通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ズッコケ中年三人組 単行本 – 2005/12

5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ズッコケ中年三人組
  • +
  • ズッコケ中年三人組age41
  • +
  • ズッコケ中年三人組age42
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あのズッコケ三人組も28年を経て、不惑の歳を迎えた。さて、ハチベエ、ハカセ、モーちゃんの人生は―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

那須/正幹
1942年、広島に生まれる。島根農科大学林学科卒業後、文筆生活にはいる。主な作品に、1978年発表の『それいけズッコケ三人組』をはじめとする「ズッコケ三人組」シリーズ(巖谷小波賞)、『さぎ師たちの空』(路傍の石文学賞)、「お江戸の百太郎」シリーズ(日本児童文学者協会賞)、『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』(野間児童文芸賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2005/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591090876
  • ISBN-13: 978-4591090879
  • 発売日: 2005/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 139,136位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
懐かしさのあまり手にとりました。そうか〜、みんなおじさんになっちゃったけど・・・やっていること(人生3人で戦っていくのだ!)は小さい頃と変わってないね〜って思っちゃいました。

やっぱりハカセは「先生タイプ」って思ったけれど、そうですか、やっぱり今の子供相手は難しいですか。ハチベエはかなり意外でした。こらー野山で獲物を追いかける(無人島ではまさに野生児でしたね!)あなたが何故今度は○○のおしりを追いかけているんだー!

それにしても、世相を自然に作品に反映していく那須さん、本当に頭が下がります!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/2/17
形式: 単行本
あのズッコケ三人組もとうとう40歳に。

ズッコケ三人組シリーズを全巻読破していなくても
勿論楽しめますが、とりあえず“怪盗Xシリーズ”と
「うわさのズッコケ株式会社」を未読の人は、
それらを先に読んでからの方が、楽しめることでしょう。

カバー裏には過去の作品の表紙があり、楽しませてくれます。
表紙の雲のイラストも意味深ですね。

また、内表紙に描かれたおなじみの地図や教室の風景。
こういった絵を見るだけで、懐かしさに胸が躍ります。
昔、ズッコケ三人組シリーズをよく読んでいた人たちに、
是非読んでいただきたい一冊です。
若かりし頃の思い出がよみがえりますよ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以前の作品を全く読んだことがない人には、ちょっとお薦めできない。

逆に、あなたがズッコケ三人組シリーズの愛読者であったならば、星5つでもいい。

そういう意味での星4つ。

誰もが気になるのは、三人組の歳の取りかたについてだろう。

それは冒頭の数ページを読めば分かるのだが、彼らも時代の影響をもろに受けている。その姿にちょっと切なくもなる。

三人組がそれぞれに「大人の悩み」に苦しめられる姿は、共感を覚える人も多いんじゃないだろうか(特に社会人ならなおさら)。

ストーリー自体はシリーズ全体のパターンを"あえて"踏襲し、三人組がある事件に巻き込まれ、それに対して協力して立ち向かうというもの。

シリーズの愛読者なら、その内容に対して、まさか荒唐無稽とは言いますまい。

それから、時代設定はもちろん現代なのだが、「2006年の夏」と微妙にずらしているのが心憎い。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学校の時、教科書よりもぶ厚い本を初めて読んだのがこのシリーズ。書店で見かけて思わず手に取ってしまいました。

自分よりもちっちゃかったハチベエ達といつのまにか同い年になり、そしていつのまにやら、小学生なんて忘れてしまった年齢になってしまった私。

本の中の彼らと一緒に山賊になったり、生徒会に立候補したり株式会社を接続したり、はたまた大怪盗と対決!!

忘れられないくらい楽しくって興奮しっぱなしだった。

そんな彼らも遂に40歳。

大人になったハチベエ、ハカセ、モーちゃんが毎日の生活に悩みながらも、あることをキッカケに再度終結して難事件に取り組んでいく。

これまでのシリーズとはチョット違う、なんだか読んでて寂しいやら切ないやら、それでもズッコケ・ワールドは健在。

笑わしてくれます、泣かしてくれます!!

ズッコケ世代の方、是非、どうぞ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Saradin 投稿日 2009/1/26
形式: 単行本 Amazonで購入
「子供のときあんなに楽しかったのに今は・・・」
「小学生のときあんなに輝いていたあの子がいまや・・・」
「昔はよかった・・・」

そんな人周りにもきっといるでしょう。もしかするとあなたがそうかもしれません。

そういうリアルで至極現実的なのがズッコケ中年シリーズです。
ある意味では子供のとき輝いていて大人になってもその輝きを失っていないことのほうが非現実的なのかもしれません。

ハチベエ、ハカセ、モーちゃん。
3人で昔さまざまな事件に巻き込まれてたくさん良い経験をしていたのに今では3人とも
社会的には成功しているとは言い難い、むしろそれぞれが問題を抱えている弱い立場にいます。

逆にかつてのクラスメイトが子供のころなりたかったものにそのままなれていたり、
イメージそのままの妥当な未来像になってたりするのがこの3人と対比的な存在です。

私としては3人が3人とも社会的に大成功した夢通りの未来よりもこういう現実的な未来のほうが
そこからこの3人がどうやって何をやっていくのだろうか、という読む気にさせられる設定だなと思います。

小学生のころ3人組にあこがれて現在は社会的に成功している・・という方より
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー