通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
センス・オブ・ワンダー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

センス・オブ・ワンダー 単行本 – 1996/7

5つ星のうち 4.7 91件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 500

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • センス・オブ・ワンダー
  • +
  • 沈黙の春 (新潮文庫)
  • +
  • われらをめぐる海 (ハヤカワ文庫 NF (5))
総額: ¥3,057
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   化学薬品による環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした書として、いまも多くの人々に読み継がれている名著がある。『沈黙の春』だ。その著者レイチェル・カーソンの遺作として、彼女の友人たちによって出版されたのが本書である。

   本書で描かれているのは、レイチェルが毎年、夏の数か月を過ごしたメーン州の海岸と森である。その美しい海岸と森を、彼女は彼女の姪の息子である幼いロジャーと探索し、雨を吸い込んだ地衣類の感触を楽しみ、星空を眺め、鳥の声や風の音に耳をすませた。その情景とそれら自然にふれたロジャーの反応を、詩情豊かな筆致でつづっている。鳥の渡りや潮の満ち干、春を待つ固いつぼみが持つ美と神秘、そして、自然が繰り返すリフレインが、いかに私たちを癒してくれるのかを、レイチェルは静かにやさしく語りかけている。

   そして、レイチェルが最も伝えたかったのは、すべての子どもが生まれながらに持っている「センス・オブ・ワンダー」、つまり「神秘さや不思議さに目を見はる感性」を、いつまでも失わないでほしいという願いだった。そのために必要なことは、「わたしたちが住んでいる世界のよろこび、感激、神秘などを子どもといっしょに再発見し、感動を分かち合ってくれる大人が、すくなくともひとり、そばにいる」ことだという。本文中に挿入されているメーン州の海辺、森、植物などをとらえた写真も美しい。『沈黙の春』と同様、読者の魂を揺さぶらずにはおかない1冊である。(清水英孝)

内容(「BOOK」データベースより)

子どもたちへの一番大切な贈りもの。美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目を見はる感性「センス・オブ・ワンダー」を育むために、子どもと一緒に自然を探検し、発見の喜びに胸をときめかせる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 60ページ
  • 出版社: 新潮社 (1996/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105197029
  • ISBN-13: 978-4105197025
  • 発売日: 1996/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 91件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,701位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/10/6
形式: 単行本
あわただしく過ごしている毎日、そんな一日の最後に「センス・オブ・ワンダー」の一節を読むだけで、心はまだ見たことのないメインの森を散策しています。ひとつひとつの苔の緑の美しさ、紅葉するかえでの色がまさしく「生きている」ことの喜びと不思議さをあらためて教えてくれます。やさしい言葉でカーソンは、「深い深いこと」を教えてくれているような気がします。幼い人々よりもむしろ成長した大人たちが読むことで、自分もまた、この大きな自然の一部なのだという「安堵感」を与えてくれます。メインの森の写真もまた心が和みます。現代人に必要な一冊のように思われます。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初めてこの本に出会った時はほかの出版社から翻訳本が出されていた頃で、当時私は中学生でした。何だか、とても素敵なものに出会ったときのドキドキ・ワクワクした感覚でページをめくった記憶があります。
その後どれだけの人に(主にママになる妊婦さん)この本を贈ったか分かりません。
自然に敬意を払い、自然を愛で、自然とともに生きてゆくレイチェルカーソンの着眼に、「私も自分の子供に是非伝えてあげたい」と強く共感した私も子を持つ年頃になりました。
私の人生の宝物の一冊です。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/11/28
形式: 単行本 Amazonで購入
1965年に出版され、
いまも世界中で読み継がれている
レイチェル・カーソンのラストメッセージ。

「地球の美しさについて深く思いをめぐらせる人は、
生命の終わりの瞬間まで、
生き生きとした精神力を
たもちつづけることができるでしょう。

鳥の渡り、潮の満ち干、春を待つ固い蕾のなかには、
それ自体の美しさと同時に
象徴的な美と神秘が隠されています。
自然がくりかえすリフレインーーー
夜の次に朝がきて、冬が去れば春になるという確かさーーー
のなかには、かぎりなくわたしたちを
いやしてくれるなにかがあるのです」

カーソンが、死の間際に
命を削って遺してくれた
魂の言葉に救われる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鉄一威 投稿日 2006/8/16
形式: 単行本
表紙かわってしまったんですね。

個人的には前のデザインの方が好きでした。

中央の写真が海の水面のようにも化石にも見えて色々想像ができました。

環境汚染を取り上げた「沈黙の春」が有名な著者ですが、こちらはうって変わって感性、ものの捉え方に関する優しめの本です。

ページ数が比較的少ないのでお風呂で、とか寝る前に読むことをお勧めします。

例えばスズメは初めからスズメという名前で地球に生息していたわけではないという事です。私達はよく不明なものを見ると名前を先ず調べるという事がありがちな昨今、実際にどんな声なのか、どんな姿なのか、というありのままを捉える事を先ず大事にしましょうよ、と語られている気がします。

朝の通勤中の空はどうでしたか、とか、

帰り道までにどんな草花があって、何種類の生物の音がしていましたかとか、身近な自然に目を向けたくなる本です。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
すべての大人に。
特に、子育て中の方、
これから親になる方、
子供たちと接する環境にある方にお奨め。

レイチェル・カーソンは、作家であり、海洋生物学者。
そしてこの本は、彼女の遺稿である。

わずかおよそ50ページのこの本には、
甥(実際には姪の息子)のロジャーとともに“探検”、“経験”した
メイン州の自然がつまっており、
その描写は、まるで宝石のように美しい。
これはよく目を凝らし、
観察していないとできない表現だろう。
そして主題は、
子供に自然のすばらしさを教えること、
そして、“センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見張る感性”を育むことが、いかに大切かということだ。

カバーの裏表の分も含め14枚の美しい写真(森本二太郎さん撮影)は、
すべてメイン州で撮影され、
最後のページに説明書きもある。

あっという間に読み終わるが、
今すぐにでも、
たとえ、雨が降っていようとも、
外に出て、自然に触れ、
地球の声に耳を傾けたくなってくる。
そして、
雄大な自然にも、
葉っぱの下の小さな
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー