中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スーパーIT高校生"Tehu"と考える 創造力のつくり方 単行本 – 2013/3/9

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Google元名誉会長と話題の高校生アプリ開発者、半世紀もの年の隔たりのある二人がこれからのIT、ビジネス、教育、英語など、熱い議論を交わす! 次世代を担う人全員必読の衝撃の書。

内容(「BOOK」データベースより)

中学時代につくったiOSアプリがダウンロード数世界第3位。グーグル元名誉会長と話題のIT灘高生。祖父と孫ほど年の離れた2人が、IT、ビジネス、教育、英語に議論を交わす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013/3/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041104300
  • ISBN-13: 978-4041104309
  • 発売日: 2013/3/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 476,869位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 冨山 愛 投稿日 2014/4/21
形式: 単行本 Amazonで購入
想像していた内容と違いました。
残念ですが、私はあまり面白くなかった。。。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この両者の組み合わせは非常に新鮮に感じました。
しかしながら、本書の内容は全く新鮮ではなく、山のようにある類書と同じような内容でした。
どこかで聞いたことのあるような内容の繰り返しでした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一番感動したのはTehu君の自分で考える力、そして、その力故の彼の発言だ。念仏のようにハーバード、MIT、スタンフォードと唱える村上氏の創造力に欠けるアドバイスに屈する事なく、自分で考えて日本の大学に行くと言い切るTehu君に感動を覚えた。彼は、「人の笑顔を見るのが大好き」、「人を楽しませることを将来の最終目標にしたい」という。あんなに若いのにTehu君は真の人間の幸福が何であるのかを既に魂で感じ取っているようだ。これも彼が自分で考えるからこそだと思う。彼には相対的ではない、彼だけの絶対的な価値観がある。一方で「人を笑顔にしたいというのは何故?」と尋ねてしまう村上氏には言いようのない限界を感じた。「家の娘はハーバード、息子は麻生」を彼がうんざりするほど繰り返すのも、彼の価値観がおおむね相対的であるからかもしれない。

「創造力のつくり方」というタイトルに惹かれてこの本を購入しが、 創造力のつくり方のヒントを得たと言うよりは、創造力が日本で育たない理由(日本のシステムに関する不満)とアメリカのエリート教育機関礼賛を聞かされた、が、読後の印象だ。
創造力とは、例えば本書で語られているような、日本語と英語ではどっちがイイ悪いという二極的な考え方を超えて、相反するものから相補でユニークな価値を創り出すつながりを見極めることであると言える。英語の重要性には全面的
...続きを読む ›
1 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
66歳の村上さんと、17歳のTehuさんの対談をベースにした、大変示唆に富む良い本です。
第二章の対談はコンピュータに疎い人はちょっと読み解きにくいですが、まったく世代が異なるのにも関わらず
村上さんの豊富な知識に負けないTehuさんのAbnormalっぷりが堪能できます。
おすすめは第四章の「日本とアメリカのエリート教育の違い」 と、 第六章の「なぜ今英語が必要なのか」のふたつの対談。
「世の中が必要としている力は何か?」という視点で考えた時、あぶり出される日本の教育の弱さを
強烈に突いており、思わず唸ります。
是非読んでほしいのが、大学生(就活生は特に)、ICT教育に興味が有る方、教育関係者、あと、
「今の若いものは…」とか「ゆとり世代が…」といった若い世代に否定的な考えを持っている人たち。
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告