中古品の出品:2¥ 9,310より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エンパイア: トータル ウォー 日本語版

プラットフォーム : Windows
5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • 製品概要:18世紀のアメリカ大陸、ヨーロッパからインドを舞台とした、ターン制の戦略マップと、RTSのバトルが融合した本格的SLG!
中古品の出品:2¥ 9,310より

Amazonランキング 売れ筋ゲーム
Amazon.co.jpの売れ筋ランキングでゲームのベストセラーをチェック。ランキングは1時間ごとに更新されます。 今すぐチェック


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1


製品概要・仕様

  • 製品概要:18世紀のアメリカ大陸、ヨーロッパからインドを舞台とした、ターン制の戦略マップと、RTSのバトルが融合した本格的SLG!

動作環境:

  • CPU:Pentium4-2.4G以上
  • 対応OS:WindowsXP/Vista
  • メモリ:WindowsXP:1GB以上/Vista:2GB以上
  • メデイア:DVD
  • その他:[ネットワーク]インターネット環境

登録情報

  • ASIN: B002ZNKTEC
  • 発売日: 2009/12/25
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 7,489位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

大ヒットシミュレーションゲーム「トータルウォー」シリーズ最新作。18世紀のアメリカ大陸、ヨーロッパ、インドを舞台に、各拠点をつなぐ航路の覇権を争い世界制覇を目指す、ターン制の戦略マップと、3Dリアルタイムストラテジーのバトルが融合した本格的シミュレーションゲームです。アメリカ独立までを描いたシングルキャンペーン、イングランド、フランス、オーストリア、オランダ、スペインなどの勢力から選んで覇者を目指すグランドキャンペーン、純粋に陸上戦や海戦バトルを楽しむバトルキャンペーン、そして白熱のマルチプレイが楽しめます。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
Windows7の64bit版にOSを入れ替えまして、メモリーを16GBにしましたら、まったく落ちなくなりました。
メモリーは8GBでも問題ないようです。グラボはラデオン5770以上で問題ないですが、今(2011年1月時点)の値段だと5870を付けるべきだと思います。

ゲーム内容、画像等すべて最高です。
しかしパソコン内にオフィス2007がインストールされてる場合、それが原因?で特に戦闘画面中に落ちる(再起動)する現象が発生するときがあります。40%ぐらいの確立で発生していましたので、負け戦のときはなんとも気にならないwのですが、寡兵でうまいぐあいに勝ち戦に持ち込めそうな場面で落ちてしますと、しばらく放心状態になります。
サポートに確認したところ、英語版のときから3件ほど同じ問い合わせがあったようですが、まったく原因不明との回答でした。
最初、OSが7なのでそれを疑い、使っていなかったHDDにVistaを入れて試してみましたが、やはり同じ症状がありました。
そこで元箱にある注意書きにあるオフィスソフトを疑いまして2003に入れ替えたところ症状がなくなりました。

ゲーム内容ではないレビューでしたが、参考になればと思います。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
RTS作品で有名なトータルウォーシリーズの近代版です。 

やっぱりグラフィックが凄い。前作のメディーバル2トータルウォーに負けない程キレイで毎度ビックリさせられます。

今作では新たに海戦が加わり、よりやりがいのある作品になってます。さながらネルソン提督の気分を味わえます。
今までになかった分、古参プレイヤーの方も慣れるまで大変。でも、上手く自軍を指揮できた時の爽快感と言うのか、嬉しさはたまりません!

さらにキャンペーンでは政治的要素がUPして奥が深くなっています。たとえば、今作では新たに政府の体制という要素が加わりました。「絶対君主制」、「立憲君主制」そして「共和制」の三つがあり、それぞれに長所があり、気に入らなければ革命を起こして体制を変えることも可能…と、選択の幅が増えています。

未経験者用に「アメリカ独立」時代が背景のチュートリアル的なモードが存在するのも〇。
念願のアメリカ独立を自らの手で達成したときは、ちょっと嬉しいですね。
(肝心のグランドキャンペーンで合衆国を選択できないのはちょっと残念ですが。)

世界中の名将と戦えるマルチプレイも健在。ですが、時間も経っているのでプレイヤーは減っているでしょうね。
ブログやwiki等で
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
トータルウォーシリーズは戦闘を楽しむゲームではナンバーワンですね。グラフィックがきれいで、銃声、砲声、馬のいななき、人の叫び声と”どアップ”にしていると戦場の臨場感があってたまりません。

また、戦闘を楽しむなら18世紀という時代は面白いです。第二次大戦ものは兵器が強力すぎますし、中世ものでは人数が勝敗を決定的に分けますが、この時代は、騎兵、歩兵、砲兵を効果的に組み合わせて闘う指揮する面白みがあり、それでいて比較的単純なので大軍でも目が行き届きます。☆4つなのはよくダウンする(Steamサーバーや通信が原因と思われますが)からですが、それ以外は文句がありません。

メディーバルのときよりもAIも進化しているように思いますので、相手に不足はありません。メディーバルのときは、弓や大砲で整列している敵を少しずつ削ってから、側面や背後から騎馬隊を突撃させて混乱させ、歩兵の白兵戦で(数で)決めるというのが簡単にできました。大砲や弓で撃たれていてもじっとおとなしくやられていてくれたからです。エンパイアーでは、敵の騎馬は常に銃撃後のタイミングでの歩兵への突撃や背後からの砲兵への突撃を狙っていますし、歩兵もよく動いて撹乱してきます。海戦では帆をねらって足をとめ、砲の届かない角度から砲撃してきます。なかなかやります。

技術研究で射撃技術を
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告