セイジ -陸の魚- DVD がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

セイジ -陸の魚- DVD

5つ星のうち 3.2 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,609 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,467 (29%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,609より 中古品の出品:9¥ 492より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • セイジ -陸の魚- DVD
  • +
  • カクト [DVD]
総額: ¥6,289
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西島秀俊, 森山未來, 裕木奈江, 新井浩文, 渋川清彦
  • 監督: 伊勢谷友介
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/08/15
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0087V7O30
  • EAN: 4988013168367
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 68,617位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

破滅と救いが世界を変えていく。

◆伊勢谷友介、待望の監督第2作!
俳優としても大活躍の伊勢谷友介が「カクト」以来8年ぶりにメガフォンをとった監督第2作にして衝撃作!
不器用にしか生きられない男たちの他者との関わりを描く、伊勢谷監督渾身の魂の慟哭の物語。
◆原作は“編集者が泣ける本"オールタイムベスト10に選ばれた辻内智貴のベストセラー小説「セイジ」!!
◆主演は日本映画界を牽引する西島秀俊&若手人気実力派・森山未來!
日本映画界を牽引し続けている西島秀俊と、若手実力派・森山未來のダブル主演。他に新井浩文、渋川清彦、滝藤賢一ら一癖ある顔ぶれが揃い、
またヒロインには、久しぶりの邦画復帰になる裕木奈江、更には映画界屈指の名優・津川雅彦も出演。
◆第24回東京国際映画祭特別招待作品

[内容解説]
僕は20年前のあの夏へ帰っていく。セイジと出会ったあの夏へ。

まだバブルの熱気が残っていた時代。学生最後の夏休みを迎えた「僕」(森山未來)は、適当に就職先を決めて、一人自転車旅行に出かけた。
見知らぬ街をいくつも越えた時、衝突事故を起こして旧道沿いに立つドライブイン・HOUSE475に辿り着く。
普段は寡黙だが心を捉える言葉を持つ店主のセイジ(西島秀俊)と、夜な夜な集まる個性的な常連客たちに何故か強く惹かれた「僕」は、
いつのまにか住み込みで働くようになる。見知らぬ場所の、自分とは全く別の人生をおくる人々との毎日は刺激的で楽しく、「僕」は居場所を見つけたような気分になるのだが・・。
セイジのことがもっと知りたくなった「僕」は、密かに彼の周辺を探り始めた矢先、平和な日常を一瞬で吹き飛ばしてしまう惨殺な事件が起こる。

[特典] ※特典がなくなり次第、通常仕様となります
◆初回生産版仕様:スペシャル・アウターケース付
◆初回生産版封入特典:特製フォトカード3枚セット

◆特典映像(50分以上を予定)
・メイキング&インタビュー (西島秀俊、森山未來、裕木奈江 他)
・スペシャル対談(西島秀俊×森山未來)
・劇中曲 RAT「My Friend」スペシャル・ミュージックビデオ
・完成披露試写会
・劇場予告編

【キャスト】
西島秀俊
森山未來
裕木奈江
新井浩文
渋川清彦
滝藤賢一
二階堂智
津川雅彦

【スタッフ】
監督:伊勢谷友介
原作:「セイジ」辻内智貴(筑摩書房/光文社文庫)
脚本:龜石太夏匡・伊勢谷友介・石田基紀
製作総指揮:木下直哉
エグゼクティブプロデューサー:西尾武信
プロデューサー:龜石太夏匡・武部由実子・石田基紀
音楽:渋谷慶一郎

企画・製作:キノフィルムズ
配給:ギャガ+キノフィルムズ

[発売元]キノフィルムズ

(C)2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

伊勢谷友介が『カクト』以来8年ぶりにメガホンを取った監督第2作。まだバブルの熱気が残っていた時代。学生最後の夏休みを迎え、ひとり自転車旅行に出掛けた「僕」は旧道沿いのドライブイン・HOUSE475にたどり着き…。西島秀俊と森山未來が共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yasu 投稿日 2012/11/5
形式: DVD
辻内智貴の「セイジ」の主人公のセイジとこの映画のセイジとでは
余りにその凄みの違いがある。それは決して西島秀俊の演技の如何ではない。
西島秀俊の演技は素晴らしい。文句がない。
が、なぜセイジの過去を作り上げてしまったのか?なぜ、それを映像的に見せる必要があったのか?
その過去を考えるときセイジの在り方は決して特異なものとはならないだろう。
小説の中のセイジの凄みは一切の過去が読者に見えず、その時点でのセイジでしかないからだ。
映画のセイジのような過去があれば、セイジのような在り方はある意味「普通」になってしまう
のではないのか?
伊勢谷監督の意図がもうひとつ読めなかった。西島秀俊を初め役者陣の演技が素晴らしいだけに
非常に残念。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 原作が好きだ。辻内智貴は好きな作家で、何故好きかって言ったら、そりゃいい作品をいくつも書いているのだけれど、この「セイジ」を書く作家だから、僕は特にこの人が好きなんだと思う。そのくらいに思い入れのある作品。

