中古品
¥ 153
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

セクサロイド 1 (朝日コミック文庫 ま 30-5) 文庫 – 2010/1/8

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2010/1/8
¥ 153

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2010/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022690151
  • ISBN-13: 978-4022690159
  • 発売日: 2010/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 608,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
人類の作った最高のアンドロイド、ユキ。彼女は、人間のできることはなんでもできる。もちろん、愛の交わりも。ユキは、同じ日本のG局に勤めるシマと愛し合っている。しかし、世界中から、日本とG局、そしてユキを狙うHなやつがたくさん来て、さあ大変!SFあり、笑いあり、セクシーシーンあり、悲しみあり、初期の松本先生の傑作です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はるのあめ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/7/6
形式: 文庫
 小学生当時、親に隠れて無茶苦茶ドキドキしながら読んだのがコレ。今の氏の漫画しか知らないと「!?」となるでしょうが、或る意味それ以前から続いていたシリーズにSFのテイストを加えたエポックメイキングな作品。

 セクシャルで超絶美女で人以上に情け深いアンドロイドのユキ。過酷なうえに非情なG局員の筈なのにヘマをしてばかりで涙脆い、なのに美味しい所をかっさらう事も有るシマ。
 この二人を主軸に毎回色んな美女や人外が絡んで、後の『ワダチ』にも通じる地球脱出計画や地球割って真っ二つ半分こ計画、たしかそれぞれカミヨとかヤヨイとか壮大なストーリーを背景に、なのにヤル事と言えばナニをソレしてコウしてアレがナニでzbom, ahaaaaa...というとてもとても素敵すぎるお話でした。

 当時の主流から考えるとエロを差っ引いてもかなり冒険的な内容であり、それでいながら、或いはだからこそ根底は氏の漫画として変わらぬものがあると思います。
 オズマ隊の様に空へ憧れ、聖凡人や四畳半の様に日常を愛し、ガンフロンティアの様に冒険を求めながらイエローと蔑まれる悔しさを忘れず、いつかやってやるぞと涙を呑み込み、そしてついに宇宙を駆け巡った。
 これこそ松本零士氏ではないのでしょうか。勝手な思い込みかもしれませんが。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もう40年前位の漫画なんですけどね。斬新でスケール感のあるスパイアクションを基軸プロットに、微妙に脱力系の主人公、あえて「見せない美学」を貫く演出でセクシーさを際立たせるセンスの良い描写などなど、現代でも立派に通用する(エロい)名作です。松本零士の当時まだ発展途上の絵柄は、却ってグラフィック的な可愛らしさもあり、ヒロイン・ユキの性格もこれまた可愛くてよろしい。物語における不意打ちのような残酷さ、非情さを隠し味に、どこか切ない風味があるのも、現代の「萌え」優先のコミックにはない感覚。あと、昔の松本零士の作品って、ヒロインの貞操を守るのにあんまりこだわってないというか…Hなピンチに遭うユキが、時々これ「アウト」だったのでは? というような思わせ振りな描写があるのもまた一興。今なら深夜アニメでもなんとかなるレベルかも(いや無理か(^^;)
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
007調の諜報機関(?)G局員の主人公とそのサポートがナニしながらナニしているのかさっぱりわからない物語。

松本零士という人は若い頃、ナニの事しか考えてなかったんだろうかと思ってしまう。
それはガンフロンティアを見てもそう言える。物語とほぼ関係ない中にナニの話ばかりが出ていて、
これは18禁の方が良いのではないか?と思えてしまう。
1000円の床屋さんで小さな子供が手にとって読んでいたのだけど、この表紙からして親はなんとも思わなかったのか・・・
私ならば子供には絶対読ませないレベル。
大人でもまっとうな大人には薦められない。自分がこういう物を好む人間だと誤解されてしまうから(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック