ゼノサーガ エピソードI 力への意志 PlaySt... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,230
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ぎゃんすた★【安心確実に15時までのご注文は予定日に関係なく年中無休で当日出荷】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゼノサーガ エピソードI 力への意志 PlayStation 2 the Best

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.6 29件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,580 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、エンターゲームズが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,230より 中古品の出品:34¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゼノサーガ エピソードI 力への意志 PlayStation 2 the Best
  • +
  • ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]
  • +
  • ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]
総額: ¥9,793
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B00008LKEA
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2003/4/3
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 8,788位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   2002年2月に発売されたSFロールプレイングゲーム「ゼノサーガ エピソードI 力への意志」の価格改定版。現在より数千年先の未来、人類は地球圏を放棄して宇宙に進出し、約50万の惑星国家で構成される星団連邦が人類を統治していた。

   ゼノサーガは、宇宙創生から終焉までを描くスペースオペラで、本作は全6作が予定されている中の最初のエピソードに当たる。主人公は戦闘用アンドロイドの開発者シオンで、彼女は人類に敵対する巡礼船団グノーシスとの戦いに巻き込まれてしまう。

   ゲーム本編は、イベントパート、クエストパート、バトルパートの三つで構成。イベントはフルモーションの3DCGとフルボイスで演出され、クエストはマップ内を自由に移動して会話や情報収集が行える。

   バトルパートは、女性型の戦闘用アンドロイド/コスモスを含めた3人パーティが基本で、武器による攻撃や魔法攻撃で敵と戦う。エイグスと呼ばれるロボットを入手すれば、機体に装備した強力な武器を使った攻撃も可能だ。

   ゼノサーガは壮大なストーリーが魅力で、ゲーム中の随所に盛り込まれる美しいCGムービーが物語を盛り上げる。フルボイスで演技する魅力的なキャラクターたち、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団が演奏する音楽など、魅了される要素が多い。(Rei from Chiba)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 kanata VINE メンバー 投稿日 2003/2/20
 
 ナムコとモノリスソフトのタッグによる大作「ゼノサーガ Episode : I 力への意志」。2002年2月に発売され、40万本以上のセールスを記録した今作が、Playstation2 the bestに名を連ね、いよいよ再販される。
 このゲームはユーザー間で賛否両論、極端に好みが分かれるソフトとして有名だが、PS2ゲームソフトの中でも1、2を争う美麗な映像、光田康典氏作曲による音楽、じっくりと楽しめるミニゲーム、戦略性ある戦闘、そして名作「ゼノギアス」の高橋監督による壮大な物語に、人気声優たちの演技が花を添え、非常に豪華な作品となっている。
 一方で、ロードが頻繁にあり、しかも読み込み時間が非常に長い点は非常に残念。戦闘のエフェクトも長く、ストレスが溜まり易い。また、難解な用語が多く登場する為、人によって物語への感情移入度に開きがある点や、少々残酷なシーンやグロテスクな表現がある点も人を選ぶだろう。
 安価で発売されるので、お得度は非常に高いが過度に期待をせず、テンポが悪い点を踏まえていれば、十二分に楽しめる作品ではないだろうか。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2001年発売の作品ですので他の2作と比べるとグラフィックが劣りますが、映像と音楽の一致はかなり秀逸です。

作曲はゼノギアス、クロノクロスなどを手がけた光田康典氏で、世界観にとてもよく合っています。

(エピソード2、エピソード3は梶浦由紀さんが作曲されています)

ムービーのボリュームは7時間以上とPS2作品の中でもかなり多い部類に入ります。

(ムービーをスキップすることができるので2周目をするときは助かります)

戦闘システムはゼノギアスに似ていますがエイグス(ロボット)は予想以上に使えません。

難解な専門用語が多く、理解不能になることもしばしば感じることがあるかと思います。

それでもミステリアスで重厚なストーリーの雰囲気を味わえることができ、十分に楽しめる良作RPGです。

(シナリオ自体は悪くなく、最後にゼノギアスのエンディングも歌ったJoanne Hogg氏の曲が2曲入るのがいい感じです)

ニンテンドーDSでエピソード1、2がまとめて遊べますが、よりリアルにムービーなどを見たいという方におすすめします。

(注:6年前のムービーということを考慮して見てください。FFなどと同質の物を期待するとがっかりするかもしれません。最後に、ムービーは本当に長いです。)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
愛があれば乗り切れます。

しかし、愛がなければクソゲーとおっしゃる方もいるでしょう。

これはRPG本来の意味合い=「役割を演じる」を逸脱し、

「物語を読み進める」ためのRPGとなっています。

つまりは、物語が核であり、登場人物は狂言回しにすぎません。

『ゼノギアス』と同じモノを思い描くと肩すかしをくらうかも。

でも、私は好きです。

万人にはオススメはできません。

しかしこれほどまでに物語の深淵を覗きたい、ラストを見たい、

という欲求に駆られたゲームはなかったような。

7時間のムービーには思わず絶句をしましたが、

声優陣のキャスティングの妙を感じました。

なお、攻略本は必須です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゼノサーガ3が面白そうに見えたので前々作からやっていこうかな、という理由で購入しました。

戦闘ですが、ターン制で「普通の」と言ってしまえばそうなりますね。

しかし、ブースト(自分以外のキャラ、敵のターンに割り込む)などを使って戦略を立てていくなど、その他小回り的なものがよくできていたなと、プレイしていて思いました。

ストーリーはSF系なんですが、回想が多かった気がします。

シナリオの大半がキャラクターの過去に関したことだったので、話が先に進んでいく、という感じがしませんでした。

(しかしゼノサーガは3部作品となってそのうちまだ1本目なので2,3とやっていけば問題はないと思います^^)

あとはキャラクターですが・・・あまり主人公が好きになれませんでした。

別に女性だったからというわけではなく、何か引きつけられるキャラとしての魅力が極端に弱かった気がします。

(あと女としての魅力もゲフンゲフン)

他のキャラクター達はとても良かったのでとても残念です。

他には・・ミニゲームなどは数がそこそこ多かったので悪くはないです。

敵は強い部類に入るかと思います
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー