中古品:
¥ 680
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

セブン・イヤーズ・イン・チベット [DVD]

5つ星のうち 4.2 61件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 6,200より 中古品の出品:16¥ 329より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ブラッド・ピット, デビッド・シューリス, B.D.ウォン, マコ
  • 監督: ジャン=ジャック・アノー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 1998/11/25
  • 時間: 136 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 61件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FXM9
  • JAN: 4988102464912
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,225位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   39年、秋。オーストリアの世界的登山家ハラーは、世界最高峰の制覇を目指してヒマラヤ山脈へと向かった。チベットへたどり着いた彼は、そこで若きダライ・ラマの教師となって、激動のチベットで7年をすごす。登山家としての名誉と夢だけを追い続けていたハラーは、自らを再発見する、魂の再生の旅を体験することになる。
   失われた神の地「チベット」を舞台に、1人の登山家の数奇な運命を、実話をもとに描いている。実在したオーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーには、若手ナンバーワンのブラッド・ピットが扮する。共演はイギリスの演技派、デヴィット・シューリス。
   監督は、『薔薇の名前』『愛人/ラ・マン』で知られるフランスの名匠、ジャン=ジャック・アノー。神秘的な禁断の地「チベット」を舞台に、ロマンあふれる一大叙事詩を創造した。(アルジオン北村)

内容(「Oricon」データベースより)

広大な土地チベットを舞台に、登山家ハインリヒ・ハラーと若き日のダライ・ラマとの心の交流を、実話をもとに描いたブラッド・ピット主演で贈る感動の人間ドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
 これは以前に映画館で見たときの感動を再現したく、また英会話の教材としても役立つと期待して購入しました。期待に違わず映像も素晴らしく、充分に楽しめる内容です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 本作品はハインリヒ・ハラーの著書「チベットの7年」がもとになっている。ハラーはドイツ隊の一員として、ヒマラヤの魔の山・ナンガパルバットに遠征した。そして下山したところをイギリス軍につかまる。ちょうど第二次大戦がおきたときだったからである。
 映画は、ハラーが収容所を脱出してチベットにのがれ、中国がチベットを侵略するまでを描いている。この映画はプロパガンダが目的ではないだろうが、チベットで何が起きたか、あらためて世界に知らしめた。欧米ではチベット侵略の実情は、本作品ではじめて明らかになったというわけではなく、当初からよく知れわたっているという。
 ハラーはオーストリアの人で、あのアイガー北壁をはじめて完登した一流の登山家であり、ダライ・ラマの勉強相手をつとめたという数奇な体験の持ち主である。前半にものたりないところもあるけれど、ダライ・ラマの少年やラサの光景など、美しい場面も多く、やはり必見の映画ではないだろうか。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
チベットやダライ・ラマの描写や中国への批判などを、過剰に描くことなく、主人公の経験を中立的に描いていることに好感が持てました。
この映画のテーマは多くあるのではないでしょうか。主人公の人間的な成長、ダライ・ラマとの心温まる交流、チベット文化の紹介、激動の時代(2次大戦~中国チベット侵攻)の描写、と。
監督は、主人公の貴重な経験を過剰に脚色せずに描くことで、上記のようなテーマが自然に表現されるという考えで、この映画を作成したのではないでしょうか。
チベット文化に触れる機会はあまりないので、そういう意味でも貴重な映画だと思います。とてもいい映画です。
星4つにした理由は、これまで観た映画の中で最高クラスのものではないという意味だけで、この映画に対する批判はありません。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
舞台はチベット。
タイミングとしては、中国がチベットを侵略し
武力制圧して自国領土に併合するその期間の映画だ。
主人公の目を通して中国のチベット侵略を描いているのだが
日本のマスコミがほとんど報道してこなかった事実だけにショッキングな映像だ。
ちなみに中国政府は独立運動を武力弾圧しており
これまでに100万人ものチベット人が殺されているという。
チベットというとなにか異次元の世界の話に思えるかもしれないが
併合された彼らにとってはたまらない事実だ。
そういう事実があるって事をとりあえずは確認してみてほしい。
もちろん、この映画だけで判断するのは間違いなんだけど
それでも何かを知ろうとする取っ掛かりとしては悪くないだろうし。
映画としてのつくりも良!くできており、ぜひ見てもらいたい作品だ。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
人の出会い.別れ.再開 の中で味わう 苦楽.悲哀.杞憂 タイトルは地味な感じですが出演者がそれぞれいぶし銀の役柄にて巧く噛合った映画に感じます。オルゴールの音に目を輝かせる幼少の頃のダライラマは印象的です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
最近どんどん耄碌してきて、これはてっきりベルトリッチの映画ではないか、それにしては劇伴音楽がないなあと思って見物していたのだが、別の監督の作品だった。

しかしもう少し眺めていたいヒマラヤ山脈の絶景をわずか数秒でカットしてしまう贅沢さはなかなかの思い切りで、おそらく莫大な製作費がかかったことだろう。

原作はかのアイガーを初登頂したオーストリアの登山家らしい。国の威信を賭けて争うオリンピックやw杯のごとき登山映画かと思って眺めていたら、後半は彼が若きダライ・ラマの付き人となって、さながら父親のような役割を果たす思いがけない展開となる。

そして最後は「悪辣非道な中華帝国」が、平和な小国チベットを蹂躙する、という血なまぐさい国際政治の世界に突入するのであるが、原作者とダライ・ラマが現在もなお親しい友人であるというクレジットを読んで、どこかほっとした気持ちになるのは私だけではあるまい。

主人公のブラビの演技も、後半だんだん快調となり、彼が息子との絆を回復して共にヒマラヤの高峰を征服する場面はやはり感動的である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す