通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 松栄(shouei)
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、小口に多少の使用感があります。本文は書き込みもなく良好な状態です。【Amazonによる保管・管理・発送を行っておりますので、安心・迅速な対応はもちろん、代引きやお急ぎ便などの発送オプションも利用可能です】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える (NHK出版新書) 新書 – 2016/2/9

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 478

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スーパーヒューマン誕生!  人間はSFを超える (NHK出版新書)
  • +
  • 科学は、どこまで進化しているか(祥伝社新書)
  • +
  • AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
総額: ¥2,613
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人類はついにSFの想像力を超えた!

拡張する身体、サイボーグ化する人間、分身ロボット……未来は希望か、絶望か。人間の身体観が更新するとき、はじめて情報化社会は完成するだろう。「人間拡張工学」の最前線で研究する著者が、SF作品に登場する設定やシーンを切り口に、「スーパーヒューマン」の登場を鮮やかに描き出す!

出版社からのコメント

拡張する身体、サイボーグ化する人間、分身ロボット――
人間拡張工学の第一人者である東京大学の稲見昌彦先生が、
SF作品を例にしながら、人間の新たな可能性に迫るのが本書です。
本に登場する作品をご紹介しましょう(※順不同)。

【漫画・アニメ・小説】
『攻殻機動隊』『AKIRA』『電脳コイル』『サイコパス』『機動警察パトレイバー』『鉄腕アトム』『ドラえもん』『ジャンボーグA』『鉄人28号』『巨人の星』『サイボーグ009』『新世紀エヴァンゲリオン』『まるいち的風景』『パーマン』『コブラ』『三つ目がとおる』『バビル2世』『ゴルゴ13』『トリコ』『アンパンマン』『ワンピース』『寄生獣』『デモクラティア』『代理で月へ』『ウォルドウ』『変身』『透明人間』『R.U.R.』『夏への扉』『宇宙の戦士』『ブラック・ジャック』『ピーターパン』『オズの魔法使い』

【映画・TV】
『パシフィック・リム』『A.I.』『スター・ウォーズ』『サロゲート』『リアル・スティール』『エイリアン2』『ターミネーター2』『マイノリティ・リポート』『ジュラシックパーク』『ジュラシック・ワールド』『タイタニック』『アントマン』『マッドマックス』『2001年宇宙への旅』『メトロポリス』『第9地区』『スーパーマン』『スター・トレック』『ナイトライダー』『ファイヤーフォックス』『インビジブル』『ザ・フライ』『マトリックス』『トータル・リコール』『マルコヴィッチの穴』『転校生』『ウルトラマン』

「おいおい、『アンパンマン』のどこがSFなんだ! ?」
という皆さんからのツッコミはさておき、
このうち10個以上のSF作品を知っていらっしゃれば、
きっと本書の面白さを感じとっていただけるはずです。
SFを超える人間が持つ可能性にワクワクしていただけます。
20個以上ならば、ぜひ本書を読むべきです。
「そんな作品の見方があったか! 」と思っていただけるはずです。

出版社にいて本をつくるなかで、
これほど楽しく編集できた本はほかにありません。
本を手にとり目次だけでもご覧いただければ幸いです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: NHK出版 (2016/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140884800
  • ISBN-13: 978-4140884805
  • 発売日: 2016/2/9
  • 梱包サイズ: 17.3 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 177,460位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書は「人間拡張工学」について一般向けに書かれている最新にして唯一の本だ。

『人間拡張工学とは、機器や情報システムを用いて、人間が元々持っている運動機能や感覚を拡張することで工学的にスーパーマンを作り出すことだ』
とは序章に出てくる文だが、「工学的にスーパーマンを作り出す」という言葉にワクワクを感じずにいられない私としては、
本書に対して並々ならぬモチベーションを持って臨んだ。

「攻殻機動隊」「マトリックス」「AKIRA」「電脳コイル」「マイノリティーリポート」「ドラえもん」「スターウォーズ」「ワンピースの悪魔の実の能力」という空想の世界にどっぷり浸かり今も楽しんでいる人間として、現実がどこまで肉薄しているのかを知りたかったのだ。

結論から言うと、この期待は裏切られた。

もはや肉薄でなく、空想の世界が現実に起きていると実感したのだ。

筆者は私からすると信じられない知識量をお持ちで、「どこまでが身体なのか?」「現実世界はひとつなのか?」といった答えるのが難しい問いに対し非常に興味深い研究の成果を提示し、読者の「ええー、そんな実験あったの」「研究結果が面白すぎる」という知的欲求をフルコースで満たしてくる。

例えばこうだ。
『[
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/3/31
形式: 新書
人間拡張工学(Augmented Human)とその方向性について紹介した本である。著者はYouTubeにおいて背景に人間が溶け込んだような光学迷彩(Optical Camouflage)の動画で有名になった研究者。

技術革新がもたらす身体拡張機能の数々。人間の脚より早い義足。アクティブ電極。人工外骨格。パワードスーツ。スマートスーツ。ウェアラブルの先にあるアクティブ・ウェア。それだけではない。例えば、人間は人工的に伸びた腕でも自分の腕が伸びたような感覚を持つことができる。道具を使うことを無意識化できる。

脳信号を読み取るブレイン・マシン・インターフェース。しかし、そこまでしなくても、実はちょっとした動作の変化から信号を読み取り行動予測の信号として活かすことができる。「スピーチジャマー」の原理が示すもの。実は人間の身体の内側と外側の境界の感覚は意外にあいまいである。一方、人間の内側の機能であっても意識的にコントロールしているわけではない領域がある。人間拡張工学とは身体の内側と外側の両方にコントロール可能な領域を広げる学問だと定義することも可能だという。「人機一体」という表現も使われている。人間の能力を拡張して「自在化」する。面倒なことはAiに任せて「自動化」する。

現実世界と現実感は違うものであり、体感はコンピュータ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
もともと科学物は大好きでしたが,
今回は障害を持っている人の代替手段としてのテクノロジーがどこまで進んでいるのかに興味をもって読みました。

結論から言うと,想像を超える技術の革新と様々な科学・産業の領域からの進化が読め,とてもよかったです
また,内容もこれでもかというほど 様々なアニメ・漫画からの引用や実験・研究の紹介がされていて
読み物としても,とても楽しく一気に読んでしまいました
(若干,ここまでアニメ・漫画からの引用が無くても良かったのではとは思いました。実験に関する紹介は素晴らしかったです)

実験部や面白いところなどは,小学校高学年の子供も読め,とても興味を持っていました
なので,全編は難しくても親子で読む科学物としても良いのでは感じました

最近あった,パラリンピックに出ていた義足の選手のオリンピック出場についても,ニュースとは違った視点で書かれていますので,興味をお持ちの方はお勧めします
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
スーパーヒューマンというタイトルから想像していたとおり、義足や義手といった補綴と呼ばれる道具や近年に話題となっているパワースーツ、ヒト型ロボットの話から始まる。鉄腕アトムや鉄人28号、ドラえもんなど漫画やアニメで描かれた近未来の技術をヒントに数々の発明がなされてきたことは興味深いで、正直なところ、この話だけでは退屈であった。

しかしながら、後半に入ってくると、道具や機械がヒトの機能を拡張するという内容を超えて、ヒトの意識が及ぶ範囲が自らの身体に限られず、道具までも一体化することや、バーチャルリアリティの技術を応用して、そもそもヒトの意識が身体に制約されずに、さらには空間や時間の制約を超えて、存在しえるという内容に展開してくると、結構、読み応えがあった。

映画やアニメの世界で、空想だと思っていたことが、それをヒントに研究がすすめられ、実現化されると思うと感心する。しかし、本書でも紹介されていたが、アンパンマンが、自らの頭の部分を新しいものに交換して、パワーを取り戻すというのはさすがに実現は難しいと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー