中古品:
¥1,372
+ ¥450 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古商品となりますため、通常使用による若干の使用感はありますが、 良好なコンディションです。丁寧な検品を心がけていますが、書籍の場合は書き込みがある場合もあります。帯や付属品等は基本ついておりません。在庫状況によりキャンセルとなる可能性があります。返品は30日間いないのみ対応。◆サイズによりレターパックプラスにて発送◆◆簡易クリーニング済。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか?

セクレタリー スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち4.3 711個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 1枚組 ¥554 ¥553
DVD 1枚組 ¥1,133 ¥1,142
DVD 1枚組 ¥1,778 ¥656
DVD 通常版
¥2,200 ¥1,507
DVD 1枚組 ¥2,901 ¥1,329
DVD 1枚組 ¥7,838 ¥2,156
DVD スペシャルエディション
¥1,372
¥18,961 ¥1,372
お届け日: 10月5日 - 10日 詳細を見る
最大5,000ポイント還元

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 1.66:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 言語: : 英語, 日本語
  • 梱包サイズ : 18.03 x 13.76 x 1.48 cm; 83.16 g
  • EAN : 4947127529273
  • 監督 : スティーブン・シャインバーグ
  • メディア形式 : 色, ドルビー
  • 時間 : 1 時間 51 分
  • 発売日 : 2004/3/25
  • 出演 : マギー・ギレンホール, ジェームズ・スペイダー, ジェレミー・デイヴィス, レスリー・アン・ウォーレン
  • 字幕: : 日本語
  • 言語 : 日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo), 英語 (Dolby Digital 2.0 Stereo)
  • 販売元 : ハピネット・ピクチャーズ
  • Producers : スティーブン・シャインバーグ
  • ASIN : B00009XLL1
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 711個の評価

商品の説明

内容紹介


【特典映像】
●メイキング映像
●マギー・ギレンホール&ジェームズ・スペイダーインタビュー
● TVスポット集
●日本版予告篇
●キャスト&スタッフプロフィール
●フォトギャラリー

《製作・監督》 スティーブン・シャインバーグ
《出演》 マギー・ギレンホール、ジェームズ・スペイダー、ジェレミー・デイヴィス、レスリー・アン・ウォーレン、ステファン・マクハティ

Amazonレビュー

   愛にはいろいろなかたちがある。趣味嗜好が少数派の場合は、多数派から“変態”扱いされることもあるが、この映画は、キワモノになりそうなギリギリのところで踏ん張って、“純愛”に成り得た一作である。
   主人公は自傷癖のある25歳のリー。恋愛も仕事も経験したことのない彼女が、社会復帰のために秘書(セクレタリー)の仕事に応募する。そこで、上司であるエドワードから強要される過激な主従関係に、いつしかリーは歓びを覚え…。
   リーを演じるマギー・ギレンホールは、表情を極力抑えることによって、役の持つピュアな部分を強調。対するエドワード役のジェームズ・スペイダーは、欲望をさらけ出す相手を見つけた興奮で、イッちゃってる目が印象深い。ミミズの入った封筒など気味の悪い描写や、お尻を叩かれる罰といった思わず笑いを誘う行為の一方で、デビッド・リンチを思わせる室内美術、ピエール&ジルの絵を思わせる幻想的なシーンもあり、アート系の体裁も保っている。そんなバランス感覚が、極端な愛のドラマにも共感を呼び起こしやすくしているのだろう。(斉藤博昭)

続きを見る