 で、映画は・・・、頑張っているけどね。
 小説の力が強過ぎて、それと戦うには、変なエピソードも入れるしかなかったんだろうけど。でも、臭すぎるほどの言葉であふれるこの小説を、映像にするには、どうしても、もっとセイジに語らせなきゃいけなかった。105分では無理だった。

 これを映画化したいと思った伊勢谷友介には、映画人としての心意気は感じる。でも、もっと正面から、「セツナサ」に向き合って行かないと、この作品は、成立しなかったんだろうなと思う。その勇気を、この映画は持ち切れなかった。そこが残念だと思う。
 そして、それをちゃんと描いたら、この映画は、もっと重苦しくなって、興行的にはもっと苦しくなったのかもしれないけれど。
 でも、きっと多分、伊勢谷友介が撮りたかった映画には成れたんじゃないかと思う。
 キャスティングは、よく出来ているし。

 僕には、大いに物足りなかった。そして、改めて原作を読み返してみた。そして、やっぱりこの小説はすげえや、と思った。だから、もっと全力で作っ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
映画が終わった時には、一瞬深い "謎" に包まれていた。
例えると、身内しか知らない出来事を外から覗いてみたが、
話の核心には全く近づけなかった、ということになる。

"陸の魚" が海に戻って "神様" になったという悲しい事実
が最後に姿を現わし、やっと全体の意味がつながった。
ところが、そこに至った途端、今度は自分自身の "20年"
を照らし出すことになってしまった。

不思議な雰囲気の映画で、言い尽くせない素晴らしい魅力
をもつ作品であると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
作品としての完成度はさておき、
西島秀俊と森山未來の二人の演技、
そして伊勢谷友介の監督としてのセンスを垣間見ることができる作品。

ある田舎のひなびたバーに集まる人々の何気ない日常とその悲しみが、
乾いた映像と静かな音楽で淡々と描かれていきます。

西島秀俊(=壮烈な原体験を持ちながら寡黙に振舞う男)と、
森山未來(=好奇心旺な青春の終わりに客観的な視点で状況をみつめる青年)。

目や佇まいで強い演技をできる二人がただ部屋にいる、
というだけで日常に収まり切らない微妙な感情の機微や、
ザワザワした不安が伝わってきます。

後半、ある凄惨な事件をきっかけにみんなの日常が微妙な変化を見せます。
その微妙な変化を静かな演出で見せることに成功している伊勢谷友介の
演出・映像センスに脱帽です。

西島、森山の演技を堪能したいファン、
伊勢谷の監督としての才を味わいたい方におすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
私は原作を読んでいませんが、好きな邦画です。西島さんが好きで映画館で一回鑑賞しました。やはりテーマが重く難しく話しの内容もわからないことがありました。あらかじめあらすじなどを把握していましたので、車にひかれていた猪を解体している場面などは、なるほど・・とは思いましたが、何も予備知識がない人が観たらわからないと思います。わかりづらいのです。時間も交差するのも混乱してしまいますね。
あらためて、購入したDVDを鑑賞しましたが、見直して観てそういうことかと納得しました。
原作がある作品ですので、解釈のところで伊勢谷監督が伝えたかったもの、映像と違うと感じる方もいるでしょうね。
でも何回も観るといい作品だなぁと思います。映像の素晴らしさ、俳優さんたちの力量の厚さ。西島さんの存在感・森山くんの目いいですね。西島さん・森山くんの共演なんて嬉しくなります。新井さんのアクセントがまたいい。もちろん津川さんも味です。キャスティングが素晴らしい。もっと映画の評価は高くていいのになと思いますが、好き嫌いあると思いますので残念です。スクリーンで観たい邦画です。
DVDなどで何回も観るのもいいと思いますよ。特典映像もよかったです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック