この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゼイリブ [DVD]

5つ星のうち 4.4 33件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 7,900より 中古品の出品:4¥ 2,330より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロディ・パイパー, キース・デヴィッド, メグ・フォスター
  • 監督: ジョン・カーペンター
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2003/02/21
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008453K
  • EAN: 4988102879112
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,959位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   経済危機のせいで失業中のネイダ(ロディ・パイパー)は仕事を求めてロサンジェルスに行く。だが、彼は仕事を見つける代わりに、世界の支配階級のエリートたちが人間に偽装したエイリアンで、彼らの狙いは人間を愚かな消費主義者にしておくことだと知ってしまう。それが分かったのは、抵抗組織が作った特殊なサングラスをかけて、初めてありのままの現実を見た時だった。広告掲示板や店の看板や雑誌の表紙にはすべて「服従せよ」、「消費せよ」、「自由な思考は持つな」といったサブリミナル・メッセージが書かれていた。紙幣には「これこそお前の神だ」と書いてある。しかし、最悪なのは、サングラスをすると、誰が丸い目をした気色の悪いエイリアンか分かってしまうことだ。問題の根底は陰鬱だが、コンセプトの発見は笑いを誘う。この作品はアクションのプロットに多少の欠点はあるものの、最後にすごい結末を据えている。ジョン・カーペンターの演出は堂々とした職人かたぎの冷静さをもってなされている。1つ、忘れ難いのは、パイパーが裏通りでサングラスをかけようとしない友人と殴り合うシーンで、これが延々と続き、終わったかと思うとまた一勝負始まるのだ。ハリウッドで作られた中で最も破壊的な映画に数えられる『ゼイリブ』は1988年の大統領選前夜に公開された。最初のテレビCMは醜いエイリアンの政治家2人が討論をし、1人がもう1人を「お前はジョン・F・ケネディじゃない!」と言って非難するものだった。(Jim Gay, Amazon.com)

内容(「Oricon」データベースより)

特殊なサングラスを通して見た現代社会にはエイリアンがいた…。「遊星からの物体X」のジョン・カーペンター監督が贈るSFホラー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
メディアを使って人々を洗脳し、搾取する富の構造を、
ちょっと大げさに分かりやすくするためにエイリアンが支配する社会として 表現しているだけで、
描いてる社会は、まったくもって 現代社会そのもの。

笑えない。

中世的な恐怖をもって支配する構造とは一見違うけど、
その結果出来上がる社会の構造は、中世そのもの。

新自由主義の台頭で 自分さえ金持ちなれば 他人が貧困に沈もうが
しったこっちゃないって考えの宇宙人が
いっぱい世の中を支配するようになってしまった。

笑えない。

現代人必修映画
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画を観てショックを受けました。
好みは分かれる映画だと思いますが、社会へ訴える強烈なメッセージ性を秘めています。
「猿の惑星」並のスゴイ映画だと思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yasumotor 投稿日 2004/2/14
形式: DVD Amazonで購入
B級映画の鬼才ジョン・カーペンター監督のSF作品。主演にプロレスラーのロディー・パイパーを起用。通常のSF映画と一味違う雰囲気が全編に漂う。そんなあほなという場面がたまに出てくるが、そこがまたにくい演出というか、監督のこだわりで、お好きな方にはたまらないんですな。特殊なサングラスをかけると、世の中の仕組みが見えてくるというストーリー自体も、ある意味シュールで、ただのSFに終始しない。傑作である。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画の地球人って、まるで今の日本人なのではないか?
アメリカを消費し尽くした何者かが、日本を市場にする為に教育を奪い考える力をなくさせ、お上には逆らわない。
テレビを見て、消費に走り
うまい汁を吸う日本人もいる。
そんな視点で観て愕然とした。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 地球は実はドクロ顔のエイリアンにのっとられていた。日雇い労働者の主人公はレジスタンスが作った宇宙人の洗脳が解けて本当の姿が見えるサングラスを偶然手に入れて、宇宙人に立ち向かう。

 地下施設やワープ旅行、サブリミナル看板といった設定は最高におもしろい。一部の地球人は宇宙人側についておいしい思いをしていたというのもいい。
 ただこの映画、主人公の行動をはじめあらゆる部分がメチャクチャなのである。
 主人公はさしたる理由もないのに、宇宙人がいると分かった瞬間に宇宙人を片っ端からぶっ殺しまくる(確かに宇宙人は悪者だが)。この吹っ切れ方がすごい!  しかもこの主人公やたらめったらプロレス技を使うのである。ラリアット&バックドロップ!
 そして最大の分からないシーンは主人公が友人にサングラスをかけるよう説得するシーンだ。友人は本当の世界など見たくないといってごねて、サングラスをかけるかけないで殴り合いの喧嘩が始まるんだけど、なんとこの喧嘩シーンが10分以上!ひたすら続く。私のブログにも書いたが、実はこのシーン、あまりに出演者がいい演技だった為、ノーカットで使うことになったらしい。 ってそれで10分も殴り合ってたら駄目でしょ。

 ラストカットはうまい。こんなに笑ってしまうラストも珍しい。
 万人にお勧めする映画ではないが、B級映画のおもしさがどっさり詰まった愛すべき超B級映画。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
単なるバイオレンスSF映画ではありません。

見ていて、「僕たちの洗脳社会」という本の「独占された洗脳装置」という件を思い出しました。

街に溢れる看板や 流れる放送に 何気なく様々なメッセージが潜在的に含まれています。

「おとなしく、反抗せず、素直に眠れ」という支配者からのメッセージ。

わたしたちは 自由主義、平等主義の社会で、実は巧みに支配されているのです。

クタクタに疲れるまで毎日あくせく働くことが、快感になるようにわたしたちは飼い慣らされている という苫米地英人の言葉も思い出しました。

一時広告のサブリミナルが話題になりましたが、この映画ではそれが大々的組織的に日常に蔓延しています。

現実の世界では 支配者の意図を見抜くサングラスは誰からも与えられないのですから、自分で作り出すしかありません。

付け加えると、バイオレンス映画としての格闘シーンは 他の映画より見応えがありました。

わたしには意外に印象に残る名作の一つとなりました。
1 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック