この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ゼムクリップから技術の世界が見える-アイデアが形になるまで (日本語) 単行本 – 2003/8/6

5つ星のうち4.8 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

    身の周りに当たり前のようにあり、一見ごく単純でささやかなペーパークリップ。日頃なにげなく手にしている文房具に、実は何百件もの特許が絡んでいることをご存知だろうか? 本書は、身近な道具から高層ビルまで、技術開発の世界を楽しく縦横に論じている。

   土木環境工学と建築土木史の学者である著者ペトロスキーは、ギリシャ神話から風俗史までカバーする該博な知識を用いて、技術の本質をやさしく解説する著述家でもある。本書は、ペーパークリップのほか、鉛筆の芯の折れやすさの力学、ジッパーの開発物語から入り、徐々にファクシミリ、橋など複雑で大型のテーマに進むが、心配は無用だ。著者の、技術は人間の活動であり人間性に左右される、という一貫した考え方に支えられ、どんな技術も単純な失敗と、作ってみて初めてわかる不具合を克服しながら進歩することを実感しながら9つのテーマを読み進められる。

   第1章でとりあげる、長さ約10センチの針金を3回曲げただけのクリップは、絵になる形とシンプルな機能が好ましい文房具だ。19世紀後半に英国のゼム・リミテッドという会社が扱いはじめ、以降、現在にいたるまで改良型が続々と産み出された。その試行錯誤の話に加え、多数掲載されているレトロな特許認定書の設計図やレタリングの欧文の美しさなども好事家には楽しめる。しかし、雑学的な興味だけの底の浅い話では終わらず、しっかりと物づくりの本質に迫っているのが本書の魅力だ。全編を通じて専門的な話にやや難解なところもあるが、面白い発見にひっぱられて気にならない。

   巻末には、原書が1996年刊行である本書の内容を補足する、名和小太郎による「解説」があり、読者の理解を助けてくれる。現役の技術者、工学専攻の学生、専門外の読者、すべての層にとって意義ある楽しい1冊だ。(坂本成子)

内容(「BOOK」データベースより)

ゼムクリップ、アルミ飲料缶など身近な製品から、航空機や高層ビル、さらに都市給排水や橋などのシステムにいたるまで、現代人は技術の産物にとりまかれて生活している。そのひとつひとつを子細に見ていきながら、「物づくり」という営みの本質に迫る。

登録情報

  • 出版社 : 朝日新聞社 (2003/8/6)
  • 発売日 : 2003/8/6
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 293ページ
  • ISBN-10 : 4022598336
  • ISBN-13 : 978-4022598332
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
5 件のグローバル評価
星5つ
83%
星4つ
17%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2012年1月28日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2011年5月3日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入り
2009年5月19日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告