中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゼミナール会社法入門 単行本 – 2006/2

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
単行本, 2006/2
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新会社法に完全対応! 「最後の大改正」と言われる〇五年の商法改正(会社法)を盛り込み、定評のあるロングセラーテキストを全面改訂。証取法、中小会社法(仮)も踏まえた、ビジネス法務で必携の一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

M&Aの活発化、頻発する企業不祥事、資本政策の自由化―。最新のトピックスを素材に、企業にかかわる法律を幅広く解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 551ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社; 第6版 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532133025
  • ISBN-13: 978-4532133023
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 979,419位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/5/9
形式: 単行本
タイトルに「入門」という文字が入っている法律書はたくさん出版されていますが、「これのどこが『入門』レベル?」と問いたいぐらい難解な本や「この程度で『入門』できるの?」と言いたいぐらい易しすぎる本が数多くあります。 でも、この本には「入門」という名前が相応しいのではないでしょうか。法律書としては珍しく、判例以外の事例や図表が多く入っており、読みやすく作られていますが、最初に勉強すべきところはきっちり押さえてあります。 会社法を本格的に勉強したいんだけど、法律書をめくり始めると眠くなってしまう方、おすすめです!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2006/2/28
形式: 単行本 Amazonで購入
「法務省令に完全対応」を謳い文句にしている。この文句は、ウソではないが、本書の内容からは旧版の記述を最大限活かして改定の手間を省いたという印象を受ける。新会社法のキーワードについては記述が極めて薄い。例えば、新会社形態である合同会社に関する記述は、1頁にも満たない。また、特別取締役制度は索引にも見出せない。本書は初版以来、切り口が斬新な会社法入門書として評価していただけに、本書の出来栄えはいかにも残念である。改訂版に期待することとしたい。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の岸田先生は、経済学部と法学部の両方を卒業、現役で司法試験合格もされている。公認会計士2次試験委員やニューヨーク大学客員研究員などを歴任され、現在、早稲田大学大学院では法学研究科ではなく「ファイナンス研究科」の教授だ。「証券取引法」や「法と経済学」、「会計会社法」、「会社税法」などの著作がある。商法の解釈も、実務的で会計学的視点を重んじる立場だ。この本の構成は、企業に関わる法的問題を描く「会社法TODAY」と、標準的な会社法の説明をする「制度を理解する」とに分かれている。特に「会社法TODAY」が出色。昨今のニュースに出てくるできごとについて、具体的な会社名を挙げて説明され、現実に企業で発生している法律紛争が、新聞感覚で読める。教養書としても、基本書としても読める貴重な作品だ。生きた法律を学びたい人に最適で、社会人にも学生にも自信を持ってお勧めできる。この本も2003年以降の商法改正に対応した改訂をして欲しい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前回のものとかわったところはそれほどない。会社法は従来の商法と大幅変更したのに。急いで出版するよりちゃんと前面改訂してほしい。学生時代からの愛読者として厳しい評価をしたい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
社会人に最も向いた会社法のテキストでしょう。日本経済新聞社らしい、余計な会社法の解釈を省いた入門書です。岸田先生にこの本を書かせたというのがホームランでしょう。ゼミナールシリーズでも出色の本です。会社法が商法典から独立して別の法律になったため、本書の条文の引用が読みにくい感じがするのはおそらく、私だけではないでしょう。ただこの点は、横組みにすれば将来ある程度解決ができる問題。岸田教授は河本一郎博士の下で研究を始められた方で、師匠の影響か証券取引法・税法に詳しいだけでなく経済学にも大変造詣が深い。会社法の細かい解釈は他の本に譲り大胆に現代の会社が直面する問題に視座を据えている点は評価されて良い。さすがに早稲田大学は優秀な学者をヘッドハンテイングされたと思う。初版からこの本は拝読させていただいているが、企業史にも詳しい方だということは本文を読めばすぐわかるであろう。第3章コーポレートガバナンスは特にいい出来だと思うが?確かに、資格試験の受験生には、この本は細かい解釈を展開するものではないので、内容的には不満を持つであろう。だが、少なくとも上場企業の参事クラス、参与クラスの人たちというのは、これぐらいの知識は有している。また持っていなければ組織を引っ張っていけない。教養本として読んでおかれて損はない一冊である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告