通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
センゴク権兵衛(6) (ヤンマガKCスペシャル) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、スレ、キズ、シミ等はございます。掲載されている表紙と異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売切れの際は返金いたします。ご了承ください。 494361
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

センゴク権兵衛(6) (ヤンマガKCスペシャル) コミックス – 2017/4/6

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 395

この商品はセット買いができます
『センゴク権兵衛 1-6巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • センゴク権兵衛(6) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • センゴク権兵衛(5) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • センゴク権兵衛(4) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

秀吉による天下一統は着実に実現へと近づいていた。だが、未だ戦乱が続く九州にて、“戦国最強”と謳われる「島津」がついに動き始める!! 武勇と知略に優れる四兄弟の下、九州を統べる勢いで領土を広げてきた、その神憑りともいうべき強さの源泉とは……!? 仙石にとって運命の合戦が待つ“九州征伐編”ここに開帳!!


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 講談社 (2017/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063829618
  • ISBN-13: 978-4063829617
  • 発売日: 2017/4/6
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
新しい歴史解釈。新しい生き様。
仙石さんは出てませんが、十分魅力ある人がいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
四兄弟のエピソードは色々聞くが、きちんとまとめて物語にしてくれるのがありがたい。また、主人公の領国経営の片鱗も見えて楽しい一冊だった。できれば戦闘前にもう少し讃岐の国時代の話が欲しい。次も楽しみ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1009 投稿日 2017/4/27
形式: コミック
全てが事実とは思えないが、戦国時代に於ける島津氏の実態が描かれている。
危険なまでに 陽気で一本気。
島津四兄弟のパーソナリティが描き分けられており、読む者を引き付ける。

ストーリーを進めるに当たり、島津の歴史を遡って説明してくれるのは嬉しい。
しばらくは、権兵衛らの活躍はおあずけ。
その代り、島津の心意気を堪能できる展開に期待できる。
次巻は 「耳川合戦」 が描かれるとの事。
楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
太閤検地による讃岐の石高が13万石、後の生駒治世には17万石。土佐に至っては約10万石から山内治世には24万石。
最初期の太閤検地って本当に米の取れ高しか勘定しなかったのだろうか?

作中では仙石一族は宇多津聖通寺城に入っているが、讃岐に残る仙石の発給文書には高松から出してある物もあり、後に生駒が築城したとされる、高松城は実は仙石が既に水軍基地として築城に着手していた可能性がある。(喜岡城が別名高松城とも言うので、此処から出した可能性は捨てきれないが、それならば端から高松に根拠地を持っただろう)

さて、仙石入封後の十河存保(正しくは改名して、十川孫十郎)は十河の本来の領地讃岐山田郡に新たな居城を構えている。同じ山田郡内の前田村に近世城郭の様な平城を築城、こちらに本拠を移した様である。

両者とも領内に多数の城を保持しており、一国一城の江戸期と異なる事に注意されたい。

なお、仙石権兵衛は中央集権を根付かせる為に国人領主や寺院の庇護下にあった無役の隠れ里の領主に税を納めるよう通達するも、拒否されそれら領主をことごとく磔刑にしました。その場所は宇多津の浜とされていますから、宇多津に政所を置いたのは間違い無さそうです。

領内の国人領主、家臣に燻りを持ったまま、彼はあの島津を相
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告