この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

セックスの発明―性差の観念史と解剖学のアポリア 単行本 – 1998/4/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 23,541 ¥ 8,639
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

女性は男性の未完成版とされた性差観が大転換し、2つの性差が絶対化されたのは18世紀だった。ジェンダーだけではなく、セックスも文化や時代を反映する様相を明かす。

【目次】
第1章 言語と身体―一八世紀の性差観の大転換
第2章 定めは身体組織に―ガレノス以来のワンセックス・モデル
第3章 新しい科学、一つの身体―クリトリスの発見
第4章 性の表現―メタファーの伝統
第5章 二つのセックスの発見―絶対的な性差の誕生
第6章 社会化された性―身体をめぐる権力闘争

内容(「BOOK」データベースより)

古代ギリシャ以来、女性は男性の裏返しとして、ワンセックスモデルで語られていた。ルネサンス・科学革命期を迎え、ペニスの相同器官としてクリトリスが発見されても、このワンセックスモデルは生き延びた。大転換が起こったのは、「自由・平等・友愛」が叫ばれていた十八世紀以降のこと。二つの「セックス」は絶対的なものとされ、攻める男と待つ女の役割モデルが固定されていった。女性の性感をめぐるフロイトのクリトリス性愛からヴァギナ性愛への成熟説は、この傾向の真打ちともいうべき学説だった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 389ページ
  • 出版社: 工作舎 (1998/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4875022948
  • ISBN-13: 978-4875022947
  • 発売日: 1998/4/1
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 944,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう