スーパーサイズ・ミー [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■Amazon倉庫から配送 Amazonスタッフがキレイに梱包致します。★中古品は全商品簡易クリーニング後クリアパックに包装しております。■中古品■箱、ケースにすれ、キズ、若干のへこみがある、もしくはディスクに若干のキズがある商品です。■当店では基本的に下記の付属品はご用意してご提供しております■【CD】ケース、歌詞カード■【DVD】ケース、表紙■特典、付属品等は記載があるもの以外ございませんので予めご了承ください。■その他、ご不明点はメールにてご質問ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 9,889
通常配送無料 詳細
発売元: おつとめ屋 ★迅速発送・誠実対応★
カートに入れる
¥ 9,889
通常配送無料 詳細
発売元: GANAJI
カートに入れる
¥ 9,890
通常配送無料 詳細
発売元: R-STO
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スーパーサイズ・ミー [DVD]

5つ星のうち 3.8 119件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,889 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、大手家電メーカー提携店 上村電気本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 9,539より 中古品の出品:15¥ 1,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • スーパーサイズ・ミー [DVD]
  • +
  • あまくない砂糖の話 [DVD]
  • +
  • モンサントの不自然な食べもの [DVD]
総額: ¥16,249
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: モーガン・スパーロック
  • 監督: モーガン・スパーロック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2005/07/08
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 119件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00067HDY8
  • JAN: 4532640301606
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,145位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1か月間、すべての食事をマクドナルドのメニューで摂っていたら、体はどうなるのか? そんな疑問に、スパーロック監督が自らの肉体をもって体験し、答える超異色のドキュメンタリー。食べ始めて数日後の嫌悪感を通り過ぎると、やがて麻薬のように欲する“マック食”の中毒性が明らかになる。最初は実験を軽視していた医師や、スパーロックのベジタリアンの恋人も、彼のあまりの体調の悪化に、マック食を止めさせようとするのだが…。
   体重はもちろん、肝臓などの数値の変化は衝撃的だが、同じ食事を繰り返すことが精神にも悪影響を与えるという点が興味深い。さらに驚くのは、監督のマック食と並行して迫っていくアメリカ人の食生活。何かと「スーパーサイズ」を選ぶように仕組まれたファーストフードに対する警鐘だけでなく、各地の学校における給食の実態には、けっこうびっくり。マクドナルドや給食を出す会社など、企業への批判をこうして映画にして、ヒットさせてしまうというのもアメリカの特殊な社会性だろう。偏食の恐ろしさを目の当たりにしながらも、本作を観ていると、何となくマック食がおいしそうに見えてくる…。それも不思議。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画が一躍注目を集めたが、この作品もまた公開と同時に物議を巻き起こした。ファースト・フード王国、アメリカで監督自身が被験者として、食物と健康の調査に挑んだ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
マクドナルドを代表とする、巨大資本の食品企業が、
ファーストフードだけでなく、米国では学校の給食にまで入り込んでいます。

結局、国民の健康ではなく、企業の利益を優先する結果、
過剰なジャンクフードの普及に繋がっているのだ。

私も時々マクドナルドに行きますし、一切食べるなとは言いませんが、
子供を狙った販売戦略には正直、企業としての倫理感の欠如を感じます。

体を張った本作は賞賛に値します。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まず、この映画の追体験動画で、この映画程には酷い結果になってないと言っている方が居ますが、もう一度この映画中での条件を確認し直しては?
マックに限らず、他の安価な高脂肪食品(牛丼や立ち食い蕎麦も含む)をこの条件で食べ続ければ同じ結果になるでしょうが、それは運動を極力減らす事も含めて、設定条件の一つでしか無いんですよね。
確かに食べ過ぎの部分はありますが、メニューの制限を掛けていないし、肝心のスーパーサイズを食べたのが僅か8度(自発的に注文してなければ)でもこの結果と云うのを忘れてはいけません。
他に野菜を摂ったり、カロリーを抑えてマックで食事出来ればそりゃ逆に痩せる事も出来ますが(全メニューの制覇も条件だし)、この映画が真に問題にしてるのは、そうした知識を持っていない購買層と、それに気づかせないようにしている食品業界の戦略の方なんですね。
だって、どう言い繕ってもマックのメニュー内では低カロリーメニューに絞る以外の栄養バランスを補う方法が無いんだもの。
寧ろ、実験場所が日本では無くアメリカってのが問題なんですよね。
ファーストフードは危険→だが、それに対する危機意識も対処も出来ない世界の話って事を確認し直すべきです。
マックのメニューが特に悪い……と言うより、知らずに太らされてる社会こそが問題なのだと。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
迅速な購入と配信。 今回買った満足のいく商品。 私はその高品質が好きです。 みんな私はそれを買うことがとても幸運だと思っています。 私は今朝別の注文をしました。私はそれが前のものと同様になる可能性があることを願っています。 素晴らしい製品と顧客サービス。毎日この製品を使用して、非常に満足しています。非常に良い私はそれを愛のおかげでアマゾンチーム 非常に良い品質
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
モーガン・スパーロック(Morgan Spurlock)監督作品。
2004年公開作品。
出てくるPCとかがブラウン管になっていて時代を感じる。
電子機器の進化は本当に早い。

逆に食生活というものは簡単には変わっていかない。
本作品でスパーロック氏が指摘したマクドナルドをはじめとする
ファーストフードの危険性は殆ど変わっていないだろう。

スパーロックは当時33歳、身長188センチメートル、体重84キログラム、体脂肪率11%、
体格指数23.7(正常値はアメリカでは19~25である)と、健康体であった。
30日後、体重は11キロ増え、体脂肪率は18%になり、
体格指数も27(アメリカ基準では「標準以上」)、躁うつ、性欲減退、かなり深刻な肝臓の炎症を起こした

30日マクドナルドを食べ続けた事で以上のような変化が起こった。
マックのヘビーユーザーは大同小異だろう。
本作品が優れているのはマクドナルドを食べ続ける危険性を指摘するだけでなく
株主利益至上主義、子供たちへの食育が出来ていない米国の学校、
広告費漬けになっているメディアへの批判が述べられていることだ。

ブッシュ政権の時に進め
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
【ルール】
マクドナルドのメニューだけで(水も)、
1日3食(必ず)
30日間(1か月)
サイズは「スーパーサイズにしますか?」と聞かれると断れない
この食生活を続けるとどうなるか・・・

今回はマクドナルドが標的になってはいるが、ジャンクフード全体に警笛を鳴らした
結構真面目なお話

著者が実験体となりながら、体の(主に内蔵の)変化を専門家(医師)を交えながら解説する

時折、外食業界と政治との繋がりなど、社会風刺的な問題も交えており
マクドナルドがどうこうと言うより、社会の仕組みが、不の連鎖を作り出していることに一石を訴えている

タバコを吸い続ければ体に悪いことなど誰もが知っている
ジャンクフードが体に良いかと聞かれて「良い」と答える人もいないだろう
両者はまったく違うモノだが、共通していえるのは
「消費者に食べるか食べないか、選択する権利がある」ことだ

これを見た後に週4日行っていたマックを週2日にしたり
MサイズをLサイズにすることをやめる
など選択を増やしてほしいと思って作られた作品なのかもしれない

余談が2つある
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー