セトウツミ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

セトウツミ [DVD]

5つ星のうち 4.2 44件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,212
価格: ¥ 2,927 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,285 (31%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,927より 中古品の出品:5¥ 2,779より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオセトウツミ¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • セトウツミ [DVD]
  • +
  • セトウツミ 7 (少年チャンピオン・コミックス)
総額: ¥3,390
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 池松壮亮, 菅田将暉, 中条あやみ
  • 監督: 大森立嗣
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet
  • 発売日 2016/12/02
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01LMQH0OY
  • JAN: 4907953086326
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,894位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

関西の、とある河原。男子高校生2人が放課後に喋るだけ。
ウィットに富んだ台詞、絶妙な ユーモアと“間"のセンス。
シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作漫画「セトウツミ」がまさかの実写映画化!

「喋る」だけの青春。

『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。
クールな塾通いの内海役は池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役は菅田将暉。
これからの日本映画界を背負う実力派2人のダブル主演が実現した。
瀬戸と内海が通う高校のマドンナ樫村役には人気急上昇中の中条あやみ。
監督は『さよなら渓谷』でモスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞した大森立嗣。
脱力系コンビのバディムービー『まほろ駅前』シリーズを手掛けた確かな演出力を本作でも十分に発揮している。
最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“無駄話"。
・・・クスッと笑えて、何だか、しんみり胸を打つ。
新宿ピカデリー他で満席続出。劇場大ヒットを経てついに待望のパッケージ化が決定!

【ストーリー】
高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、内海が塾に行くまでの放課後を、いつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。
クールでインテリの内海と元サッカー部でお調子者の瀬戸。
真逆のような二人だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……
二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。
そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。
瀬戸が好きなのは樫村だが、樫村は内海が気になっており、内海はそんな樫村につれない素振り。
さらに瀬戸と内海の先輩であるヤンキーの鳴山(成田瑛基)やバルーンアーティスト(宇野祥平)、離婚問題に揺れる瀬戸の両親なども、二人の日常にちょっとした波風を立てていく。
まったりと流れる時間の中で移り行く季節。変わったもの、変わらないもの。
二人の未来は、そして樫村との三角関係の行方は……?

【キャスト】
池松壮亮、菅田将暉、中条あやみ

【映像特典】
予告編集(特報3本+予告編) 約9分

※商品仕様は予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「別冊少年チャンピオン」で連載中の此元和津也の人気コミックを、池松壮亮と菅田将暉主演で映画化した青春コメディ。正反対の性格をした高校生ふたりが、関西弁でシニカルな放課後トークを繰り広げる。監督は『さよなら渓谷』の大森立嗣。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2017/6/17
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
関西の高校生、瀬戸(菅田将暉)と内海(池松壮亮)の二人が河川敷の公園で
繰り広げる奇妙な会話を中心に物語は進められる。「第0話」から「第7話エピ
ローグ」まで二人が階段に腰掛け、まるで漫才のような会話を何度も繰り返す
のだが、そこには瀬戸のオカンや、番長のオヤジなんかも現れるのだ。さらに
瀬戸が憧れている樫村(中条あやみ)も通る。

瀬戸は大好きだった飼い猫が死んでしまったことでひどく落ち込んでいた。
それも自分の誕生日の日だったことも大きく影響していた。

内海はかなり暗くて、クールで頭のいい秀才タイプで、樫村のラブコールに
応えようとはせず(もったいないね!)、しかしながら、不思議と瀬戸とは気が
合うようだ。そんな三人の何とはない日常を描いた作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
大阪人にとって大阪弁がしっくりこない映画が多い中、完ぺきでした!
一部、箕面出身のせとくんがおぼつかない部分、うつみくんにも(出身はしりません)あったものの。
そういう事も大阪人にはあるので、そこも含めて大阪弁の映画としてのイラつきポインは全くありませんでした。
ぼそぼそと、突っ込んだり、突っ込み期待せずボケたり。
満々の気分でボケてみて、突っ込み欲しがったり。。
本当に大阪の人の日常だと思います。
大阪に根付く会話のあるあるです。

ストーリーはそういうあるある満載で、とくに猫にごめんなさい。のシーンでは大声あげて笑ってしまいました。
ゆるくて、ゆるくて、
でもきっと毎日はこんな感じで過ぎていく事を押し付けがましくなく、教訓でもなく、でも人生の日々の中ですごく大切な時間。
せとくんとうつみくんに見せてもらえた映画でした。
原作があるのはレビューでみて初めて知りました。
是非見てみたいのと、この映画の続編が出るのであれば見たいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
まず、オープニングの音楽が良い 初めに笑ってしまった!
( 逆の意見もあるようなので、ごめんなさい )
でも、使用楽器を考えても、どこか流浪の民を思わせ
合っているようにも感じる 流浪というほどじゃないが
主人公二人も行き場がなく、川端の石段で一時を過ごす
単なる会話コントだし、二人は寄る辺がないワケじゃないが
卒業後への不安定感で、微妙に流離っているのかなと
ともあれ……主演お二人も合っているし
制作者の意図?……と、私の感覚は合っていたのかな
欲をいえば、もう少し声を拾ってくれてたら……と思う
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ウツミ役がちょっとイメージ違ったとか、バルーンさん役はチャドマレーンみたいなガッツリ外人なのに喋るとコテコテの関西弁の人が良かったとかキャストについては色々思うところがある。
合間の音楽も邪魔だったりと、そこら辺は邦画あるあるみたいなとこがあるからもう仕方がないのかもしれないが、空気感とのズレは否めないところだった。
しかし昨今の原作レイプ映画とは違い、原作を大事にしてそれを大幅に変えたり脚色し過ぎずに丁寧に作っている感じにはすごく好感が持てた。
特にセト役もすごくうまいし、全体を通して邦画にありがちな変な押し付けがましさやわざとらしいうすら寒さのような違和感を感じることなく最初から最後まで楽しく観られた。
正直、映画じゃなくてドラマで良かったんじゃないかなと思わなくもないけど、面白かったからいいです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
主人公の高校生二人が河川敷で暇つぶしの会話をするというお話です。美女もちょいちょい登場して、いいアクセントになっています。
基本、河川敷での会話です。背景を固定して役者の演技力だけで構成する映画は沢山見たことがありますが、途中で「俺の演技を見ろ!」みたいな程度の悪い舞台を見ているようで大体飽きてしまいます。役者さんの自己満足を見ている気分になるのだと思います。ですが、この映画はちょっと違います。基本、力の抜けた演技。大阪独特の掛け合いがあるので、にやにやしながらずっと見ていられます。ただ、泣けるほどの感動、青春活劇、哲学的なもの、、とかはありません。ユニークです。
イケメンが好きな方にもおすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す