通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
セントールの悩み 9 (リュウコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

セントールの悩み 9 (リュウコミックス) コミック – 2014/12/13

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 594
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • セントールの悩み 9 (リュウコミックス)
  • +
  • セントールの悩み 10 (リュウコミックス)
  • +
  • セントールの悩み 11 (リュウコミックス)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【六本肢】という我々とは異なる形態で進化を遂げた世界。【姫】こと君原姫乃は【ケンタウロス(人馬)】の形態をした女子高生。【竜人】の希【角人】の羌子【翼人】の御魂委員長【南極蛇人】のサスサスちゃん。それぞれの形態をしたクラスメイトたちと楽しい高校生活を送っている。姫の従妹の紫乃ちゃん、その友達のまきちゃん、委員長の4人の妹たちも登場して、“人間じゃない”娘たちのキュートな日常が綴られていく♪

著者について

第8回龍神賞【銀龍賞】を『セントールの悩み』で受賞。同作品が「COMICリュウ」2011年2月号に掲載されてデビュー。そのまま連載化され、現在も続く大人気連載となる。


登録情報

  • コミック: 161ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2014/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199504249
  • ISBN-13: 978-4199504242
  • 発売日: 2014/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
えーと、驚愕の新展開です。作者、何があった?
まず、前置きとして今回は秀逸なギャグの連続です。重い話は ほぼありません。
非常に読み易く、キャラは愛らしく、良い意味で変態としか言いようがない
『 実在するデミヒューマン 』 の諸設定は実に見事です。
ワキ毛ならぬワキ羽根って…その発想はなかった。
子どもならではの鋭い着眼点はリアルだし、これまでイマイチだったアクションシーン
も大幅にパワーアップしています。相当研究されたのでしょう。…場の立体感や、
戦術や、流れといった広がりが出て、その上ギャグまで入っている。言う事なしです。
『 きのこ人間の結婚 』で不満を持った人でも、充分楽しめる出来栄えです。
漫画として素晴らしい完成度、これは間違いないでしょう。

問題は、ギャグよりとはいえ姫ちゃんの戦闘シーンが多く入っていること。
抵抗がある人も居るでしょうし、この展開には賛美両論あると思われます。
途中から主人公不在ですが、六割ぐらい日常回なので雰囲気は余り変わっていません。
そして、サスサスの妹が一切出てきません。そちらも次巻以降にお預けです。

大きく流れを変えてしまった 『 セントールの悩み 』 この風呂敷、畳めるのか?
3 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
この漫画は第一巻、1話からして馬子のうま んこがどうなっているかという話題からスタートし、読者を常に「“人間じゃない”娘たちのキュートな日常が綴られていく♪ 」という方向へ興味を向ける、そういう構造だった
時に過激な政治思想をチラつかせ、かと思うと現代の常識的なラインに戻そうとする、ハラハラする内容である
いつものようにサイドストーリーが多く収録されており、時間経過をはかりかねる難しい構成だが、今までと明らかに違うのは尖った政治思想、宗教観などが引っ込められた点
この巻の主人公である馬子の大きなストーリーは、かつて作中で「4肢の生物は争いを好まない平和的な生物」という推論(読者で在る我々4肢の生物へのジョーク)があるのだが、その4肢生物の世界へ馬子が来るというモノである
ウサギに誘われる形で、世界を移動するのは不思議の国のアリスのオマージュに相違ない
ただし、そのウサギは作中の宇宙人という記号を頭部に戴く、完全な4肢ウサギなのが馬子を心配する読者としては不安になる
そこで中世ヨーロッパ、暗黒時代を下敷きにした世界に行くのだが...という展開
帰還予定は示されていない

巻末の漫画でふと感じたのは、馬子のこのおっぱ●様のものはいったいなんであろうか?
6肢生物の設定は54話のみならず何
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
55話まで何時ものセントールだけど・・56話以降ヒロインの姫乃と紫乃ちゃんが異次元スリップ・・・ただ他のキャラとあとがきは通常運行!

53話から現世編の出演メンバーの変更か?メインヒロイン姫乃→綾香と同級生ってか?といいつついつもの面子は堂々と登場だけど〜姫乃と紫乃が行方不明で大騒ぎになっているはずなんですが、いまひとつその表現が無い・・・?(忘れられてる?)

異次元の姫乃、性格が変わってきてる??(58話参照)最初別人馬かと思ったけど姫乃だもんね〜

60話みなさんの「プリティーホーン」の時間だよ!って・・59話の18禁すれすれをされたら子供に見せられませんやん!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック