Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,079
ポイント : 328pt (30%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[平野友朗]のスーパー・ラーニング 誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方・送り方
Kindle App Ad

スーパー・ラーニング 誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方・送り方 Kindle版

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,079

紙の本の長さ: 213ページ

商品の説明

内容紹介

メールは、便利な反面、誤解を生みやすいツールでもあります。

特に、ビジネスシーンのメールには独特のルールやマナーがあり、
その決まり事を知らないと、大きなトラブルに発展する可能性も。

● 『Re:』のまま返信したら失礼なの?
● 相手との距離を縮めるための工夫とは?
● 返事を催促するとき、カドが立たない書き方って?

……など、日頃の疑問が氷解するメール本の決定版!

メール力をメキメキ上達させて、仕事を楽しく片づけましょう。

■目次
●第1章 これだけは知っておきたい! メールの基本ルール&マナー
●第2章 疑問・悩みを一発解決! メールの書き方Q&A
●第3章 こんなときはどう書く?  シチュエーション別NGメールとOKメール
●第4章 どう対処すればいい? ビジネスメールのトラブル解決法
●第5章 これをマスターして一歩先へ! 超効率的ビジネスメールのテクニック

■著者 平野友朗(ひらの・ともあき)

内容(「BOOK」データベースより)

「Re:」をつけて送るのは失礼?相手との距離を縮めるための必殺フレーズとは?クレームに対応するにはどんなメールを書けばいい?返事を催促するとき、カドが立たない書き方って?メールに関するあなたの疑問をズバッと解決!本書で基本ルールと応用テクニックを身につければ、あなたもメールの達人に。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11686 KB
  • 紙の本の長さ: 213 ページ
  • 出版社: あさ出版 (2016/8/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01JADEBBG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,371位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
正直、今さらビジネスメールのマニュアル?一昔前のネットが普及していない時代なら分かるけどって思いながら読んだのですが…。

メールで済まされない御礼状などを書く時は、マナー本を確認しながらだから同じようなものなのかな?確かに作中にも、絵文字や顔文字OKですかなんて項目に挙げなきゃないのか?って真っ青になるようなのやら、得意先からなかなか返事が来ない時の対策もあったり。

バカにしながら読み始めたけど、手書き礼状と同じで友達に送るメールと上司に報告するメール全然違うから、こういったマナー本は読んで今一度、自分のビジネスメールが非常識ではなかったか再確認する機会になかったかなって思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 中村 剛 投稿日 2013/12/23
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
とても良かったと思います。次回も新作が出たら、手に入れたいと考えております。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
読みやすい文章で書かれており、1日もかからず読み進める事ができました。
メールに関する基本から(to・cc・bccの違いなど)から
素朴な疑問をQandA方式で解説するページ、
メールを利用したビジネスに使えるコネタ・・・などが書かれており
ビジネスメール初心者の自分には、とても面白い内容でした。

また、著者である平野氏が実際に受け取ったメールのやりとりにまつわる
コラムもなかなか楽しめます。

これから仕事でメールを利用していくという人、
メールをする頻度が高くなっていく学生さんには
ぜひ読んでもらいたいと思う一冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
自分のチームの若手教育のために購入しました。私のチームでは、顧客側の事情もあり得意顧客との日々の業務連絡はすべてメール。業務上、こちらで進めた仕事についての報告メールもありますし、また、顧客に何かアクションをお願いするメールも多いです。

何かを顧客にアクションをお願いしなければならないときには、メールを受け取った方に気持ちよく動いていただけるかどうかによって、結果的にこちら側も全体工数も著しく影響を受けます。

気持ちよくアクションを起こしていただくためにも、単なる要求なお願いにとどまらないメールの書き方の工夫が必要だと思いますが、なかなかそういうことを教える機会と教材がなく、悩んでいたところに出会ったのがこの本です。

非常に実践的な内容が書かれていて、若手が自分で勉強するにはわかりやすく書いてあると思います。ただ、本来であれば小手先のテクニックではなくて本質的に「なぜこういう書き方をしないと相手によって気持ちよく動ける状況にならないか」を学んで欲しいのが本音。こうした本質的な部分については、本だけに頼らずやはり直接話して聞かせることが必要だと改めて感じました。

本によって若手の意識を変えるきっかけをもらえたのは確かです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
書き方、送り方も勉強になるけど
添付書類のつけ方とか、基本操作も書いてあるとよかったな~と
思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ビジネスメールの重要性を理解されている人は
増えているのかもしれませんが
ビジネスメールのルール、マナーの重要性を理解されている人は
まだまだ少ないのかもしれません。

著者の平野さんはビジネスメール講師としても活躍され、
ビジネスメールをテーマとした著作もこの本で3冊目。

この本は、主に新人に指導していくストーリーに載せ
ビジネスメールのキモが様々なパターンの具体例と共に
わかりやすく解説されています。

また、メールソフト(Outlook Express)の設定も
画像と共に手順が説明されているので
迷うことなく設定ができると思います。

ビジネスメールの第一人者のテクニックを学ぶ本として
初心者にも、ある程度ビジネスメールを使いこなしている人にも
おすすめです。

しかも単にテクニックだけでなく
ビジネスを進める上での「心(ココロ)」の
大切さも説いているので
この内容をマスターすれば
無機質な文字のやり取りではない
心のこもったメールのやり取りができる
ビジネスパーソンへと成長できるのでしょう。
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover