中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【赤セルシート付】◆安心の返品、返金保証付。迅速発送◆カバーにスレやヨレ、ヤケなどある場合がございます。紙面にヤケがありますが、状態は概ね良好です。【検品担当者より】※コメントに記載されている以外の欠損、または書き込み等ございましたら、保障いたします。◆丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。郵便局、クロネコヤマトよりご自宅のポストへお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

センター試験 生物Iの点数が面白いほどとれる本 単行本 – 2005/6/10

5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

 この本は、2003年に刊行された旧版『センター試験 生物IBが面白いほどとける本』の改訂版です。

 旧版は、センター試験参考書の常識を破る300ページ超という厚さで受験生を驚かせました。しかも、本の終わりから最後まで、著者の口調はずーっとハイテンションを維持。熱すぎる! ……もしかしたら「イロモノ」として読者から敬遠される運命にあったかもしれない本書でしたが、蓋を開けてみたら予想外の大反響、編集部には読者からの感謝のハガキが山のように届きました。
 
 本書では、旧版と同様、人気ナンバーワン生物講師の大堀先生が熱血講義を展開。予備知識ゼロの状態の受験生でも、最終的には8割の得点がねらえるレベルまで、一気に引き上げてくれます。カリスマ講師の説明のうまさ、わかりやすさに酔いしれること間違いなし! すべての「生物」受験生に読んでほしい1冊です。

著者について

大堀 求(おおほり もとむ):代々木ゼミナール講師。授業のうまさは言わずもがな、体育会系”アニキ”キャラと甘いマスク、そして肉体美で大人気。その授業は、衛星放送(代ゼミサテライン)によって全国で受講可能。著書に『大学入試 生物[遺伝編]が面白いほどわかる本』(中経出版)、『大堀に聞け! 生物達人への道』(代々木ライブラリー)などがある。


登録情報

  • 単行本: 319ページ
  • 出版社: 中経出版 (2005/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806122254
  • ISBN-13: 978-4806122258
  • 発売日: 2005/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 342,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
☆5個じゃ足りません。
今まで生物は苦手科目だったのですが、この参考書に出会えたおかげで得意科目になりました。
参考書っていうのは結構著者との波長(?)が合わないと全然頭に入ってこないものですが、この参考書の取っ掛かり易さはぴか一です。本人が自負しているだけあります。
細かいところまで説明がなされており、今までただ暗記してきたものも理屈で覚えられるようになります。
参考書内では「なぜこうなるのか」というような様々な「なぜ」を取り上げ、詳しく説明がなされています。
参考書によっては赤字ばっかでどこが重要なのか分からないようなものもありますが、必要な単語のみを赤字で書いてあるのでテスト前の確認にも使えると思います。
図やグラフも多く掲載されており、とても見やすいです。
文章も口語体で(たまにきつい口調もありますが・・・)とても読みやすいです。勉強目的だけでなく読み物としても面白いと思いますよ。
「受験科目として生物使うけど全然分からない」という人にはぜひこの参考書を薦めます。僕が今まで見てきた生物の参考書の中で1番の参考書です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
センター試験受験者だけでなく、私大一般入試(但し生物'Tのみ)にも使えます。

教科書傍用副読本の「セミナー生物」(第一学習社)等を自学自習できる人も、一度は読んでおいた方がよいと思います。

表紙の軽薄さ「さあここにハンを」「そんなプロポーズってあり?!」(笑)にだまされてはいけません。良書です。

単にセンター対策のためというより、生物を好きになれる本でもありますよ☆★

勉強していくにあたって、いくつか感じたことをあげておきますね。

(1) これをやっただけでは、予備校のマーク式模試は、点が取れません。

青本や黒本をやって、問題を解く訓練が必要です。

マーク式問題集をやるとき、解説を読むのがかなりしんどいですが、「生物Iの点数が面白いほどとれる本」をやっておくと、理解がかなり楽です。

それから、この本を書いた大堀求さんの「マーク式問題集」をやってみたのですが、めちゃくちゃ難しかったです。でも、本書を読んでいたおかげで、理解できました。

(2) 図を書きながら読み進めるのがよいでしょう。

これは、私大一般入試対策にもとても役立ちます。

(3) 私は
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/12
形式: 単行本
浪人生なんですが、大堀さんの授業をうけています。はっきり言って、この本は授業とほぼ一緒です。授業はめっちゃ良いので、それを1200で味わえるなんて。。。。おいしい話です。生物受けるなら買わないと損します。学校の授業で教えてくれないけど、どうしてこうなるの?しょうがないから暗記しようって思っていたことが、理由付きで覚えられます。。一応、欠点も書くと・・・言葉がキツイとこもあるけど慣れれば問題は無い。それから、あまりに詳しいのでセンターには絶対出ないことが結構ある。。けど、そこは自分で出ないだろ~とわかるので、大丈夫だろう。総合的にこの一冊で大丈夫です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 メフラ 投稿日 2006/2/28
形式: 単行本
この本は本当にいいです。

ある程度できている人も、ひたすら詰め込んできた知識に、実はこんな理屈があったとは!と感動すると思います。そしてその知識を定着する事ができると思います。

さらに、勉強してきた上でここが知りたかった!という所がたくさんかかれていますし、

バラバラであった知識がひとつのストーリーにつながって、体系化されます。

文章自体もノリがいいため面白く、スラスラと読めます。私は3日で読めました。

最初この本は生物をセンターのみで使う人が対象だと思い眼中に無かったのですが、ある時手にとってみて、感動しました。

センターも二次、私大も生命現象の理解が得点の基盤になっているということは全く同じであるとわかりました。

この本は生命現象を根本から理解することができます。

よって、この本に出てきたこと以外でもさまざまな問題を理解する上の基盤になると思いました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー