スリーアウトチェンジ がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

スリーアウトチェンジ

5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,882 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 264 (8%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の スーパーカー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • スリーアウトチェンジ
  • +
  • HIGHVISION
  • +
  • Futurama
総額: ¥8,267
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1998/4/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 78 分
  • ASIN: B00005G4UA
  • JAN: 4988010322625
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 46,177位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
2
30
4:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
3
30
3:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
4
30
3:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
5
30
3:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
6
30
u
u
3:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
7
30
5:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
8
30
4:14
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
9
30
333
333
2:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
10
30
2:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
11
30
3:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
12
30
2:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
13
30
2:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
14
30
3:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
15
30
5:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
16
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
17
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
18
30
3:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
19
30
12:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

NHK-FM『ミュージックスクエア』オープニング・テーマ「ラッキー」を含む、全19曲を収録したファースト・アルバム。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
スーパーカーの1枚目にして19曲も入ったフルアルバム。

荒削りだけど、溢れる才能。初期衝動だけでは鳴らせない音をまざまざと見せ付けられた。
90年代末、くるり、ナンバーガールと並び評されていた日本のロックの名盤です。
2007年の今でも若々しい輝きを放っていますね。

ノイズやゴリゴリした音質もこのアルバムの作品の一部です。
スピーカーから爽やかな風が吹き抜けますよ。

かなりボリュームのある一枚。
初めてスーパーカーに触れる方はこれを強くお勧めします。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
SUPERCARの1stアルバム。

当時膨大にある曲のストックの中からバンドが自信を持っている曲だけを選んで本作を
製作したとの事。
全体的な印象としてはディストーションギターを多用したギターロック色の強い作品だ
と思います。
そこに浮遊感のあるボーカルが乗ることで不思議なポップ感が生まれてます。
くるりやナンバーガールと同じ世代としてくくられることが多いですが、曲の持つ雰囲
気などは三者三様です。
本作に限って言うと、くるりとナンバーガールのちょうど中間くらいだと思います。

1stにして聴き応えのある名盤です。
ただ、ボーカルの好みによって好き嫌いがわかれるようなので、試聴してから購入され
る事をオススメします。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1曲目のcream sodaが流れてきた瞬間から彼等の魅力に取り付かれてしまった。何一つ特別な事はやっていないのに、最高にカッコイイ音楽を聴かせてくれるじゃないの!それもアルバム全曲を通して。
可能性に満ちた原石達が等身大のロックを青森から届けてくれたこのデビュー作は、日本のロックシーンの中でも重要な作品であることは間違いない。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今でも購入した時のことを鮮明に覚えている。それまで洋楽がしか聞かなかった僕は、初めて洋楽・邦楽というカテゴリーを越えて、良質な音楽という視点から音楽に接する機会・認識を得た。それがこのアルバムだった。
鮮明に耳に残るギターサウンド、普遍的なメロディとポップセンス。ジャケットの色のごとく、曲はどこまでも青く日常を紡ぎ出す。
アルバムが発売された1998年当時、日本は大不況のトンネルを抜け出せずにいた。そんな時代背景の下、青森からスーパーカー、福岡博多からナンバーガール、京都からくるり、東京の郊外から中村一義が頭角を現し、今日まで日本のミュージックシーンを大きく変えてきた。
音楽は時代から逃れられない。このアルバムは90年代のマスターピースであり、永遠に僕達の歌である。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
19歳の彼らが、19歳の若さの持つ勢いとパワーを無理せずそのまま注ぎ込んだからこそ完成した、唯一無二のデビュー・アルバム。

19曲も詰め込んだはち切れるようなこのCDでは、粘るギターの音、どこか切ないボーカルの声、すべてが圧倒的に心に残る。

スーパーカーはもう解散してしまったし、彼らのこの後の音楽性の変化について語っても仕方がない。

ただ、10代の彼らだからこそ作れた最高傑作であることは間違いなく、歴史に残る名盤だと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 昨日と今日はなんにも変わらない。僕たちはそんな毎日送っている。僕なんか明日こそは楽しい日だったらいいな、と毎日布団の中で期待している。だけど、楽しい日なんてあんまりない。ドラマのない僕らの毎日。
 大人たちはそんな僕らを「不幸だ」というけど、別にそんなことはなくて、僕らは結構これはこれで幸せなんだ。退屈な日々を悔やむでもなく、何とかしようと思うのでもなく、ただ「そんなもんだよ」と受け止めることができる世代。それが僕らの世代だと思う。そして、そんな僕らの気持ちをスーパーカーは歌っていた。
 そう、僕たちはちょっとした後悔を毎日抱えながら生きている。まだ間に合うような気もするけど、もう手遅れのような気もする。僕の夢はそれほど強い動機を与えてくれる夢じゃないんだ。そんなこんなで今日も何もない毎日。明日に少しの夢を見る毎日。
 スーパーカーに対する批判に「彼らは何も歌っていない」というものがあった。だけどだからこそ彼らは僕らの世代の象徴だった。そう、僕たちは何にも主張しない。ただ「夢」らしきものを追いかけながら、「才能」らしきものを見つけながら、何となく生きているだけだ。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す