欲に、自らを増殖させていくことに血道をあげます。その結果、無意味で過剰で不公平な競争へ人びとを追い込み、途方もない格差を生んできました。新自由主義の世の中になって、さらに資本の増殖への欲望は増し、格差は日に日にどんどん広がっている。
 そこで、こうしたあまりに貪欲で歯止めのきかない資本主義に、さまざまな形で対抗していこうとする動きが出てきたのです。>とし、「イスラム国」も資本主義への対抗と見ることができると指摘する。
 佐藤氏は、これらの問題を理解するためには「宗教が持っている力」を押さえておく必要があるとして、近代キリスト教の流れを解説し、マルクスの宗教批判へと講義を進めていく。
 神学者のカール・バルト、哲学者のユルゲン・ハーバーマスなどの著書を引用しながら、「ヘーゲル法哲学批判序説」を読むという高度な内容ではあるが、最近の出来事を取り上げて解説しながらの講義であるため、比較的わかりやすい内容となっている。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間の理性はもはや信用できないとなった1914年以来、<近代=モダン>の危機は続いている。いまだに脱構築も超克もできていない。

15世紀のヤン・フスによる第一次宗教改革の、救いの確実性の考え方がやがてプロテスタントへと繋がっていく。近代は啓蒙主義、進歩史観であるのに対し、プロテスタントは復古維新的である。シュライエルマッハーが出てきて、神は心の中にいるとなり、神学が心理学へ吸収された。
18世紀の啓蒙主義時代から100年以上続いた「史的イエスの探究」により、イエスはいなかったが、なぜ、どのように人間は神を作ったのか、という流れと原始キリスト教の論理を摑もうとする流れが出た。前者は無神論となり後者はプロテスタント神学の主流となる。マルクスはこの両者の分水嶺だ。ベルジェーエフやカール・バルトの「宗教」の理解は、人間が作るもの、というものだ。それを認めた上で、しかし、人間はこういう幻影なりを作らざるを得ないという考え方。バルトは神をもう一度「上」にあるものとしたが、これは「外部性」という意味だ。外にいる神になったのだ。言語によって何か考えている作業をしている以上、そこには必ず社会がある。純粋な主観は存在しない。常に共同主観であり人間と人間の間になるから間主観である。

我々が神だという形で思っているもの、あるいは言語で規
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告