中古品
¥ 1,433
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

セカンドブレイン―腸にも脳がある! 単行本 – 2000/3

5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 10,142 ¥ 3,551
単行本, 2000/3
¥ 1,425
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

頭にある脳が身体すべてを支配するという考え方に大転換を迫るのは、「第二の脳」とも言うべき独立独歩の腸神経系の発見であった。「医学の常識」を覆して腸神経系が認められるまでのドラマと、腸神経系のメカニズムを解説。

内容(「MARC」データベースより)

脳からの指令なくして腸が仕事を果たすのは、腸に「第二の脳」があるからだ! 胃腸が痛むのは、腸が起こす「神経症」のせいかも…。ユーモアあふれる語り口で胃腸のしくみを解き明かし、今後の治療の可能性を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093561710
  • ISBN-13: 978-4093561716
  • 発売日: 2000/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 400,977位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 荒野の狼 トップ500レビュアー 投稿日 2007/11/26
形式: 単行本 Amazonで購入
原著は大著ですが、この本はそれを3分の一ほどに短縮した抄訳です。抄訳と断っていないため、原文と比較しないと、抄訳と気がつかないかもしれません。数節がところどころ省かれているにも、かかわらず文章はとおっています。概要を知りたい人にはいいかもしれません。全訳の出版が待たれます。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happyfun120 VINE メンバー 投稿日 2008/5/19
形式: 単行本
 脳と心、身体、健康そして意識や思考などに興味を
持っている人にはとても参考になる内容を紹介してく
れる1冊です。

 腸神経系という専門的な内容(その歴史、構造、実験
など)を出来るだけ分かり易く、ユーモアを交えて書かれ
てはいるのですが、それでもやはり専門的な内容が少し
多いために少し読み辛いと感じられるかもしれません。

 私達が感じる快や幸福が、脳だけではなく、内臓を
はじめとする器官に多く依存していることを再確認出来
るとてもよいきっかけになるはずです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告