Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,800

¥ 144の割引 (7%)

ポイント : 639pt (35%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[アリアナ・ハフィントン]のスリープ・レボリューション
Kindle App Ad

スリープ・レボリューション Kindle版

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,082

商品の説明

内容紹介

私は、この睡眠という古くて不可欠で不思議な現象をあらゆる角度から検討したくて、また、狂ってしまった生活のバランスを取り戻すために睡眠をどう活用できるかを探りたくて、本書を書いた。後半の章では眠りに役立つツールやテクニックを紹介するが、そこまで読み進んだ頃には、認識を行動に移す必要があると確信してもらえると思う。
 最初の2章では、私たちの睡眠がいかに深刻な危機に陥っているかを見ていく。証拠は山ほどある。一般に必要とされる毎晩7~8時間の睡眠を取れていない人は米国人の4割を超えており、他の国でも同様の(あるいはさらに悪い)状況だ。このことは、さまざまな分野に影響を及ぼしている。
 第3章では睡眠の歴史をひもとく。産業革命によって、かつて、神聖なものに通じる唯一の門として畏敬の念で扱われていた睡眠は、進歩と生産性を追求する時流の犠牲になった。20世紀に入ると、労働運動の機運が高まり、睡眠もいくらか地位を取り戻した。その後、睡眠科学という新たな科学が誕生し、眠りが心身の健康のあらゆる面に深くかかわることがわかってきた。しかし一方で、20世紀末の技術進歩は、休みなく働き続けることも可能にした。それが今日の私たちの世界だ。
 続く章では科学研究に目を向け、睡眠中に私たちの体内で何が起きているのかを探る。結論から言えば、実にたくさんのことが起きている。睡眠中の脳は、休眠するどころか、あちこちが猛烈に活動している。それらの部位がする仕事(あるいは、睡眠不足のときになされない仕事)の影響は、きわめて大きい。

内容(「BOOK」データベースより)

睡眠不足のとき、脳は酒気帯びと同じ状態に陥り、判断力も生産性も大幅に低下する。それが続くと糖尿病や癌など病気のリスクも高まる。睡眠は、ほかのどんな方法にも勝る「究極の健康法」だ。睡眠を犠牲に何かしようとするのは、愚の骨頂といえる。まずは睡眠時間を確保し、質を高めることで、健康だけでなく生活も、仕事も、人間関係も、劇的に改善する。人生を豊かにする「睡眠革命」に今すぐ取りかかろう!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2550 KB
  • 出版社: 日経BP社 (2016/11/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N2NJLDW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55,493位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Jasper VINE メンバー 投稿日 2017/4/6
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者本人を含め、睡眠を疎かにして身体を壊した人の話が満載。
睡眠を改善しようというモチベーションが上がりました。
具体的な睡眠改善方法は、類書の方が、より具体的に書いていますが、睡眠を見直すきっかけになる、という意味では、本書で十分だと思います。
翻訳もこなれているし、文章もストレートで押し付けがましさもないので、読みやすいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は様々な科学者をインタビューして、眠りについての誤解を正し、睡眠の必然性について啓発していく。最先端の科学をもってしても睡眠の役割が完全に明らかになったわけではないので、知識が不充分だった時代の先人が睡眠を軽んじるのは仕方がない。眠る時間が無駄だと思う人こそ読んでほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 籔本恭明 投稿日 2017/7/19
形式: 単行本
睡眠の重要性を繰り返し説いています。これはよろしい。しかし、繰り返し繰り返し、働くことは苦役であると、訴えているのです。働く、仕事を通じて社会に貢献する、という発想が皆無です。著者のアリアナ-ハフィントンはギリシア人。働くことは、成功を求めることと理解されている節もあります。働くことの意味、社会に貢献することの意味、生き甲斐を否定的に捉える正にレボリューションです。
サブタイトルに革命という言葉が使われています。
革命は、天命革まる、つまり、国体を変えることです。この言葉を美化してはなりません。
革命という言葉を安易に使ってほしくありません。
本当に危険な本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
昨今、睡眠について様々な知見や噂が飛び交っています。

そんな中、かなりのボリューム感で科学的に証明されている”睡眠”の賢い取り方が随所に書かれている。

そして、アリアナ・ハフィントンさんが実際に睡眠を疎かにして睡眠障害などが起きた経験も書かれており、とてもリアルだ。

ネットなどに落ちている古いデータではなく、この一冊に書いてあることを頭に入れると現段階の睡眠知識は間違いなく身につくでしょう
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover