セッション コレクターズ・エディション [Blu-... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 山田の丸々屋
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: スリーブケース・帯・ブックレット・ディスクの販売となります。『非常に良い』状態となります。中古品となるため、細かな傷などがございますが、コンディションは非常に良好です。ご注文後、キチンと梱包をして迅速に発送をさせていただきます。※【同時注文は3件まで】対応可能となります。4件以上のご注文の場合、送料の関係上お取引をキャンセルさせて頂きます。ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,000
通常配送無料 詳細
発売元: メディアドックF
カートに入れる
¥ 5,100
通常配送無料 詳細
発売元: comcom堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 82件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,184 (23%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 4,000より 中古品の出品:6¥ 3,489より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でセッション(吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]
  • +
  • セッション [国内盤HQCD仕様]
総額: ¥6,356
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マイルズ・テラー, J・K・シモンズ
  • 監督: デイミアン・チャゼル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ギャガ
  • 発売日 2015/10/21
  • 時間: 107 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 82件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B012FUDRDE
  • EAN: 4589921401586
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 725位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

アカデミー賞® 3冠の傑作!
[才能]VS[狂気] この衝撃に、息をのむ。


【特典映像】
・ショートフィルム(18分)
・未公開シーン(1分)
・タイムキーパーズ(42分)
・監督&J・K・シモンズインタビュー(約15分)
・トロント国際映画祭舞台挨拶(約7分)
・予告編集(3分)

【キャスト】
マイルズ・テラー
J・K・シモンズ
メリッサ・ブノワ

【スタッフ】
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
製作総指揮:ジェイソン・ライトマン
製作:ジェイソン・ブラム
撮影:シャロン・メール
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

【ストーリー】
名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。
だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。
浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。
恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。


※特典映像、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題となった音楽青春ドラマ。名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。ブックレットを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2015/10/20
形式: Blu-ray
本作品の粗筋は既に他のレビュアー諸氏が書かれておられるので、筆者は「別のこと」を書く。

本作品の冒頭で、主人公ニーマン(マイルズ・テラー)が彼の父親と、映画館で一緒にレーズン入りのポップコーンをつまみながら視聴している映画が、
「男の争い(あらそい)」(1955年)というフランス映画(原題:DU RIFIFI CHEZ LES HOMMES)であり、米国では「RIFIFI」名義となっている。

「RIFIFI」とは、フランスのギャングが使う隠語で、「出入り」、「喧嘩」、「闘い」という意味を持っており、
また、邦題の「争い」を字引で引くと、「相手を屈服させようとして闘うこと」とハッキリ書いてある。
つまり、
「これから、ギャング同士の争いが始まるんですよ、覚悟はいいですか?」
と、御丁寧にも念を押してくれているのである。
勿論、ギャングとは、ニーマンとフレッチャー(J.K.シモンズ)のふたりを指しており、
その他の登場人物は、ニーマンの父親にしても、ニーマンの初めて出来た女友達にしても、バンドのメンバーにしても、「書割」程度の存在意義しかないのだ。

ニーマンが一時演奏から離れ、手持ち無沙汰にしている描写が、
演奏の魔性を知ってしまったニーマン
...続きを読む ›
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
開始から1時間30分は辛い、とても辛い
つまらないのではない、主人公が精神的に追いつめられるのを観てるのが辛い
鬼教師が単純な悪人か、逆にスパルタの末にやりきったら抱きしめてくれるような人物か、どちらか分からない(結局どっちでもなかった)から余計につらい
主人公以外は心理状況をつかめるキャラがほぼ居ないので観客は嫌でも自分が追いつめられているような気持ちになる
だからこそラスト10分の主人公の怒涛のプレイは思わずドラムに合わせて手を動かしてしまうほど興奮した
でもあれは主人公がフレッチャーに打ち勝ったというより、主人公がフレッチャーと同じ狂気の世界に入ってしまったように思えた
ラスト間際のフレッチャーの表情は勝ち誇るでも無く、負けを認めるでも無く「こいつは俺と同じ世界の人間になった」という確信に近いものだったからだ
隙間から除く父親の表情も息子が怪物になってしまったことの恐怖みたいなものが現れてたように感じた
私はジャズが好きですが”音楽が好き”なら観て損は無い作品だと思います
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
(ネタバレ有)
おそらく近い未来には2014年を代表する1作として、
記録される映画であることは間違いない。

主人公のアンドリューはアメリカ最高の音楽学校であるシャッファー音楽学校で
偉大なドラマーになるという夢を抱いている青年。
ある日学校内で最高の指揮者であるフレッチャーに認められ、最高峰である
彼のスタジオバンドに選ばれることとなる。
しかし、フレッチャーのバンド内での激しい指導、人格否定を超えて、
彼は狂気にとりつかれたようにドラム練習に没頭するようになり・・・

まずこの作品が面白いと多くの観客に絶賛されたポイントは3つあると考える。
1つとして、
スポ魂的な展開で主人公および周りの奏者を追い込んでいく展開があげられるだろう。
単純に奏者のランクがフレッチャーの鬼基準のもとで上下する。
それがまるでこの映画では世界のすべてであるかのように、錯覚してしまうくらいスリリングで面白い。

アンドリューは第1奏者というランクにこだわり続けるあまり、ある悲劇的な展開に
巻き込まれていく。そういった点を含め、フレッチャーバンド内でのランク争いが面白い。

第2のポイントは、J・K・シモ
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Special Review トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/2
形式: Blu-ray
孤高な人は、優秀な人間を動かし、最高を築く。ラストシーンの駆け引きから思ったことです。

私としてはこの作品は、エンターテインメントという耳障りの良い言葉よりも、
もっと重いドキュメンタリーに近く思う。

音楽業界には一般社会では考えられないような変人がいるのは事実で、
そのような変人が自分が認めない人に嫌味ともハラスメントともとれる発言をする事は、実際にある話と聞く。
この物語では、アメリカ最高の音楽学校の頂点のクラスを持つフレッチャーがその存在であり、
几帳面と潔癖の狭間に生きる、孤高な音楽家といった感じが滲み出ている。

そんな癖の強いフレッチャーに、純粋で優秀な学生ニーマン(担当はドラム)が洗礼を受ける。
ただただ不条理とも思える、凡人では心が挫けるであろう難解な課題を、
若さ(体力)と楽器演奏への想い(精神力)でなんとか越えようとする姿は、
こういった人間が本当に実在するのではないかと錯覚を覚える程リアルに映る。

彼は色々あり、退学処分を受け、学校から離れる。

その後色々あり、コンサートにてフレッチャーの元で演奏をする事になる。
するとニーマンはそのラストシーンで神がかった演奏をする。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック