中古品
¥ 980
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: クリックポストで発送♪(追跡番号付き・土日祝関係なく配達)【状態】 ⇒ 表紙は全て、女性スタッフにてアルコール消毒済み・ジャケットに目立つキズやヨゴレなく良い状態の商品ですが多少の使用感はあります。 【梱包方法】配送中の水濡れを防ぐために厳重に梱包(雨などが降っても問題ないようPP袋にて厳重に梱包)してあります。【安心の写真掲載】⇒ 購入者様には安心してお買い求め頂くために、商品写真を掲載しております。ご覧ください。【発送詳細】 ⇒ 注文が確定次第、プチプチで丁寧に包み、24時間以内にクリックポストにて発送させていただきます。追跡サービスがあるので確実にお客様の手元に商品が届きます。もし、商品の状態が説明と著しく異なる場合は、ご連絡いただければまごころを込めて丁寧に対応いたしますので、安心してご購入ください。他にも多数の商品ページがある中で、そして長文にも関わらず最後までご覧いただきありがとうございました。ご縁があることを願っております^^
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スリッパの法則 - プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方 単行本 – 2004/9/18

5つ星のうち 3.8 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 882
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「伝説のファンドマネジャー」と呼ばれる著者が、投資してもよい会社を選ぶときの「目利き術」を伝授。これ一冊で株のプロになれる!

かつて、2、600億円を運用して「カリスマ・ファンドマネージャー」と呼ばれた著者は、延べ3、000社を超える企業を訪問し、調査をしたうえで投資をしてきた。その過程で、投資して儲かる会社と儲からない会社の「違い」や「兆し」が、一定の法則性を帯びていることに気づく。その法則を集大成したのが本書である。「人の話を聞かない社長には投資しない」「社長室の豪華さとその会社の成長性は反比例する」「スリッパに履きかえる会社に投資しても儲からない」「極端に美人の受付嬢がいる会社には問題がある」「相談役のいる会社は成長性が少ない」など、ユニークな法則は63にのぼる。証券業界で言い伝えられてきた法則もあり、プロの投資家が膝を叩いて納得する法則もある。本書は投資判断に役立つだけでなく、一般のビジネスマンにとっても、会社の成長性を見極めるモノサシとして活用できるはずである。

内容(「BOOK」データベースより)

スリッパに履きかえる会社、極端に美人の受付嬢がいる会社、相談役のいる会社、社員に体操を強制する会社、すべて要注意!「伝説のファンドマネージャー」と呼ばれた著者が株価の上がる会社・上がらない会社の法則を大公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569637515
  • ISBN-13: 978-4569637518
  • 発売日: 2004/9/18
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 203,987位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 るんたん 投稿日 2005/12/14
形式: 単行本 Amazonで購入
正直タイトル負けしているような気がする。森永卓郎がやっている朝のラジオに著者自身も出演して、本のことも宣伝していたので興味を持って読んでみて

タイトルに騙されたかな?という印象が否めなかった。投資家として何千社という会社を訪問しその会社を見、経営者と話をして実際にその会社が投資に値するかどうかを見極めるのを生業とする著者にはこれだけの本を書く統計的な根拠もあるにはあるに違いないのだろうが、その根拠には浅さを感じる。

会社の中でスリッパにはきかえる会社は、内意識が強く外に対してオープンでないために発展しないとか、それをタイトルのように法則とまで言ってしまっていいものかにも疑問がある。美人の受付嬢を置きたがる社長、過去の自慢話ばかりをするような社長も見栄っ張りで会社の発展とはほど遠いというなど

そんなことは素人でも判断のつくことだろう。話題性としてはあっても中味はそれほどでもない。軽い読み物としての価値はあるけれど…それでも空前の株式投資ブームには一役かっているのだろうか。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1998-2000年のネットバブルの頃は、同法則に則って、光通信・重田社長がいかに素晴らしいか!これからも成長していくか、を熱弁されていました。週刊誌にも何度も出ていましたね。
往時、ソフトバンク、ヤフー、光通信株は根拠なく上昇し続け、それをバックアップしていたのが著者であり、当時所属していた外資系Gアセットマネージメントです。
従って、著者が伝説のファンドマネージャと言われたのは、その普遍的な眼力というよりは、たまたまネットバブルに乗ったからであり、スリッパの法則も全部NGではないにしろ、光通信株暴落直前まで同法則に当てはめて、同社は素晴らしいといい続けた事からも、本書の価値は間引いて考える必要があるだろう。
著者が、光通信の違法販売事件が表面化する直前に、何故か急遽G社を辞め、自分の会社を設立したのは、業界でも大きな波紋をよびました。
当時、著者を信用していた機関投資家、投資信託を購入していた個人投資家の殆どが、その後の暴落で大損した事は言うまでもありません。
コメント 183人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
懐かしい名前だなぁと思ってみたら、内容は、むかし読んだ本とほとんど変わりありませんでした。
ネットバブルの頃は、ネット系企業への投資で名を馳せた著者ですが、そのへんのネット系企業への評価を脱臭して昔の本を書き直したものだと思えばそれで必要十分です。
「むかし読んだ本」が何かというのは、アマゾンの「藤野 英人」という著者欄をクリックすれば、2冊くらい出てきます。いずれもネットバブル期に出版された、本書と抽象的な部分はほとんど記述の内容が変わらず、具体例が光通信の重田社長から別の人に代わっているというだけの代物です。
本書は、そういう人が書いた本です。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こんなに現世界は画一的でしょうかね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ファンドマネージャーである著者が、自身の経験からその個人的主観的な見解をまとめた内容。一つ一つのフレーズが短く、読みやすい。また、よい例として具体的な企業名なども示されており、なかなか面白い、興味深い見解も見られる。
しかしながら、内容が著者の個人的見解の披露であり、著者自身が述べているように、「半分本気半分冗談」といったところにとどまっている。気楽に読めるという点ではなかなか面白いが、今後より本格的な著作を期待したい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、伸びない会社(あるいは逆に成長する会社)を観察して、どのような共通の現象を見ることができるか纏めた本です。確かに、こんな会社はダメだよねと共感を覚える法則も多く、興味深く読むことができます。
しかし、「スリッパに履き替えること」自体がもちろん悪いわけはなく、その背後にある企業をダメにする要因が筆者の経験から話されており、そこが魅力だと思います。
いろんな法則が紹介されており、面白い本ではありますが、体系的な整理をしているわけではないので飽くまで経験則という点は認識しておく必要がありそうです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/23
形式: 単行本
本書の読みやすさにだまされてはいけない。著者の経歴に注意する必要あり。国内投資顧問皮切りに外資系2社を経て自分の会社をたちあげるまでにどんなことをしてきたかをよく理解してから読むべき本である。最後の勤務先では鳴り物入りで300億円を超えるお金を集めたファンドは、著者の勤務中一度足りとも基準価格をうわまらることがなかった。しかしそのファンドはとてつもなく高いフィーをとり続けていた。プロの運用者として最も恥ずべき行為に対する謝罪も解決策を講じることもなく、突然著者は会社を辞めてファンドをほおり投げた。その前の会社にいるときは運用成績こそよかったものの、突然の退社でファンドに売りが殺到して投資家に迷惑をかけている。この著書は外資系投資顧問会社にいたころの著書をベースにしたものであり、内容に新しさがない。こういう本を平然として出版する行為からみても、前の著書を読んでいた人に対して恥ずかしいとすら思っていないようだ。おそらくファンドをほおりなげて投資家に大損をさせた経歴にも反省などまるでない人物とお見受けする。
コメント 136人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー