中古品の出品:4¥ 15,800より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アドバンスド大戦略 4

プラットフォーム : Windows
5つ星のうち 3.0 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 15,800より

【タイムセール予告】
7/28、29の2日間限定、「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン オンラインコード版」が30%OFF。 商品を今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: CD-ROM
  • 商品の数量: 1

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

  • 第二次世界大戦の欧州戦線における独軍の興亡を描いた戦術級シミュレーションゲーム

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows98/Me/2000/Xp
  • CPU: Pentium II 300MHz以上
  • メモリ: 64MB以上
  • HDD: 1GB以上の空き容量
  • メディア: CD-ROM
  • CD-ROM:4倍速以上 モニタ:640×480、HighColor(16bit)以上 ビデオカード:VRAM 16MB以上のもの サウンドカード:DirectSoundに対応のもの 他DirectX 9.0aが必要 ※3D戦闘画面を表示する場合、Pentium 3 800MHz以上のCPU、128MB以上のメモリ、8倍速以上のCDドライブ、1024×768、HighColor(16bit)以上のモニタ、VRAM 32MB以上、Direct3Dに対応したビデオカードが必要

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0000AKC40
  • 発売日: 2003/8/21
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 11,027位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

第二次世界大戦の欧州戦線における独軍の興亡を描いた戦術級シミュレーションゲーム。プレイヤーは独軍の最高指導者となり軍事を一括管理し、軍団作成/兵器開発/工場投資を行いながら自国の戦力を拡大し、欧州全土の拠点を制圧することを目指す。勝利条件によってストーリーが様々に分岐するシステムを搭載し、隣接する地域への侵攻が最大8箇所まで可能なほか、戦闘では、一瞬で戦闘を終了できる「簡易戦闘」、各ユニットを操作する「通常戦闘」の選択が可能。また、「軍団」は軍団軍事費/規模/属性/構成部隊指揮する将軍を任意に設定し、制圧拠点の状況に応じて調整などを行ったり、軍事費を軍の作成だけでなく、兵器開発や工場の投資に振り分けることを行っていく。天候要素では霧/砂嵐/雲などを用意して航空ユニットの地上への攻撃も可能。

Amazonより

   第ニ次世界大戦の欧州戦線を舞台に、ドイツ帝国の興亡をシミュレートする「アドバンスド大戦略」シリーズの最新作。プレイヤーは独軍を率いる最高指導者となり、兵器開発や工場投資などを行いながら欧州全土制圧を目指す。

   前バージョンでは史実に基づいたシナリオが用意されていたため、侵攻先は制限されており、勝利条件によって分岐するといった程度の自由度しかなかった。本タイトルでは戦闘結果や史実に関わらず任意の隣接地域へ侵攻できるようになり、さらに軍団の配置も、軍事費や規模、部隊構成、率いる将軍などを含めて一から自由に設定できるようになった。状況によっては同時期に複数方面で戦いが展開することもあるので、作成した軍団をコンピュータが操る将軍に任せ、戦いを通じて育てていくことが大事になってくる。

   また、将軍の個性や階級によって軍団の「色」が変わるため、どの将軍を選ぶかという点もゲームを巧く進めるうえでの重要なポイントだ。本タイトルに登場する兵器は、実戦に投入されなかった幻の兵器なども含めて2000種類以上が用意されており、工場や兵器開発へ投資することで大量の兵器を短期間で生産したり、高性能の新兵器を史実よりも早く開発するということも可能になっている。

   このほかにも、航空ユニットの地上攻撃が制限される「雲」が追加されるなど、随所に新機能を搭載。これまで以上にリアルで戦略性の高いゲームに仕上がっている。(秋月昭彦)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ワールドアドバンスド、AD2001とやってきて、3年ほど前に購入。2001が最高におもしろかったのですごく期待して…したものの今だにヤル気がおこらずお蔵入りしてしまった悲しいゲーム。何回やっても途中で飽きてしまう…。軍団編成、侵攻ルート選定、兵器開発、たくさんの将軍たち、色々と斬新なアイデアはすごく高く評価できるのですが…いかんせんゲームバランスが悪すぎ。とにかくこのシリーズ初心者には余りに難易度も敷居も高過ぎてオススメできない。うかうかして軍団配置を間違えるとるといきなりポーランド軍がベルリン侵攻!?ポーランド騎馬軍団と帝都攻防戦!同時にチェコがポーランドに降伏 緒戦からわらわら出てくる敵対空機関砲にスツーカも出番なし。電撃戦なんて全く不可能。1940年早々には北欧・オランダ征服時点でなんとフランス軍がドイツへ大攻勢、マチルダ機甲師団?と激戦 イギリスも地中海を抑えあっという間にローマ失陥!イタリー寝返ってドイツ南部でイギリス・イタリア侵攻軍と大攻防線!バルカン諸国の一斉寝返り!ドイツに宣戦&征服地へ侵攻!北海周辺では大英帝国艦隊の猛攻!貧弱なドイツ駆逐艦・潜水艦隊で戦いつつ機関銃小隊を敵港湾へ強行上陸!拿捕しても拿捕しても幾らでも出てくる巡洋戦艦レパルス、なんでこんなに生産できるの…そのうち自軍団があっという間に金欠。。もうこんな好戦的な連合軍、めちゃめちゃ過ぎてゲームにならん...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
長所ですが侵攻ルートを選べたり会戦前にタンクや歩兵の種類を自由に組み合わせられます。指揮官もかなりの数がいて以前と比べ自由度が高いのかもしれません。短所ですがやはりフランスなどが防衛線に師団を早期に配置しないと、ドイツよりも先にガンガン攻め込んでくるので、当初から野心旺盛なナチスドイツが防戦一方になってしまうなど歴史に忠実ではありません。また、ポーランド侵攻当時からのみスタートなのでシナリオ選択の自由がありませんでした。あとはひとつの会戦のクリアに非常に時間がかかります、ルートや都市の重要度によっては投入できる師団の数を減らしたりマップを小さくするなどの配慮があればメリハリがあってもっとよかったと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
急ぎ開発した兵器を生産ラインにのせるわけだが、在庫にあっても配備できないシステムに?
新兵器の設計図は消費期限一ヶ月のナマモノか?
MD版から進化しているように思えないAIの馬鹿っぷりに?
雑魚ユニットが邪魔でいつまでも都市が占領・爆撃できなかったりするのに?
フランス・ポーランドが好戦国家よろしくドイツに侵攻してくるのにも?
戦術と戦略の融合(若しくは、シリーズ伝統の戦術に多少の味付け)をしたかったらしいが、中途半端なできになってる。
戦術ゲームを楽しみたいのならCloseCombatやCombatMissionを、戦略ゲームがしたいのならHearts of Ironを購入したほうが良いと思う。
個人的には4000円ほどの価値もないと感じた。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
既存のシリーズと大きくシステム面が変更されており、その変更点に大きく戸惑うことだろう。
変更点は慣れるまではひたすらに難解。だがそれを乗り越えれば俄然面白くなる。どの兵器をいつ開発して、その兵器をどの工場でどのくらい生産しどの軍団にどれだけの兵器を配備するのか。自分の戦略そして戦況に応じ考え決定していくか…。
自らの戦略でWW2を戦っていくのは純粋に楽しい。
WW2欧州戦線ファンなら一度は考える「あの時、ああしておけばドイツは勝っていた」を実現できるのだ。グデーリアン、デーニッツ、ロンメル、カンフーバーら名だたる猛将、名将(迷将も…)と共に激戦を制し、欧州を席巻せよ!!
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 今までのAD大戦略から見ると極めて斬新なシステムを導入し、自分で攻め込める地域を選択したり、開発を進めたい兵器を選べたり出来るので非常に楽しめる要素があった。

 この戦略的な要素は最大限評価したいところである。

 だが、残念ながら、戦闘場面になると、あまりに煩雑というか時間がかかりすぎる傾向が強い。

 もう少し、戦闘場面をライトな感じにしておけば、とっつきやすかったように思う。

 あいにく、次回作は、前のような戦術級のレベルに退化してしまったので、その次の作では、再度、戦略的な要素を盛り込んでもらいたいと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告