通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
セブン-イレブンは日本をどう変えたのか がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 Cerrapie
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。パッケージにスレ傷などがある場合がございます、こちらの商品はFBA配送センターからの出荷となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

セブン-イレブンは日本をどう変えたのか 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/21


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 680

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • セブン-イレブンは日本をどう変えたのか
  • +
  • わがセブン秘録
  • +
  • 鈴木敏文 孤高
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 110pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

1974年にセブンイレブン第1号店がオープン。いまや我々の生活に欠かせないコンビニだが、その変化の歴史は、
日本社会の変化そのものだった。24時間オープンの店が現われ、おにぎりやおでんは「家庭で作るもの」から
「コンビニで買うもの」になり、公共料金を店頭で払えるように、チケットはマルチコピー機で受け取れるようになり、
お金はコンビニATMで下ろすのが当たり前になった。その日本人の生活スタイルは、すべてセブンイレブンが作り上げたものだ。
「食」「家族」「地域社会」「社会インフラ」などを変え続けるセブンイレブンの進化に迫る一冊。
セブン&アイ・ホールディングス前会長・鈴木敏文インタビュー付き。

著者について

コンビニジャーナリスト、ライター。北海道生まれの大阪育ち。関西大学社会学部卒業後、会社員生活を経て、フリーライターとして独立。2002年からコンビニ業界の現場取材をライフワークに据え、現在に至る。コンビニ業界の専門家として、テレビやラジオに多数出演。2016年夏から、『サンデー毎日』でコラム「コンビニのツボ」を連載中。著書に『セブン‐イレブンおでん部会』『コンビニだけが、なぜ強い?』(ともに朝日新聞出版)などがある。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 双葉社 (2016/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 457531207X
  • ISBN-13: 978-4575312072
  • 発売日: 2016/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 233,112位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

関連商品を探す


フィードバック