中古品の出品:6¥ 16,400より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スーパーロボット レッドバロン DVD-BOX

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 16,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 特撮(映像), 岡田洋介, 木下哲夫, 保積ペペ, 牧れい
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 8
  • 販売元: ショウゲート
  • 発売日 2006/02/10
  • 時間: 960 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000CFWQIW
  • JAN: 4988102215132
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 194,821位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   70年代ヒーロー・アクション作品中、ひときわ異彩を放つロボット・アクション・シリーズ。万国ロボット博に出品されたロボットたちが悪の組織・鉄面党によって開発者ともども奪われ、人類に牙をむく。紅健一郎博士は、拉致される直前にスーパーロボット・レッドバロンを実弟の紅健に託して死を選ぶ。健は科学秘密捜査隊SSIの一員として、レッドバロンを操り鉄面党に挑む。
   真紅のロボット・レッドバロンと、鉄面党のロボットとの対決が見せ場だが、グラスファイバーでボディを形成したレッドバロンの巨大感がよく表現されており、ロボット同士の対決は、いかにも鉄の塊同士がぶつかりあう重量感満点の出来。好評のため後にシリーズ第二弾「スーパーロボット・マッハバロン」も製作された。
   出演者の中では、SSIの紅一点・真理隊員に扮した牧れいがミニスカート姿で繰り広げたアクションにより、当時の男子視聴者を大いに魅了。未だその美脚が脳裏に焼き付いている輩も少なくないことを確信。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

1973年7月から放映されたロボット特撮の金字塔「スーパーロボット レッドバロン」のDVD-BOX。“レッドバロン”に乗り悪の組織と戦う科学捜査官を描く。岡田洋介、木下哲夫ほか出演。全39話を収録した8枚組DVD。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

過去のロボット作品(特撮、アニメに関わらず)には
最近の作品にはない「ロボットの見せ方」へのコダワリに
溢れている作品がいくつかあります。

レッドバロンもその1つで、
皆さんが仰るようなグラスファイバー製ボディで金属感を出すのもそうですが、
私は何よりも「コクピット内のディテール」が気に入っております。

レッドバロンのコクピットは、まるで戦闘機のように
壁のアチコチに所狭しとスイッチ類などがビッシリ配されております。
最近の戦隊ヒーローモノ等に出てくるロボットのコクピットは
操縦桿もオモチャとして売り出すことがあったり、
予算の関係もあるのでしょうか?、
そういう面にはあまりコダワリがなく凄く寂しいです。

ドラマの内容も比較的シリアスな展開が多く、
最近の戦隊ヒーローモノとは、また違う楽しみが出来るため、
今見ても新鮮に感じる部分もあると思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
因みに、同じ頃に放送されていたロボットアニメの金字塔マジンガーZも
アニメで金属的な質感を出すためのカラーリングや
劇場化された際の大スクリーンを活かした演出など、
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「フジテレビ10周年記念作品」と説明されている方がいますが、日本テレビで放送されていました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
特撮ヒーローものと言えばウルトラマンだった時代に敢然と登場したロボット、という強烈なインパクト。とくに、ロボットならばガチャッガチャッとかいった音を立てそうなところなのに「ポヨンポヨン」という摩訶不思議な響きの足音が、敵ロボット(と言っても元は地球の各国が英知を結集して作り上げたものだけれど)と好対照で面白かった。

グラスファイバー製だというあの金属然とした真っ赤なボディーも目新しかったし、主人公が直接ロボットの体内に乗り込んで「操縦する」という発想も、当時としては斬新だったものだろう(余談だが、この設定が、直後に公開されたアニメ「マジンガーZ」や「ゲッターロボ」などにおいしく持ってかれた、というのが定説らしい)。

さらに持ってきて、ミサイル発射の際にロボットの体内をミサイル弾頭がグイグイッとセッティングされていくシーンなど、メカ好きにはたまらない演出も魅力だった。

だけど・・・本作品を評するなら、紅一点・松原真理を演じた牧れい氏の、あのミニスカ・パンチラのアクションにトキメイちゃった、という一言がなければ絶対ウソだ、と思うのは小生だけだろうか? 現代の作品でこんなことをやったら、たちまち女性蔑視のセクハラの、となってしまうのだろうが。そういう意味では古き良き時代だったのか。

でも・・・皆さん、ホンネはそうでしょ?
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
数年前に発売されて以来、中古でも高価で買えなかった「レッドバロン」が、装いを新たに再販されて、うれしい限りです。

アニメが主流だった当事に、特撮で巨大ロボット物をやった意欲作です。

「フジテレビ10周年記念作品」として製作されました。

レッドバロンの格納庫からの発進シーンや、「バロンパンチ」の文字を押しのけて飛んでくるバロンパンチ、

発射口までミサイルが装てんされるバロンミサイル等、かなり凝って作られたところが魅力です。

また、敵ロボットも「万国ロボット博覧会」から強奪した各国のロボットを改造したので、製作国独特のデザインが面白かったです。

辮髪が電磁鞭でラーメン模様を施した中国ロボット「豪龍」、スフィンクスがモデルのエジプトロボット「スフィンクサー」など、敵ロボットも魅力いっぱいでした。

しかし、後半の「宇宙鉄面党」編に入る頃、スポンサーであるレンタルクーラー会社が倒産した為、残念ながら終了せざるをえなくなってしまいました。

(それでもちゃんと完結しているので、決して後味が悪いようにはなっていませんが。)

そして放送終了半年後、シリーズ第2弾の「マッハバロン」が放映されます。

現在の戦隊シリーズに登場する巨大ロボットの原点が、ここにあると言っても過言ではない傑作です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告